« 「新潟知事選挙」与党は、勝つには勝ったが!? | トップページ | 世界の耳目を集め「爺と豚」が演じた「世紀の茶番劇」は、何も残せずに大騒ぎだけして幕を閉じた! »

2018/06/12

「米朝首脳会談」シンガポール場所の雑感:

「幕下付け出し」程度のゴミが東の正「横綱」との対戦を許されたワケだが、土俵下へ叩き付けられ「再起不能」を選ぶか、落語の「花筏」のように、泪ボロボロで、「花筏」の張り手に自ら土俵中央で尻餅をつくか。
世界は世紀の茶番を、興行元のシンガポールにカネを巻き上げられ、注目している処といえる。

米朝首脳会談で「北朝鮮」に懸かる費用の多くは、
まぁ、常識的に「シンガポール政府」が払うのだろう。
多くのヒトは「シンガポール」が民主主義国家だと、大きな誤解をしているが、
「シンガポール」はASEANでも類い稀な「独裁国家」なのだ。
独立の父と尊敬される「LEE KUAN YEW = 李光耀」は、中国人(客家)で、中国の改革開放を行った鄧小平と同じ出自だ。

独立以来「開発独裁」を貫き、現在の首相「LEE HSIEN LOONG = 李顕龍」は長男だ。
一族親子で「人民行動党」を支配し、椅子を回し合う事で「政治権力」を「独裁的」に「巧妙な方法で世襲して」いるワケで、金正恩には尊敬すべき大将であり、今後とも多くのヒントを得るべき先生とも言う存在だ。

「シンガポール」というか、「リー・シェン・ロン首相」というか、「LEE FAMILY」にとり、「北朝鮮」を取り込むべく「一大ビジネスチャンス」が、訪れたのであり、鴨に、葱を咥えさせて、鍋と火まで準備してやれば、一気に落ちると踏んでいるワケで、一党独裁の都市国家で、面と向かって反対する馬鹿はいないのだ。
初期投資は必要で、そんなモノは巧みに回収すればよいと考えている。
第一、一人当たりGDPは、日本を遙かに凌駕し、間もなく5万ドルに達しようとしているのだから、痛くも痒くも無いのだ。

日本人も、井の中の蛙から、目を覚まして欲しいと、細やかに願うばかりです!

引用開始→ 北、正恩氏の観光を異例の速報…国内アピールか
(讀賣新聞2018年06月12日 11時03分)

 【ソウル=中川孝之】北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞(電子版)は12日、金正恩キムジョンウン朝鮮労働党委員長が11日夜にシンガポール中心部を観光したと報道した。

 北朝鮮メディアが最高指導者の動静を日付を特定して速報するのは異例。同紙は1面で、正恩氏がシンガポールの外相と教育相の案内を受け、カジノで有名な高級ホテル「マリーナベイ・サンズ」や、同ホテルの屋上にある公園「スカイパーク」などを訪れたと14枚の写真を交え紹介した。

 正恩氏は夜景を見ながら「シンガポールは聞いていた通り美しく、建物ごとに特色がある」と感心し、「今後は貴国の立派な知識と経験を多く学ぼうと思う」と述べたという。

 同紙は11日の紙面でも、正恩氏が平壌を出発した様子を迅速に伝えた。今回の米朝首脳会談を正恩氏の「偉業」として国内向けにアピールする狙いがあるとみられる。←引用終わり
2018年06月12日 11時03分 Copyright c The Yomiuri Shimbun
「幕下付け出し」が「大横綱」を相手に、真剣勝負で「水入り」を狙う展開へ持ち込めるか?「土俵下」へ投げ叩き出されるか!
まぁ、これだけ騒がせ世間の耳目を集めたのだから、世界の格闘技チャンピオン対決「モハメド・アリ対アントニオ猪木」のような下馬評だけで中身の無い「茶番」に終わらない事を、細やかに期待したいところだが。
一方に、決裂して「ブッ潰し、完全消去」を願う悪意も奥底に抱えるのが現実の世界で政治でもある!
爺は豚に、どの「花札」を切るか!? 今後もどの「花札」を切るか!?
「モミジ」か「シカ」か!? 対する豚は「スペード」を切り返すか?
爺は最後に「スペードのエース」を、いつ、どう切るか!?
ガタガタ言わず、JST 17:00 からの「記者会見」を待ってみようか!?

|

« 「新潟知事選挙」与党は、勝つには勝ったが!? | トップページ | 世界の耳目を集め「爺と豚」が演じた「世紀の茶番劇」は、何も残せずに大騒ぎだけして幕を閉じた! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「新潟知事選挙」与党は、勝つには勝ったが!? | トップページ | 世界の耳目を集め「爺と豚」が演じた「世紀の茶番劇」は、何も残せずに大騒ぎだけして幕を閉じた! »