« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月

2018/10/31

「過去」にこだわる者は「未来」を喪う! 稚拙幼稚の「南韓」は行政統治が機能しない罠辱の所以ニダ!

普通に暮らす者でも「嫌韓」は爆発するだろう!

予想されたコトとはいえ、予想を裏切らない処が韓国の韓国たる所以だ!
さすがに「朝鮮人」だニダ! 南韓は腐りきったキムチだ。キムチ悪い!





引用開始→ 徴用工訴訟、新日鉄住金に賠償命令確定 韓国最高裁
(日本経済新聞2018/10/30 23:51)

【ソウル=山田健一】第2次大戦中に強制労働をさせられたとして韓国人4人が新日鉄住金(旧新日本製鉄)に損害賠償を求めた訴訟の差し戻し上告審で、韓国大法院(最高裁)は30日、同社の上告を退ける判決を言い渡した。4人に請求全額の計4億ウォン(約4千万円)の支払いを命じたソウル高裁判決が確定した。日本政府は元徴用工の請求権問題は1965年の日韓請求権協定で解決済みとの立場で、同社も同様の主張をしたが認められなかった。

日本政府は戦後の日韓関係の法的基盤を揺るがしかねない判断だとして強く反発している。韓国政府は日韓関係に関し「未来志向的に発展させていくことを希望する」との立場を発表したが、今後の対応次第では両国の外交関係や経済交流にも悪影響を及ぼしそうだ。

最高裁は30日の公判で個人の請求権は協定では消滅していないと判断した。ただ判事13人のうち2人は協定によって「個人の請求権は行使できなくなっている」と判決とは異なる見解を示した。

韓国での元徴用工による戦後補償訴訟で、日本企業に賠償を命じた判決が確定するのは初めて。韓国の元徴用工支援団体によれば、ほかに14の同様の訴訟で日本企業計約70社が被告となっている。30日の最高裁の判断によって、これらの訴訟でも日本企業の敗訴が相次ぐ可能性が高まりそうだ。さらに元徴用工による類似の訴訟が新たに起きる可能性もある。

日韓が国交正常化に伴って締結した請求権協定は、両国と国民の間の請求権の問題を「完全かつ最終的に解決された」と明記している。日本政府と韓国の歴代政権は個人の請求権についても同協定にもとづき解決済みとの立場を取ってきた。

原告の元徴用工は新日鉄住金の源流である日本製鉄で働いた男性4人で、うち3人は死去している。05年に韓国で提訴し一審と二審は敗訴。12年に最高裁が「植民地支配に直結した不法行為に対する損害賠償請求権を協定の適用対象と見るのは困難」との初判断を示し、二審判決を破棄して高裁に差し戻した。これを受け13年にソウル高裁が請求通り計4億ウォンの賠償を命じ、新日鉄住金が不服として上告していた。←引用終わり




所詮は、南も北も同じようなモノで!
国際的に、国家間が条約で約束した事なんぞ、素知らぬコトと言い抜ける!
さすがに汚伝文字(〇△◇)と「朝鮮人」の思考そのものを見せるネ。


政府が根本的に機能しない国ってナンだろう!?
こんな子供じみた理屈を捏ね回す国ってナンだろう!?


嫉妬が、憎しみに転じ、怨念になり、恨みが蔓延り増殖する変体だろう!
変わったヤツラだ! ゴミ以下だろぉヨ! 国際社会で大恥を?かせてやれ!


以降、南韓も北朝鮮も、相手にする必要はナイ! 絞め上げてやれ!
経済界も、南韓の在日も、相手にするんじゃナイぞ! 分かったか!?

| | コメント (0)

2018/10/30

亡国の「ハロ~ウィン」渋谷暴動は煽るメディアと集客させる阿呆の小商人ドモが原因だ!

社会が複雑化し高度化するに従い、部品としての機能を求められ位置づけられる層を中心に、社会的に鬱屈させられた不満が蓄積されていると、2ch以降に提供された様々な「SNS」を眺め見ているのだが。

  事件の概要を報じた産経
https://www.sankei.com/affairs/news/181028/afr1810280007-n1.html?fbclid=IwAR0LW1mvOf2zN-mAUTaDkqkAxjYRXEkbSDKtyo4JI5MXDgKUHCzF4jNi4S0


社会的、政治的不満が、残滓ように心の中で澱として蓄積されていると思う。
それを「爆発」させる機会があればと考え狙っているのだろう。
本来は「政治的不満」なのだから、正しく「要求」すべきなのだろうが・・・
それを有効に組織化する能力を持つ者もいない。
その不満を日頃から小爆発させるのは「SNS」であったかと・・・
しかし、それでは蓄積され続けた茫した不満を解消する事はできない。


そこに「ハローウィン」があった!
暴れているのは、匿名性に隠れた弱体な「お調子者」だ!
(この低度のヤツラを集め、カネやゼニを儲けて嬉しいか?)


不平不満は、社会的に組織化し「体制」とぶつからない限り解消されない。
しかし、前衛たる組織は既に「体制」に囲い込まれた一部である。
不平不満を持つ側は、それぞれが「砂」であり、匿名性に隠れた「根無し草」だ。
前衛は既にないに等しい!


前衛に代わる、手頃な「イデオローグ」を探し求め「SNS」で見出し、気軽に同調し時に受け入れ、リスクを伴わない範囲で賛同し称揚する。
軽チャ~ウヨウヨは無批判に「アベシンパ」を形成し、リベ珍ガァ~ガァ~は「心情サヨク」に参集し「支持政党ナシ」に集約され身を包む。
でも、どこかで自分の不満を、それを実際に示し表したい。
(できれば、社会的責任を問われない付和雷同の範囲で)
従って、心情ミギは「改憲/反韓/反朝/反中」には領道されれば心情的に賛意を示すが、例えば街頭行動で「サヨクやリベ珍」とは対峙しない。
一方の、心情リベ珍も「改憲反対/反基地/反原発」には心情賛成だが、現地行動はしない。従って「反天皇」街頭行動には出る事はない。


思考が未熟で短絡的なヒトは、例えばこのように考えるのだろう!?


政治権力を持つ側が「牙」を向き、襲いかかってくれば、直ちに尾を翻し、何もなかったように付き従うのが、この層だ!


  アホメディアに煽られるのは、真に馬鹿馬鹿しい事だと思い考えよ!
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/54522


日本の社会文化の根底にすらナイ「ハローウィン」の騒ぎに同化し便乗し乗っ取ろうとし、そこで日頃の社会的不満を小心者が爆発させただけで、実に弱体で不健全なヤツラだ!

| | コメント (0)

2018/10/29

「ダイバシティー」が重要だと主張する「欧米社会」こそ、他地域や他民族や他社会の宗教律や社会律を尊重せよ!

