« 「ナンとかと煙は、高い処へ上る!」とか言われますが!? | トップページ | 日本で吹聴された「新幹線」の安全神話は社会の変化に伴い根底から崩されている! »

2018/06/15

親でナシ 人でナシ 戦慄の貌は「顔相骨格」もドロップアウト共通の特徴がある!

幼児虐待死犯「小林幸輝」の貌(写真)を観て、この「顔相骨格」から面構えに、ある分野が近親相姦で純粋培養的に受け継いだのではないかとの遺伝傾向というか特有の「相」を禁じ得ない。

Photo

また、この分野の特徴は「幼児学童期」に受けた「イジメ」経験も保持し、それを機に「ドロップアウト」したりもするが、成長し自らの「体験」の仕返しを、更に弱体で抵抗できない者に対し、攻撃的な態度を示し、対象が「脅え」る事で自己満足し、エスカレートさせる内向性を持っているのではないかと。

決して「科学的に解明・論証」されているワケではないが、その社会には相共通する「顔相骨格」が抽出す固有というか特別な何かを直感的に戦慄さえ感じるワケで。
「表情はヒトを顕し、顔はヒトの歩みを現し、貌は根底を示すとも」いえ、目はその人物の価値観や責任感を表し隠せない。
<これ以上は「控え」ます>

|

« 「ナンとかと煙は、高い処へ上る!」とか言われますが!? | トップページ | 日本で吹聴された「新幹線」の安全神話は社会の変化に伴い根底から崩されている! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「ナンとかと煙は、高い処へ上る!」とか言われますが!? | トップページ | 日本で吹聴された「新幹線」の安全神話は社会の変化に伴い根底から崩されている! »