« 「Amazon」礼賛者は、植民地に協力推進を図る隷属売国奴だ! | トップページ | SNSへの投稿を十分に捉え考えず「瞬間放火」で噛み付き与太る人は惨めだねぇ! »

2018/08/22

第100回 全国高等学校野球選手権大会は数々の感動と共に終わった

夏の高校野球が終わり、それぞれの感動と想い出が残される。
蹴散らされたが「金足農業」は、トーナメントを勝ち抜き、少ない選手達が強い絆で互いを「信頼」し決勝戦まで駒を進めた。

「主戦投手は投球限界を超えているのに、なぜ交代させない」との声が多かったが、交代させると監督が判断するのは「チームの『信頼』や『団結』を崩す事になる」ため、全員に「優勝」への諦めを宣告するに等しい苦しい判断を強いられる。
だから監督は、主戦投手の「もう投げられない、交代したい」との申告を待った。

SNSでも、
「交代させるべきだ」「将来を潰すきか」との雑言が飛び交っていた。
それは、戦っている監督の胸中や選手達の心情を慮る事もなく容赦がなかった。
リーグ戦なら、交代も休養も可能だが、この1戦に賭け勝ち上がる事が前提で、それを要求されるのがトーナメント戦だ。
前提を無視した「感情論」はあり得ず成立しない。
高校野球の主体は、あくまでも「選手」であり、彼らの「意志」が最重要である事を忘れないで貰いたい。


「タイブレーク」も導入された。「投球制限」や、練習時間の制限についても、若年者の身体的な健全発育に害があるとの指摘は傾聴に値する。
今後は「科学的検証」が行われ、その必要があると考えるなら合理的な措置を講じるべきと考える。

また、地域代表を建前でも謳うのであれば、同時に全国の中学生に「野球留学」を推奨し、地縁すらない地域の学校が、学校経営のため「知名度」向上や確保を目標に、野球に長じた中学生を奨学金で釣り上げ、青田刈りし確保し「寮」に押し込めても興じる歪んだ行為(当該地域の出身者は殆ど居ない)には制限をかけ禁止すべきであろう。

身体の健全な生育発展を阻害するというなら、心身の健全な生育発展を著しく阻害するとの観点に立つ議論も待たれる。

その観点で「金足農業」は、大きなハンディを抱えながら、チーム全員が力を出し合い、本当に能く戦った。
そして最後の栄冠には届かず悔しい思いに包まれただろうが、素晴らしい歴史を経験を遺したと思い考える。
それは優勝した「大阪桐蔭」以上に、讃えられ記憶に残り語り継がれる事だろう。

思えば「嘉義農林」が台湾での地方戦を勝ち抜き、初めて甲子園に駒を進め、興味本位のメディアに注目されながら確実に勝ち抜き、決勝戦で惜しくも敗れ散った姿を思った。

今日の日本経済新聞の一面「春秋」に、
引用開始→ 徳島・池田高校の故・蔦文也監督の生前の弁がある。「負けるのは不名誉ではない。不名誉なのは負けて駄目な人間になることだ」。人生は敗者復活戦だ。 ←引用終わり が、掲出されていた。

|

« 「Amazon」礼賛者は、植民地に協力推進を図る隷属売国奴だ! | トップページ | SNSへの投稿を十分に捉え考えず「瞬間放火」で噛み付き与太る人は惨めだねぇ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「Amazon」礼賛者は、植民地に協力推進を図る隷属売国奴だ! | トップページ | SNSへの投稿を十分に捉え考えず「瞬間放火」で噛み付き与太る人は惨めだねぇ! »