« SNSで 世界の交流交換の場を創出形成した Facebook サンドバック状態から力強く立ち直れ! | トップページ | ヤメロ ヤメロの毎日サーカス ヘェ~ワなニポン ノォ~テンキなニポン ホントに大丈夫なのか!? »

2018/04/19

「日本国憲法」改正で生じるであろうヒステリックな主張に際する意味を静かに眺めるために

「憲法改正」で予定(予想)される議論を前に噴き出すであろう「WWⅡ」に伴う原因や過程を評価・検証するため、
まず敗戦後に日本政府が着手し遺した調査会の資料を当たり議論に備えたいと。
戦前・戦中・戦後を生き抜いた言論人が遺す言論(資料)を、まず簡潔に読み貯めておこうと考え手当しました。


Nfb

 A「歴史と戦争」半藤一利 (幻冬舎新書)
 B「戦争調査会」幻の政府文書を読み解く 井上寿一 (講談社現代新書)


この他に、
 ①「石橋湛山」が説いた「小日本主義」について。
 ②「吉田茂」が構築形成した「吉田ドクトリン」について。
傍証として、
 ③「東久邇宮稔彦」内閣が遺した資料。
 ④「幣原喜重郎」内閣が遺した資料。
 ⑤「石原莞爾」が遺した言論資料。


これらを当たる前の時系列的予習整理として、「草庵」で静かに、取り組み準備しておきたいと考えております。

|

« SNSで 世界の交流交換の場を創出形成した Facebook サンドバック状態から力強く立ち直れ! | トップページ | ヤメロ ヤメロの毎日サーカス ヘェ~ワなニポン ノォ~テンキなニポン ホントに大丈夫なのか!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« SNSで 世界の交流交換の場を創出形成した Facebook サンドバック状態から力強く立ち直れ! | トップページ | ヤメロ ヤメロの毎日サーカス ヘェ~ワなニポン ノォ~テンキなニポン ホントに大丈夫なのか!? »