アサドのシリア統治は頑強で、倒そうとした者が倒された!



引用開始→ ブログ:ダマスカスに戻った「日常」、シリア内戦の爪あと
(ロイター2018年10月26日 / 15:57)


 https://jp.reuters.com/article/mideast-crisis-syria-life-idJPKCN1N00R6?fbclid=IwAR00Ah7GnsyDRp83ug6hj_9FiLXeijbnmDWMhx62KMMRgGbFIv5iChecAbA


[ダマスカス 22日 ロイター] - 5月に戦闘が終結したシリアの首都ダマスカスでは、一部の市民が日常を取り戻しつつある。だが、近郊の町はがれきの山に埋もれて廃墟と化し、再建の手がかりすら見えていない。

シリア内戦を通じて政府の支配下にあったダマスカス中心部は、反体制派の拠点となっていた地域に比べ、ずっと被害の程度が軽かった。政府軍と反体制派の火力に、大きな差があった証左ともいえる。

ダマスカス近郊の東グータ地区は、今年春の政府軍による攻勢でほとんどが灰燼に帰してしまった。
この地区では降伏後、数万人の住人や兵士が政府の支配下に戻るより、安全を保証された経路を通ってシリア北部の反体制派地域に脱出することを選んだ。だが、そこにとどまった住人らもいた。
銃弾や砲撃に見舞われる危険は去った。しかし、くつろいだナイトライフやにぎわうビジネス地区があるダマスカス中心部の状況に比べると、東グーダの苦境は別世界だ。

アサド大統領が内戦を制することができたのは、2015年に大統領側に加勢する形で介入したロシアの力によるところが大きい。今では、政府の支配地域でロシア兵の姿を日常的に見かけるようになっている。

内戦の最中ですら、夕方になるとダマスカスの市民は食事や酒、ダンスを楽しみに外出していた。旧市街では今年の夏、バーやレストランが一層にぎわった。
「内戦中、爆弾が落ちてきていたときは、客が何日も来ないことがあった。でも今では休みがないぐらいだ」と、バーテンダーのダナさん(24)は、シェイカーでカクテルのブルームーンを作りながら言った。
理髪店はどこも大忙しで、旧市街のカフェは週末の夕方になると石畳の通りに椅子がはみ出すほどの客入りだった。

<がれきと廃墟>
わずか10キロ程度しか離れていない東グータの中心街ドゥマは、がれきであふれている。
銃痕だらけの建物では、若い男性が5階のバルコニーからがれきをスコップでかき出す作業をしていた。その部屋に再び住む準備だという。
通り全体が、破壊し尽されたようにみえる。地区最大級の病院は、砲弾で壁に巨大な穴が開き、医療スタッフは今も地下で診察などを行っている。
女性がベッドの上で抱いていた小さな男の子は、注射の順番を待っているところで、しかめっ面をしていた。
荒れ果てた通りでは、少年がカートにトウモロコシを積み、倒壊した建物の間を売り歩いていた。
ドゥマでの戦闘は数カ月前に終結したが、再建が本格化するのはだいぶ先になるだろう。
シリアには、大規模な再建プロジェクトを行う余裕はない。最も親密な同盟国のロシアやイランは、そうした資金を融通してくれそうにない。西側諸国が、政権移行なしに資金を出すことはないだろう。

2013年に政府軍が奪還した、シリア中部にあるホムス中心部のカリディア地区を見れば、再建が進んでいないことは明らかだ。大部分は今もゴーストタウンで、住む人もなく、軍が封鎖している。
カリディア地区の片隅では、爆撃によって天井と床が重なり合った状態の建物の前で、少年たちがサッカーをして遊んでいた。さび付いたドラム缶2本に棒を立て、クロスバー代わりにワイヤーを結びつけたものが彼らのゴールだ。
「以前は屋根付きの市場があり、それが原因で渋滞していたが、今ではこの辺に来る人はほとんどいない」と、ホムス旧市街で店を経営するアブ・ファリスさんは言う。

ダマスカスでナイトライフを楽しむ若者の間でも、この先に待つ長く遅々とした経済再建を前に、国を去ることを考えている人が多い。
「仕事は好きだし、この街のバーやナイトライフも好きだ。けれど、結局はシリアから出て行きたい。ここには未来が見えない」と、バーを経営するラシャさん(30)は言う。
「内戦で爆弾が毎日降ってきていたときは、去りたいとは1度も思わなかった。でも今は、そう思っている」(写真、文:Marko Djurica)←引用終わり



「アラブの春」って、一体全体「ナン」だったのか?
リビアやチュニジアでは、独裁政権を崩壊させたが、武装勢力が群雄割拠し、相争い殺戮を競い合い安定には程遠い。
また不正もあったろうが「アラブの春」は、エジプトでは束の間の「民主化」を手に入れたものの、結局は「軍」に頼り安定を得ただけじゃないか?

最も悲惨な状況は「シリア」だったと考える。
「アサド」の独裁を潰すのだと起ち上がり「激しい内戦」を繰り広げたが、壮絶な殺戮戦の結果、最初に掲げ追い詰められるかと考えた「アサド」は、10年近く戦い抜き、政権を守り抜き内戦に勝利し「平和」を回復している。


イスラム国家は、様々な民族がモザイク状に拡がり、権威を持つ「宗教指導者」が大きな統治指導力を発揮する国や地域では思考体質も「独裁」が適しているのだろう。
それこそ、この間に世界が学んだ事ではないのか?
この歴史を「粗略」にしてはいけない。

「ダイバシティー」を主張する欧米の民主主義!

アラブ社会へ、ウクライナへ、「民主主義」の「価値観」を輸出しようと巧妙に企み、インターネットを駆使し「民主主義」の普及を旗印に「暴力革命」を輸出し、それへの対抗者により「暴力の応酬」があり、激しい「内戦」による「破壊」が進み、社会も人も人心も「荒廃」させた。再建には素知らぬ顔だ!


キリスト教という「宗教律」を軸に「社会律」を形成し、それこそが「唯一無二」として押し付けた欧米社会の「政治的統治価値観」が、これほど見事に失敗し、多大な犠牲を生んだ事実はないだろう。
素直に、その事実を認める事だ。

| | コメント (0)

2018/10/28

嗚呼! さすがに大阪腐軽だけアリマス! 署長は責任をとり引責退職せず、窓際へ「更迭」だとか!?

大阪腐軽は富田林警察署長を更迭などではなく厳しく処分せよ!




