« 懲りない「日本大学 理事長の田中英寿」は 学内で報復人事をシブトク発令とか!? | トップページ | 嗚呼! 「武蔵小杉」のタワマンは行政の無能と無責任な乞食根性によりタマラン事に成り下がり »

2018/07/27

安倍晋三には政策の中身がない 実は麻生太郎による「パペット」に過ぎぬのだ!

基本は「麻生太郎内閣」だ。
現在の「安倍晋三内閣」は、麻生太郎のパペットに過ぎない。




安倍晋三が粘れるのも、麻生太郎が後ろからガッチリ支えているからで、墜ちたると言われても「財務省」は盤石だ。
歳入と歳出を抑え、中央銀行としての日本銀行を間接的に差配し、口数官庁に過ぎぬ経済産業省などとは比べものにならない。
そこをガッチリと押さえ、内閣の屋台骨を支え睨みを利かせているのは麻生太郎だ。


安倍内閣の「もたつき」は、政府の失政ではなく、安倍晋三の無能からくる混乱で、周辺に屯するオバカ友達に、ヨメの呆れ絵が撒き散らす無自覚公害だったろう。
成蹊のアホには、総理総裁は務まらぬのだが、そこはストレートなモノ言いの麻生より、早口の舌足らずで語尾不鮮明の安倍晋三の方がウケが良いと、多くの自民党員が考えるためである。


安倍に政策はない。
元より考える能力が無いのだから、常にフワフワして落ち着きが無い。詰まり夫婦揃って根源を考える事の無い阿呆なのだ。
だから、外交などは官僚の準備どおりの「シナリオ」に沿って、都合よくパペットとして演じているだけだから、実に使い勝手が良いので、それだけの事だ。
後ろはガッチリ麻生太郎が睨みを利かし握っている。


麻生太郎は、一貫して「外交」を麻生ベースで放さなかった。
岸田文雄、河野太郎、いずれも麻生とは遠くない関係だ。
麻生太郎は、総裁選後の内閣改造で、管義偉の放逐と甘利明の復権を実行するだろう。着々と布石は打っている。


次に目指すのは政策集団「大宏池会」の再結成だ。
その実現こそ爺さんの吉田茂への報恩になり、日本の政治で「政策論争」が可能なグループが誕生する。
今の自民党は、基本的に「田舎者を寄せ集めた『自分党』に過ぎぬのだ」から、麻生太郎が目指す方向を熱く支持する。
この産経による提灯記事も、その点でリンクしておきたい。

|

« 懲りない「日本大学 理事長の田中英寿」は 学内で報復人事をシブトク発令とか!? | トップページ | 嗚呼! 「武蔵小杉」のタワマンは行政の無能と無責任な乞食根性によりタマラン事に成り下がり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 懲りない「日本大学 理事長の田中英寿」は 学内で報復人事をシブトク発令とか!? | トップページ | 嗚呼! 「武蔵小杉」のタワマンは行政の無能と無責任な乞食根性によりタマラン事に成り下がり »