« 気をつけよう自分の「個人情報」を保全するのは自らの責任です! | トップページ | 政治は談合 利権寄越せは世の常で 政治利益をシェアできりゃ与党も野党(夜盗)もないワケで! »

2018/04/08

防衛省と文民統制が喧しい 士気低下を招くバカバカしい閣僚人事の弊害ではないのか?

防衛省の「イラク派遣文書」に懸かる不在事案:


アミタイツ・オバハンこと「稲田朋美」の資質の問題も相当程度に大きいと考えるが!?


胤ナシは閨で舐めて貰ったか、肉包で肉棒を包んで貰ったか、それはナゾだが、ご寵愛の下で力量もないバカオンナが、場違いな防衛大臣だと「これぞお友達内閣」の真骨頂と大いに失望を招き笑わせてくれた。


防衛省・自衛隊 が乱れ始めたのは、稲田朋美が防衛大臣に就任し、敗戦の日の「靖国参拝」を問われる事を前に、その対応を雑事と考え逃れるように、リゾートスタイルでジプチ派遣部隊への視察に出かけた時(事)が転換点じゃないのか?


重要閣僚に起用されるまでは、言いたい放題のタカ派言動で、真正保守の護り手だとエッラそうなクチを叩き続けていたが、防衛大臣に就任し目前に「靖国参拝」が突きつけられ、それを稚拙な言動で無理矢理交わしたワケだが、従前のアミタイツ・オバハンの言動を観てきた、真正保守の側も、防衛関係者も、防衛省も、自衛隊も、果ては中国も「肚の無さ」を見逃す事はなかった。


リベ珍のパヨクメディアから突きつけられたインタビューに、逃げるように言葉を濁し「変節」を決定的に印象づけた。


その後は、リベ珍パヨクの口撃やら、真正保守層の「あぁ、ガッカリ」による、姿勢糾弾に対し弁護士として「口で言い負かせればヨイ」との判断からか、その場その場で主張を言い替え、オンナの泪で同情を買う姿勢へ転じた。
市井のオバハンではないのだ、閣僚なのだ、それも防衛大臣なのだ、バカだろう!
士気は一気に低下したと観ている。


これがネチネチウヨクが心情だけで強く熱く支持する「アベシンド」の限界を表徴するそのものなのだ。
自民党にも適切な人材はいない(数合わせ要員のバカばかりだから)。


そうそう、究極のお友達、板橋の「下村博文」などは、先般の舞鶴での日本相撲協会に懸かる事を奇貨として捉え、見事な相撲協会叩きのポジショントークを行い「朝日」に採り上げられている。
恥ずかしくないのか? 恥を知れ恥を!


引用開始→ 稲田氏指示あいまい…防衛省、日報本格調査せず
(讀賣新聞2018年04月08日 09時30分)


   http://www.yomiuri.co.jp/politics/20180408-OYT1T50023.html?from=ytop_main4

イラク派遣時の自衛隊の日報を巡る問題で、昨年2月に当時の稲田朋美防衛相が指示したとされる日報の探索作業について、防衛省は7日、稲田氏から口頭で指示をされた統合幕僚監部の幹部が、各自衛隊に対し、日報を探すよう明確には伝えていなかったことを明らかにした。


稲田氏の指示自体もあいまいな内容で、このため全省的な調査は当時行われなかった。


同省や関係者によると、昨年2月16日、民進党議員(当時)からの資料要求を受け、統幕の担当者が、陸上幕僚監部、航空幕僚監部などの運用担当部署に日報があるかどうか問い合わせ、各部署は同日中に「ない」と回答。稲田氏はこの回答などを基に、同20日、衆院予算委員会で「見つけられなかった」と答弁した。


同22日、稲田氏が大臣室で、統幕内で「背広組」トップの辰己昌良総括官(現・大臣官房審議官)に対し、口頭で「日報は本当にないのか」と質問。明確に調査を求めたものではなかったが、辰己氏はこれを「指示」と受け取り、部下の担当者が統幕、陸幕、空幕の各運用担当部署に「探索いただき無いことを確認いただいた組織・部署名を本メールに返信する形でご教示いただけますでしょうか」とメールで依頼した。ただ、メールには具体的に再調査を指示する表現はなく、各部署は、16日の問い合わせで不存在を確認した担当課名などを回答しただけだった。←引用終わり

|

« 気をつけよう自分の「個人情報」を保全するのは自らの責任です! | トップページ | 政治は談合 利権寄越せは世の常で 政治利益をシェアできりゃ与党も野党(夜盗)もないワケで! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 気をつけよう自分の「個人情報」を保全するのは自らの責任です! | トップページ | 政治は談合 利権寄越せは世の常で 政治利益をシェアできりゃ与党も野党(夜盗)もないワケで! »