引用開始→ 男に逃走された警察署長を更迭 大阪府警が発表
(産経新聞2018.10.26 15:21)

大阪府警富田林署から逃走したとして、加重逃走罪で樋田(ひだ)淳也被告(30)が起訴された事件で、府警は26日、富田林署署長の山内寛警視(56)や留置管理担当係長の男性警部補(50)を減給の懲戒処分とするなど、関係者計14人を処分。山内署長を本部へ異動させる人事を発表した。

 樋田被告は8月12日夜、署内の面会室で弁護士と接見した後、仕切り板を壊して逃走。9月29日に山口県周南市で身柄を確保されるまで49日にわたって逃走を続けた。府警は樋田被告の行方を追うとともに、署の留置管理態勢についても調べていた。←引用終わり




普通は「処分」が発令された時点で、(引責)自主退職だろうが!


定年まで腐軽本部の窓際で飼ってやるって、大甘じゃないのか!?
ウワサどおり、見事に腐っているよネ!


大阪弁護士会に所属する弁護士も、結果的には樋田淳也逃亡に与したワケだから、担当弁護士の責任を問えよ!

| | コメント (0)

2018/10/27

フリーランスのジャァ~ナリストは、臆せずどんどん戦場取材に出かけ「取材をカネ」に換えてヨイ!

自称ジャァ~ナリストの自由取材と自己責任論:

  

https://www.jiji.com/jc/article?k=2018102700173&g=soc&fbclid=IwAR0BVicIDJFRK8O1CcflMF3I9TjxRQ-AcnxZH2SOiYLEpqn66QIG8B42aMI


「知ったバカぶり」を軸に、
未熟で稚拙な議論を交わし戦い続けれる事も重要だろう。
この記事は、手短に論点をよく整理している。(ぜひ「参考」に!)

その上で、ミギから軽チャ~右翼さん、ヒダリからリベ珍さん+人権屋はん、的外れの意見開陳も含め、罵り合い「言い合い」してクラハイ!

① フリーランスという名のジャァ~ナリストが、自ら戦場取材に出向くのは「対象取材」が「莫大なカネ」になるからである。
② その「レポート」に値を付け買い付けるのは「既存メディア」である。
③「既存メディア」は、自社の社員(取材者)を危険地帯へ派遣する事は原則としてナイ。
④ 従って「戦場の第一線」へ肉薄取材するフリーランスは有用なのだ。
⑤ 取材者(下請け)と報道者(メディア)の関係は概略以上!

★既報による整理
① 安田氏を幽閉し続けたのは国家ではなく、反国家武装組織である。
② 従って「国際法が規定する『捕虜』の扱い」は埒外にあり、家畜と同じ商取引(カネに換える)の材料に過ぎない。
③ 罠に嵌められ捕らわれて以降、これまで幾つかの武装組織の間で売買されてきた。

★自称ジャァ~ナリスト(フリーランス)が負うべき事
① 自由な独立した経営者なのだから、自らの「命」を保全する「戦場保険(あれば)」に高額でも契約加入する事。
② 少なくとも想定(予定する)範囲の複数社に及ぶ既存メディアとは、ほぼ狙う行動範囲を共有し、セーフティーネットを形成構築しておく事だ。

山があれば、登山し頂上に立ち極めたいと考える人がいるように。
戦場があれば、そこへ出かけ取材し報じたいと考える人がいるのは当然だ。そのレポートにより、いま批判し非難している側も、一定の「情報」や「知識」を得るのだ。
コロンブスがいて、冒険航海に乗り出したから「新大陸」は発見された!
例えば宇宙空間の「りゅうぐう」へアプローチする探査衛星「はやぶさ2」に歓喜するのも同じ事だ。

危険な「戦場取材」は莫大な「カネ」になる。
知名度も上がるから、多少の危険を冒しても取材に挑戦するのだ。
温々した環境にドップリ浸かり、そこに身を置く者が、失敗して囚われた状況を観て、アレコレ無知な批判を、ミギからヒダリから、加え合い「溜飲を下げて」もナンの解決にもならない。

| | コメント (0)

2018/10/26

自称ジャァ~ナリスト安田純平は経験した囚われの苦難と困難の日々を徐々に慎重に回収するだろう!

自称ジャァ~ナリスト「安田純平」
ナンとも軽率、軽薄なヤロウだ!悲劇の 凱旋将軍ではないゾ!



第一線での戦場取材は「カネ」になるワケで。
本人や周囲は、煩く戦場の悲惨の「建前」を語り主張するが、それもあろうが、何よりもそれがレポがカネになるから、覚悟して行ったワケなんだヨ!


それは、ロバート・キャパも同じなんで、それを知らない素人が周りで騒ぎ立て過ぎるのだ。
勿論、ジャァ~ナリストどもは、自分達の商売だから、被抑圧だとか、取材報道の自由だとか、言論表現を護れだとか、商売の自由を護るためのゴタクを並べるのだ。
かつて、カンボジア内戦を取材した一ノ瀬泰造氏と、カンボジアのプノンペンで紹介を受け会った時、彼は世紀のスクープをモノにすればカネになると熱く語っていた。
多分、ベトナム中部の戦線を取材し「自由への逃避」を撮り「ピューリッツア賞」を得て、一躍にして名を轟かせた澤田教一も同じだったと思う。
かつて、水俣病を取材したユージン・スミス氏も、熊本地裁で「チッソ裁判」を取材する時に出会い、戦場カメラマンなら「戦争の悲劇」をスクープするために、より悲劇性に絞り込み、それに焦点を当て写し撮るだろうと。
従って、戦場へ、第一線へ迫るのが本性だと。しかし、自分は戦場カメラマンではない。水俣の悲劇を撮り世界へ訴求したいと。

アンチョクな自称「安田純平」も同じだろう。戦場があるからカネになるのであって、戦争の不幸や悲劇が自らを間違いなく潤しているのだ。
戦場取材は基本的に莫大なカネに変わるのだ!


