« 「日大 アメフト部」が引き起こした問題ですが: | トップページ | トホホな「北朝鮮」は アハハ~と「世界」から笑われて! トランプに相手にされずコケにされ! »

2018/05/25

2018/05/25 (金) トップニュース「米朝首脳会談」は事前の予想どおり中止:

6月12日 シンガポールで開催予定の「米朝首脳会談」は中止するとUSトランプ大統領が(書簡を送り)発表!

Img_0378

首脳会談を行いたい旨を、舞い上がりハシャイでいた南韓(寅の文在)を通じ打診してきたのは、汚伝環オツムの汚朝鮮だ。
それを聞き、米国は「かつて目にした事もない悲惨な状態」を避ける観点から、この打診を受け容れ歓迎した。
あくまでも「首脳会談」を開催するかどうかの主導権はUSの側が持つのだが、あらゆる汚染が進んだ「汚朝鮮」には、理解できずテメ~らが主導権を持っていると、いつもどおり決め込み信じていた。
相撲で云えば、横綱が幕下に「それじゃ、一丁、胸を貸してやろう」という余興なのだが、汚伝環オツムや寅の文在には理解の外だったワケだ。


いつもどおり、アレコレ、ゴネてイチャモンを付け、交渉上の有利な条件を抽出い、主導権を握ろうと醜い工作を繰り広げたのだった。これは外相の金桂冠が、過去の交渉での成功体験から考え出した事で驚くに値しない。
しかし、花札爺さんは、これまでの甘い「バラック小屋の住民」や「不適切な関係好き」とは異なり、かなり癇癪持ちで短気な「強固な意志の持ち主」であった。
USが主導権を持つ事にアレコレ醜い非論理的な注文を付けるなら、首脳会談を開催する「条件」が揃わないので「中止」する。「ヅラを洗って出直してこい!」という事だ!

|

« 「日大 アメフト部」が引き起こした問題ですが: | トップページ | トホホな「北朝鮮」は アハハ~と「世界」から笑われて! トランプに相手にされずコケにされ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「日大 アメフト部」が引き起こした問題ですが: | トップページ | トホホな「北朝鮮」は アハハ~と「世界」から笑われて! トランプに相手にされずコケにされ! »