« 自民党総裁選挙を斜め眺めする: | トップページ | 「警察の裏はドブ!?」 ドロボォ~ 重要証拠無断廃棄 業務上略取横領 不純異性交遊 関係者恐喝 速度超過 »

2018/09/04

アパレルビジネスに関わる人以外には分からない「ストライプインターナショナル」の石川康晴への感想で恐縮ですが!

人には謙虚さが必要だ!
人には支えてくれる周囲への感謝が必要だ!
人は協力を受け往かされているのだ。それを忘れてはいけない。

アパレルビジネスに関わる人以外には分からない「ストライプインターナショナル」の石川康晴への感想で恐縮ですが!

石川や 濱の眞砂は 尽きるとも
世に盗人の 種は尽きまじ
(康晴や 濱の眞砂は 尽きるとも 世に語り屋の 種は吐きまじ)

日経夕刊(夕刊文化) 8月末の月~金「こころの玉手箱」は、ストライプインターナショナル(もとクロスカンパニーこと収奪十字軍)社長の石川康晴氏だった。
この手の「自己紹介囲み記述」の定石から外れ、最初から最後まで徹頭徹尾「自己自慢」に「自画自賛」さらに「歪み主張」と「自己称賛」の連続で「恥の本イチ」を競っていた。
自分が如何に大者かに触れるため、最終稿ではハゲバンクの孫正義、ファストリテーリングの柳井正らとの交流に触れ、大いに起業家精神を育まれたとさりげなく社会での「承認欲求」を加える事も忘れずの展開で。
まぁ、聞きしに勝る「自己装飾」「自画自賛」「自己称賛」を散りばめ、岡山の専門学校しか出ていなかった自分は、社長業の傍ら「岡山大学」で社会人学生を送り、次に「京都大学 大学院」でMBAを得たとの学歴ロンダリングも忘れずに触れて「自己称揚」した事を自慢する。

Photo
事業が、行き詰まりかけると、都合に合わせ業態を微妙に変え、社名を変える。
仲間内は平気で裏切り、平気で切り捨てる。
それは「ハゲバンク」の孫正義が展開した手法そのものだろう。


怨念を背負って生きて行かねばならない宿命だろ!


聞きしに勝る「語り」というか「詐欺屋」全開だ!


この間、聞こえ続けた事だが、一貫して支えてくれた工場関係者(取引先・協力工場)に如何に迷惑をかけ、損失を与え潰し、利益を自社へ付け替え「収奪」を図り続けたか、それらに対する自責や謝罪には一切触れる事なく、ビジネスの世界では、誰かを収奪しなければ「伸し上がれない」のだから、仕方がないとでも考えているのだろう姿勢を鮮明にしたか。
「収奪される側が努力しないのだから止むを得ない」と考えているのだろう。
故に「人間性」を疑われ、怨嗟の対象に挙げられる、その姿勢が揶揄され糾弾されるのだ。


★お断り
この投稿は、連載囲み記事への感想と批評であり、石川康晴氏をワザワザ貶めようとの意図や主旨ではございませんので、誤解なくご理解頂きたくお願い申しあげます。

|

« 自民党総裁選挙を斜め眺めする: | トップページ | 「警察の裏はドブ!?」 ドロボォ~ 重要証拠無断廃棄 業務上略取横領 不純異性交遊 関係者恐喝 速度超過 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自民党総裁選挙を斜め眺めする: | トップページ | 「警察の裏はドブ!?」 ドロボォ~ 重要証拠無断廃棄 業務上略取横領 不純異性交遊 関係者恐喝 速度超過 »