不幸と悲劇が大きく強ければ、それだけ涙を誘うし、報じた人物への評価も高い。手付かずのスクープならピューリッツア賞もので、世界に名を馳せる事もできるし。
その「山っ気」を持たない、フリーランスのジャァ~ナリストは、この自称「安田純平」を含め存在しないだろう。
それを否定する者がいれば、それはマヤカシでありエセだと断言しておく。


その意味で、戦場に迫ろうとした自称「安田純平」を、フリーランスのジャァ~ナリス(実態は「功名心」と「大手メディアの下請け者」に過ぎない)として冷たく眺めていた。
「飛んで火に入る夏の虫」だろう! 二度も、囚われたのは、警戒心や注意力が散漫でナメていたのだ。
既存の大手メディアが悲劇の凱旋将軍のように扱うのは、上位の階層に身を置き、隷属させ扱き使う事への、後ろめたさがあるからに過ぎない。
そこに、より悲劇を大きく主張するための手立てを加え、自分達を正当化するのだ。


月日の経過と共に、自称ジャァ~ナリスト「安田純平」は、徐々に慎重な言い回しや表現で、体験記を、語り文字にし、苦難の時間や日々の回収に取り組む事だろう。
冷たいようだが、それが与えられた人生で使命だとも言える。

それは自らの体験を通じても実感している。

| | コメント (0)

2018/10/25

メールへの返事対応をみると、仕事がデキル人物かどうか直ぐに分かる!?

この記事、多くは当たっていますね!



胡散臭いが、それでもお付き合いしてきた某大手電機会社のIT部門に居たと自称する人物(今は某大学の非常勤講師)と、いろいろな条件で、不器用が遠因するのだろう違和感を抱えながらもを付き合いを保ってきたが、ある「重要なテーマについて、相談したい」と時間を訊ねるメールを送信した。
しかも、見落としを考え、SNSの一体メールで送信した。
待てど暮らせど必要な返信がないままだった。
しかしながら、ご当人はご自分のSNSへ新規投稿していた。
黙って待った。丸一日が過ぎた。この間もご当人はご自分のSNSへ新規投稿し続けた。

遂に、週が明けた。
阿Qは、自分のSNSへ、名前を特定せず、しかし、明らかにご当人に分かるように厳しく批判する投稿をし「もぅ相手にしない」と公に記述した。


そして月曜日の夕刻に、件の人物が近づいてきて「メールを頂戴した件ですが」と、小声で何か言いたそうだった。
もぅ、既にSNSでも公開投稿しているように、社会人として地位も保持する大の大人が「簡単なメールにも返事できない人物と話する事はないね」と切り捨てた。
返事は「暫く(2~3日)時間を下さい」でもヨイのだ。
その程度の事は直ちにできる。それをしないのはビジネスをする資格がないと言える。


「自分は、そのような酷い事を言われた」と、共有する時空間で様々な人に言ったらしい。
言われた側から聞こえてきたので。
多くが「それは、あなた(ご当人)が、基本的に間違ってますよ。一般的には発信者の多くが不信感を持つでしょう、相手にするしないは別にして」と助言しておいたとか・・・・・
それは、もぅ1年半前の事だけど。


直ぐにできる事を後回しにするとか、直ぐに答えられる事に答えないとか、そして自己を正当化する醜い言い訳を繰り返すとか、人として最低の礼儀すら守れない人物が仕事などできるワケがない。


収入(年収)が仕事や業務の能力を表すなら、この記事は実に真実を衝き射ていると考える。
今も、アレコレ下らない理屈をつけて、最大でも1週間も要しない案件を片付けられない口裂けノォタァ~リンがいる。
そんなクズでも、一応は一人前に収入を寄越せ保証しろと真に煩い限りで嫌になる。

| | コメント (0)

2018/10/24

自称ジャァ~ナリストの安田純平がカタール政府に(カネで)保護されたらしい!

昨日の10月22日は「どうでもニュース」が飛び交う多忙な日だった!


  https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36841340T21C18A0000000/


自称ジャァ~ナリスと安田純平を名乗る囚われた「家畜と同じく取引き材料」が釈放されたとか!?
砂漠の遊牧民は「家畜も人も『換金』手段」でしかない。
利用価値(換金不可)ナシと分かれば、砂漠でもオアシスでも平気で捨てる。
しかし、この場合は保護したカタール政府が、幾ばくかの「カネ」を立替払っている事だろう。
後日、日本政府は「政策支援」の「援助金」「協力金」で謝意を表し支払うのだ。
売られ、物々交換されながら、湾岸のカタールまで引かれて来たのだ!
カタール政府も、対日で貸しができるし、カネになるから保護したのだろうヨ。

以前、南アジアの某国で日本人駐在員との交流雑談会の席で耳にした事だけど、
日本で知り合った男と結婚(3人目の妻だとか)し、男に従き従い渡航した女性が、生活環境に馴染めず発狂したそうで、すると「全裸に剥いて簀巻きにして日本国旅券を首から吊り下げ」て、南アジアの某国某都市駐在日本国総領事館の門扉の前に棄て去ったそうだ。


その時に、イスラム社会の家族観というか、飼い主としての主人と一族の関係、そして人も家畜も「取引」の材料に過ぎない事を教えられ理解した。


以前「IS」の仕業を、埒外の感性や価値観で激しく批判していたが、彼らは伝統的な砂漠の民としての生き方を実践したに過ぎない。


安田純平は「飛んで灯に入る夏の虫」だったワケで。
取引し「カネ」に換えるための「家畜」に過ぎなかったのだ!
そこには、日本人も、米国人も、欧州人も、中国人も、韓国人もないのだ。
カネにさえ換われば、それで善いのだ!

| | コメント (0)

2018/10/23

政府は今日「明治維新150年」記念(月暦:1868年9月8日=明治政府成立日)の集会を開くそうだが!

今日は「明治維新150年」を記念する会が開かれるそうだ!

  

https://www.nikkei.com/article/DGXKZO36794480T21C18A0MM8000/

9回ツーアウトから逆転ホームランを打たれ、その後、挽回できずにゲームセットになったと考えている者としては、この「春秋」の指摘には納得する点もいくつかある。

鳥羽伏見で、岩倉具視が企図し西郷隆盛に掲げさせた偽の「錦の御旗」の前に、不意を衝かれた幕府軍の主軸「会津藩と桑名藩」は動揺し、その隙に激しい攻撃を浴び壊滅させられ、以後は押せ押せの勢いに、幕府の白旗を受け「羽越列藩同盟」は賊軍として追い詰められ、榎本武揚を擁した幕軍として「函館五稜郭」の戦いに敗れ幕が降りたのだが。

情報の真偽の確かめる正確さが求められたとは、後年の歴史批評家が口にするのは、確かにそうだが「後付けの批評」は自由なモノだ。

さて、これら一連の「国」を賭けた戦いで、没した「賊軍」とされる将兵の「御霊」は、この後、長州藩の大村益次郎が創建を提唱し、軽チャ~ウヨクが大好きな「靖国神社」には祭祀されていない事実にも触れておきたい。

国を思い、国の将来を賭けて戦い落命した将兵の御霊に差があろう筈もないにも関わらずだ。
その意味で、司馬遼太郎が描いた幕末から明治への「歴史観」に対し、無批判な薩長主軸の「明治維新」を讃える歴史観には基本的に同意できないのである。

| | コメント (0)

2018/10/22

無知が口先で生きてきた「山っ気」が災いし「山師」の詐欺紛いの口車に乗せられ全財産を喪う憐れな老い耄れ!

先日、遠方の知人が電話をかけてきた。

用件は「新規に取り組みたい事業で、保有地を活用したい」との事だったが、事業の中身が「山師」の手合いが持ち込むレベルでナンの警戒もなく自慢げに説明する。

某素材会社に友人が席を置いていた頃に紹介を受け、交流が始まったのだが、物事や制度あるいは関連する法令を考えない軽い人物で、先日も「儲かりそうな話」だと吹き込まれているようで、すっかり話を信じ込んでいるようだった。

その知人の思考回路を多少とも知る側として「ナゼか!?」書き留めたメモを見ながら、改めて電話をしてみた。

以前から誰の目にも基本の事業は行き詰まりつつあった。
資金が廻る事と、事業が回り続ける事は、似て非なる事で、根本的に違うのだが「経理」も「財務」も分からず、ヨメに丸投げの状態で基本は「現金商売」だった。
事業収入(売上げ)に対し、設備が過大で表向きに稼働率を保っていても、事業評価としては全く「お遊び」に過ぎない代物が転がっている。

提供担保と貸出金額の均衡がとれている間は、貸し出しもするが、危険水域に入ると運転資金以外の稼働しない設備投資への「貸し出し」は停止(当然の事だ)する。

ところが、周囲から吹き込まれている知人は、ナンとか「資金」を工面し拡げようとする。
そこに目を付け、巧妙に擦り寄るのが「地面師」ならぬ「マチキン」のチームだ。
巧妙に正規の金融取引で生じた「負債」の肩代わりを行い、代わって「銀行」との折衝などの委任状を獲得したらしい。

有力な土地は、代位弁済を考慮し「マチキン」が質権設定し、会社とはいえ個人事業でもあり自宅兼本社(定款上)は金融機関が押さえる形にした。

これを手当した後に、今春から知人に吹き込み「銀行」への返済と金利支払いを停止させたとか。
(馬鹿な事で、十分に支払い能力はあるにも関わらずだ)

で、銀行は契約に基づき「売却」を求めてきたらしい。
そこに登場する不動産鑑定士(これは銀行の)と買い手はマチキンが手当し気脈を通じる者の様子で、制度と法律を巧妙に駆使するありふれたシナリオだ。

現在はブローをかけているだけで、今日明日に差し迫ったワケではないが、無知な強欲で生きてきた知人は「狼狽え」てしまい電話をかけてきたというような事だ。

「マチキン」を後ろで動かしているのは、知人が運用するオイシイ事業と信用で、知人の無知につけ込み法律上は瑕疵のない周到な手続きを終えているように覗えた。

ナンとか知恵をというが、遠隔の地でもあり、しかも知人はこの間に一度も「知恵の対価」を我々に支払った事が無い。
どの顔で、どの心構えで言うのか?
以前から懸念があったので、紹介してきた某素材会社の友人が退職した3年前の夏に、知人の長男のヨメも同席させ、事業経営と資金手当(資金繰り)が甘いと指摘し、山師が持ち込む詐欺紛いの話に乗ってはイケナイ。
既に、相当程度「信用毀損」しており、主たる取引先は懸念している。
何よりも「オレオレ詐欺」も同じで、山師や詐欺師の世界では騙しやすいカモとして、おそらく知れ渡っているだろうし、実際には事業の実力もないのだから一切、その種の話に興味すらしめしてはイケナイ。
「家族で縛っておけ!」と説諭した。
その後、3年ほど、音沙汰がなかったので休心していた処、以上のような概要の電話で助けを求めてきた。勝手な事だ!

知人の長男も某国立大学の商学部を出ていながら、なぜコントロールし管理できないのだろう。

助言したのは、それは地域の「弁護士会」へ直ちに駆け込み、時系列で実情を丁寧に説明し、担当できる弁護士の紹介を受け、その弁護士に解決を委任し現在の「委任者」の解任通知と、銀行等が行おうとしている競売の「執行停止」取り敢えず「一時停止」を求め裁判所へ提起する事ですと。

当方は、弁護士でもないため、総合的な観点から助言はできても手伝う事はできないので。
また、当方の助言を必要とされても、無償では提供しませんので、その点をよく理解され、冷静に対処する事が重要でしょう。

| | コメント (0)

2018/10/21

50年前「10・21国際反戦デー」は、革命ゴッコで火炎瓶が飛び交い、新宿は騒乱罪の場になった!

騒乱罪が初めて適用された
「新宿駅占拠闘争」で火炎瓶が飛び交ってから、半世紀だとメディアが喧しい!
同時に、当時は六本木(赤坂檜町=今はミッドタウン)にあった「防衛庁(いまは防衛省)」も攻撃され一時は占拠された。
新宿は中核派が軸になり、六本木の防衛庁はブンドが軸になっていた。

  https://www.nikkei.com/article/DGXKZO36742580R21C18A0MM8000/?fbclid=IwAR2qaVTYy57LoAEvhVeawWUmb2_0mvWuELwDHYrA1wH_cKZlJlNLYzkYeLE


前年の1977年は「明治維新百年」と、日本は意味なく浮かれていたのだ。
1968年は、政治権力と反体制が実力対決した頂点に位置した。
東大、日大、神田街頭、九大、佐世保、パリとの連帯、バークレーでの叛乱、一時的に昂揚し、一時的に勝利し、それを政治権力は許さなかった。

3ヶ月後、東大安田講堂(占拠組織)へ向け、政治権力は形振り構わず牙を剥き襲いかかった。
「砦の上にわれらが世界 築き固めよ勇ましく」と、東大安田講堂の時計台から流された時計台放送局は虚しく落城し、全員が逮捕された。
東大は1969年の入学試験を中止し、政治権力の手で統治の枠組みが決定され追い立てられ、それは全国の大学へ波及し、秩序回復を厳しく進めた。
反体制の描いた「夢想」は蹴散らされ、多くは罪を追及され訴追され、社会から断罪された。
そして遺り火が1970年に日比谷公園で「全国全共闘」とか「赤軍派」を産み出し燻り続ける事へ作用した。


日本は、一時的な「革命幻想」を断ち切り、高度成長経済の総仕上げに向かい貧乏や貧苦からの完全脱却に向け舵を切り、1980年代後半に絶頂期を迎えることを得た。
それはまるで「街頭闘争」で舗道の敷石を外し、投げつけ政治権力に一矢を報いるエネルギーの別な発揮でもあった。
この過程で、戦後の日本で反権力を領導した「総評」は、山岸章を議長に据え、焚きつけた官公労を中心にし「スト権スト」を1週間打ち抜いたが、国民の支持を受けるどころか大反発を喰らい「総評」壊滅への歩みを推進する事になった。
それでも、総評は同盟と統合し「連合」へ改組(実質解体され)し、支配された政党は「社会党」は「(ゾンビの)社民党」として、当時の「民社党」は連合内の組織候補を維持しながら「民主党」になり、社民的社会党を吸収しながら、また分裂し政策も理念も無いまま憎悪と漂流を繰り広げている。


そして、都合良く象徴的に1968年を闘い、巧妙に逃げ出し転向した口先ドモは、宗旨替えし、一部は国会議員になり、一部は在野に隠れ温々と過ごしているワケだ。真剣に「革命を夢想」した者は、社会の一隅に身を隠し世を去り骨を埋めた。


何食わぬ顔で逃げ切り、都合良く転向し、社会に身を潜めた者ドモの言い逃れとでも言うか、都合の良い言い替え!?

 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36732720Q8A021C1CC0000/


日本の革命勢力は、戦後の約70年で、1950年に、1960年に、1970年に、騒乱を企て、その都度に政治権力から徹底的に排除され「敗北」し続け、反省も無く未だに「革命幻想」を信奉している。
左翼は何を学んだのか?
今も担い手は変化しながら「反原発」「(沖縄での)反基地」に勢力を注ぎ「街頭闘争」を軸に取り組んでいる。

中間勢力は「LGBT」や各種の「ハラスメント」を正すために社会を糾すとして宗教的なまでの取組みを進めているようだ。

それらに対抗する軽チャ~とでも言うべくミギの思考能力を欠く勢力は「反韓・反中」と「反NHK」を掲げ、ウヨク遊びに耽っている。

無原則な「言い合い」「罵り合い」を目にすると、
真にニポンはヘェ~ワ満開としか言いようがない!?


半世紀を経て、無原則で騒ぎが好きな日本の批判勢力は漂流し続け、喰えそうで騒げる「ネタ」を政治理念も無いまま求め続けている。
そして政権を保持する側は、形振り構わず「保守」も「反体制」も「宗教」もなく、無原則に「国家重商主義社会」の形成を目指すかのように、これまた無原則に「政治権力」を握り続ける事だけが目的の「政治」に取り組んでいる。

| | コメント (0)

2018/10/20

マチバを歩けば、ゴミやらクズやらが転がり、それなりに社会を構成しているのだなぁ!

某ノォ~タリーズで隣の席から、日頃の不満を大きな声と身振り手振りで開陳するオ姐ェさん。
文句言いは、あらゆる事に際限なく不平不満を言い続け、下らないネタながら、脚色が上手いため漏れ聞こえ話に、不覚にも引き込まれ聞き入ってしまった!

先日も、善人なのだろうが、周囲の迷惑も省みず、阿呆がデカイ声で配下を前に電話をしていた。

現在の賃貸は住み飽き、次の物件を探し見出そうとしているらしい。
仲介の不動産屋へ大きな声で電話をし、後に住む友人を紹介するので、その友人が部屋はそのままで良いと言えば、内装(例えば壁紙)の貼り替えなどは不要になるので、その費用は自分が負担する必要がなくなるから、3万円程度は「浮き」ますよね、良いでしょう!ネ?

自分が話する中身は全く自分本位で都合の良い考え方を周囲を囲む仲間へも開陳し、自慢気味に同意を求め、周囲で意見を言う側も辻褄合わせの合いの手だ。
同種類の貌で思いも程度も同じなのだろう。

こういう種類の人物も、スマホを片手に日々「科学の発展」による恩恵を受け、それを利用し不動産屋の釣り広告を探し求め、公開情報を得ても、自分勝手に解釈し理解するようで、そこで交わされている言葉は単純化されたキーワードの羅列に過ぎないw

例えば、某鉄道の某駅5分で、1LDK駐車場使用料セットで「3・5万円/月」を見出し、ターミナル駅まで10分なら電車でもOKだし、近くにコンビニもあるから、冷蔵庫などは要らないし、これでコインランドリーもあれば、洗濯機も要らないから、凄く良い物件だとか?
阿呆は、あらゆる方法で餌食にされ、カネを巻き上げられ続けるワケだ。
「そんな物件は釣りに決まっているだろうが!?」とか、あるいは「事故物件」だろうがと、思わずツッコミを入れたくなるような手合いだった。

世の中には、釣り上げられたい亡者がウヨウヨ、ウロウロ、オクチパクパク、イッパイ流れに身を任せながら、釣り上げられるのを口を開けて待っているのだなぁ!

だから、全く物事を表面しか見ない、考えない、この手を相手にするビジネスは雨後の竹の子状態なんですねぇ。
因みに、漏れ聞こえたスマホのキャリアは「ハゲバンク」でした。
ヤッパリ!
ハゲは盲腸半島から流れ着いて、ニポンで生半可に下積み社会を生きてきたワケじゃないねぇ。

真に、ニポンはヘェ~ワである事よのぉ!

| | コメント (0)

2018/10/19

在日韓国朝鮮人が打診してきた欲深い話の続きで1件を!

それは、日本海側に拠点を置く北韓出を南韓へ転籍した男Oが持ち込んできた案件だ。
この男Oは見間違う事も無いそのものという顔の貌で体躯もガッシリ厳つく、まるで反社会組織の用心棒にピッタリで、関東へ出向いた時には東京駅で、そのスジの若いお迎えの衆が何処かの親分と間違え駆け寄る事も茶飯事だとか吹いていた。

この男Oの商売は、①砂利の売買、②くず鉄の売買、③産廃処理、というのが正業の3本柱だとか。

広島に配下Zが居り、それらが抱え込んだ「バカ案件」の処理に知恵を貸して欲しい、勿論、その謝礼はしますとの言葉で接近してきたのが、そろそろ一回り前だ。

テーマは、レントゲン写真撮影車の中古を、途上国へ売りたいという事だった。
建前は途上国の健康診断に取組み進める上から、低価格のレントゲン写真撮影車両は有益だと考えるので、ぜひ相談に乗ってやって貰いたいだった。
できれば「ODA」を利用したいとか都合のよい話を並べ立てていた。
先ず、何よりも「政府開発援助(ODA)」とは何かを全く理解しておらず、本当に都合のよい馬鹿野郎ドモだった。

話には成立する案件と、話にならない案件があるが、その無理筋の典型だった。
そこで一発噛ましてやった事は、
「皆さんのアイデアは素晴らしいと思いますね。熱い思いに心を打たれ心底から感心致しました。そんなに素晴らしいレントゲン写真撮影車が中古とはいえ、低価格で数台も手に入るなら、ここはどうでしょう、皆さんのご家族がご出生された北韓の地へ、無償で贈呈されるなら、きっと喜ばれ民族の英雄を讃えられますよ。如何ですかねぇ!?」と、畳みかけてやった。

すると、いきなりダンマリを決め込み、配下ドモは譲り合う仕草を示すばかりだった。
そこで、更に畳みかけてやった。
最初に打診を頂戴した途上国への案件に話を戻しますとね、同じ性能のレントゲン写真撮影車は、1000台準備しませんとね、ご説明頂いたアイデアを「政策テーマ」として、提案する事も難しいですよ。直ちに1000台を集める事は難しくても、皆さんの熱意があれば1年もすれば容易な事でしょう。
政策が採用されると、ODAなど用いなくても一気に発注されますよ。
その際までに、同一性能である事を国際的に認証できる保障が必要でしょうね。
それが前提ですからね、政策として打診してみましょう。
1週間以内に性能の国際認証を提出して下さい。ヨイですね。
また売買が成立し契約書の締結を終えた後は、半年以内に輸出(相手国へ着荷)する事が最低条件になるでしょう。
その後は、10年の稼働保障を付けて下さいね。
違約の場合は、国際的な裁判としての紛争に発展しますから。
よくよく脇を固められた上で、ご準備下さいネ。
ダメだと仰るなら、その時は皆さんのご家族や父祖が出生された母国への無償援助にされると喜ばれるでしょうね。
この場合は、本邦の「税関」で人道援助案件だと申請し許可を得る必要がありますが。

いやぁ~、今日は素晴らしい皆さんのお話をお聞かせ頂き、本当に心から感動しましたね。よい出会いでした。
吉報をお待ちしておりますよ。はい。
これはパレスホテルで面談した。

キモを潰したのか、件の厳つい男Oから、謝礼だと言って安物のウイスキー「響」が届いたままで、この件での音沙汰はなくなった。「響」は同じく南韓のオバカに高麗からの到来物だと言ってくれてやった。

余談だが、件の厳つい男Oの長男は日本国籍を取得し、日本名を名乗っているが血は争えず、直ぐに分かる厳つい貌のままだ。
コイツは街宣右翼で走り回っているらしい。

| | コメント (0)

2018/10/18

盲腸半島から流れ着いた無恥のゴミはイロイロ要求ばかりするねぇ!?

在日韓国朝鮮人の知り合いが、いわゆる " ファッションブランド(アパレル製品)の余剰品(バッタもの)の仕入れ仲介 " を打診してきた事があった。
紹介してきたのは南韓籍の間抜けのNで、連れて来たXはおそらく北韓・朝鮮総聯に支配された人物だろう。

Nが、どうしても紹介したい人物があるといい連絡してきた。
何度もテーマと用件を尋ねたが、それは面談した時に話すと言うばかりで、それなら会えないと返す事の繰り返しだったが、余りにも執拗なので時間を作りロイヤルホテルで面談した。

その際に切り出してきたのは、上記 " " に示す事だった。
示したのは当時の雑誌がパブリシティで採り上げるページだった。大(組織力を有す社)から小(不明な社)まで、これが欲しいと執拗に迫る。
それなら、プロパーでのビジネスに取り組めばよかろうと返す。
しかしながら、何処の人とも分からず、この分野での能力すら不明な相手に、ビジネスの途を拓くかどうか、それは当方は分からないし、各社にはそれぞれの規範があるから、何とも言えないと原則論をXに説明してやった。

Xは、いやいや様々な新聞などの記事で、日本の衣料品会社は売れない在庫が余っている事を目にしたので、減らすためのお手伝いをしたいと考えており、全ては現金で支払うと主張し、損はない話だと思うがと。

無恥で茶坊主のNも、Xに追従して畳みかけてくる。

何か根本的に考え違いをしているように思う。まず、余剰品をどう処理するかは、各事業社の判断する事で当方は与り知らぬ。

そこを組合か何かに働きかけ(この発言時点で北韓だと!)もして、一挙に此方(X)が現金で買い取る事を紹介斡旋して貰いたい。

仮にまとまったとしよう。
現金は千万単位になっても現金で支払うのか?
こう聞き返すと、自分達は何に対しても常に現金支払いだと。

加えて、日本の流通事情と雑誌の編集事情をご存知ないようだから、説明しておくが、各雑誌に掲載される商品は、広告ページ以外は編集部に関わる人物が、見本も現物も関係なく選び撮影し編集したもので、出版まで30日程度の時間経過があり、現物の商品でも環境条件が異なり、欠品になる事が十分に予想されるから、雑誌に載る商品を余剰品価格でと言われても保証できるワケでは無い。
何よりも、雑誌に載れば商品としての売れ行きは大きいと考えるから、余計に要望に添うのは難しい。

そこを確保して貰えればと、Xは無恥だろうが口にした。

何処の馬の骨とも分からない人物が、現金で支払うのだから余剰品を処分価格で売ってくれ、しかも雑誌に載っている商品を外さずなどと、他人の家に土足で踏み込み、何を法外な事を主張しているのか、よく顔を洗って正気でモノを言えと、NとXを睨み付けて言ってやった。

するとXは、ナンだとぉ! 何処の馬の骨とも知れぬとか、土足で他人の家に踏み込んでだとか、無礼にも程がある。覚えてやがれ! と返してきた。

アァ~、よぉ~く覚えておいてやる。Xという乞食ヤロウが土足で踏み込んで来やがって、臭く汚いゴタクを並べやがった事を。
Nも、アンタが持ってくる話は、殆ど臭く汚いドブみたいな事だ。だから事前にテーマを聞いただろうが!?

Xさんよぉ~、テメェ~は、そうでもしない限り、将軍様へ日本での活躍を自慢できねぇ~のか!? 憐れだねぇ~!

ナンダトォ~!

大きな声を出すと警官が来ますよ。
ナンなら呼んであげようか? テメェ~を叩けば埃が山ほど出るだろう! それとも温和しく根城へ逃げ帰るか?
Nさん、此処の支払いはアンタがしなさい。帰るから!
二度と接触してくるな! きたらワッパを嵌めてやる。

それは、ブタオヤジの正日が将軍様として臭い息を吐いていた頃だった。

怪しいクズと会う際は、安全な公衆の場をお奨めします。

| | コメント (0)

2018/10/17

南韓は半島に巣喰う「ウジムシ」を適切に統治対処できず汚伝文字(〇△◇)で世界に落書きをし続け!

汚伝文字(〇△◇)の盲腸半島は、南も北も棲息するのは、人としてのスケールも小さく、未来志向などとは無縁で過去に生きる罠辱ですw

  韓国が「日本叩き」を続々繰り出す残念な現実
  日本に対する敵愾心を爆発させている
  https://toyokeizai.net/articles/-/243266

そのためには、自分達が如何に恥辱を受けたかとか、酷い仕打ちをされたかとか、それらを根掘り葉掘りで探し廻り、発見するや「ユスリ、タカリ」のタネにしようと声高に一斉に泣くわ喚くわ騒ぎ立てるのが生き甲斐なので、この乞食根性は基本が習性であり集成されチカラを発揮すると信じ込み終世にわたり修正を拒否するのです。


引用開始→ 文大統領の年内訪日断念 慰安婦や観艦式、摩擦多く
(毎日新聞2018年10月17日 06時00分)

 政府は16日、韓国政府に求めていた文在寅(ムン・ジェイン)大統領の年内訪日を断念する方針を固めた。慰安婦問題に関する日韓合意(2015年12月)の履行や海上自衛隊の旭日旗掲揚問題を巡る摩擦が表面化。韓国政府が北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)・朝鮮労働党委員長の訪韓に向けた調整に追われていることもあり、年明け以降に改めて訪日時期を調整すべきだと判断した。

 日韓両政府は、1998年の日韓共同宣言20周年にあたる今年、両国関係の進展を模索していた。文氏は5月に日中韓首脳会談に合わせて来日し、李明博(イ・ミョンバク)大統領(当時)以来となる約7年ぶりの単独訪日を希望。安倍晋三首相も9月の米ニューヨークでの首脳会談などで、年内を念頭に「適切な時期」での訪日を求め、相互往来を軌道に乗せる考えだった。

 しかし、日韓合意に基づいて韓国政府が設立した「和解・癒やし財団」について、韓国の閣僚が相次いで解散を示唆。文氏も9月の首脳会談で「(国内では)解体を要求する声が強い」と述べ、日本側は「日韓合意の破棄につながる」と反発していた。今月11日に韓国で行われた国際観艦式では、韓国側が自衛艦旗の旭日旗掲揚の自粛を要請。日本側は護衛艦派遣をとりやめ、その後に外交ルートで抗議する事態に発展した。

 さらに、日本の植民地時代に強制労働させられたとする元徴用工による損害賠償請求訴訟の判決が年内にもある。日本政府関係者は「歴史問題を抱え、文氏の年内訪日は難しい」と語った。外務省幹部は、韓国が金委員長の初のソウル訪問を年内に目指しているとして「韓国も訪日に気が回らないだろう」と指摘した。

 ただ、対北朝鮮政策での連携を見据えれば、安倍政権も関係悪化までは望んでいない。文氏は来年6月に大阪で開かれる主要20カ国・地域(G20)首脳会議に合わせて来日する予定だが、別の外務省幹部は「引き続き訪日を求める」と話し、単独訪日のタイミングを探る考えを示した。【秋山信一】←引用終わり


お笑いですよ!<自分で自作し演出構成し解決する気も無く難しくし続けているワケで>
しかしながら、お笑いだと嗤い無視できない程、「捏造した嘘を真と信じ込む」ワケですから、有効な対処の方法も無く手に負えません。

阿Qは、基本的に「程度が低度の阿呆」は相手にしないので。
その意味で、相手にする対象ではありませんが、隣近所に捏造した嘘を言いふらし、徒党を組もうとするワケで、それも不可能な事だと分かると、今度は、ヒステリックに国際慣習や国際条約を平然と無視する「国内法」を急拵えで創り出し、その遵守を外国政府に公然と要求するというあからさまな馬鹿度ぶりを示して平気なので、相手にしようにも・・・・・

敵愾心は、どのような国、どのような罠辱にも示すワケではなく、とりわけ日本を先頭に、次に中国(これには頭が上がらない)、そして米国(これにも頭が上がらない)、この三国にヒステリーは集中しているワケです。
とりわけ日本は優しい対処を示すため、過去の事を掘り出せば「カネ」になると、国際政治の場を遺憾なく利用し「辱める事」で悦に入るという真に子供じみた事を繰り広げているのが、この四半世紀とも言えます。

哲学も、科学的歴史観も欠き、あるのは情緒主義で他者を非難し批判する事に生き甲斐を感じ、自ら夜郎自大を恥も無く堂々と掲げるワケですから、どうしようもないですね。
かといって、此方も「指を咥え」て眺めるワケにもいかず、阿呆の挑発に乗るのは更に阿呆ですから・・・・・・・

| | コメント (0)

2018/10/16

産業はそれぞれの分野を形成する裾野で協力者や協働者を如何に組織するかで競争力が決まる

顔見知り程度の知人が、当たり前の事を然も大発見でも得たかのように記述していたのを見て微笑ましいが笑えた。



全ての製造業、全ての流通業も、それぞれの分野毎に形成されており、周辺に関連する分野を幅広く集め、裾野を形成し各々が協力し協働する事で産業として成立している。


それぞれの分野には、有能な技術者や指導・助言者がいる反面、そこから漏れ出した「口先コンサルタント」を始め「口裂けコンサルタント」も数多く存在するのは残念だが悲しい現実といえる。


一つの産業分野で名を成し、領道者として認められる人材は、それら数多の中から「必要な人財」を抽出し囲い込み、自らの手で組織化している。
人の組織化は事業の基本であり、協力者(社)や協働者(者)を始め協業を効率的に組織化するのは「産業を組織」する事であり、斯界の中で「産業組織論」として体系づけられ、必要な人や会社では十分に理解されている。


記述では、知人が関与する産業界では「一気通貫する有能者は居なかった」としていた。関わる業界に無知だったとはいえ、微笑ましい事で「ホォ~、ようやく気付いたか」と・・・・・
★ここで追いの矢を放てば、何れの業界も同じ事なのだが。


何を指摘したいかと言えば、一つの産業を一気通貫で見渡し適正な把握を為す有為の人財は、ほぼゼロである。
(これが分かったなら、まだ可能性がある)


それぞれの分野では有能で光る人財は身を潜めている。


本当にその人材を抱える事業者を適正に且つ上手く組織化し、何とか全体を通暁できる人財と出会い「コーディネーター」として、自らの手で組織化に協力を得ながら「指揮」を委ねる事ができれば、苦難は伴うが「途筋」は曙光を得る事ができる。


多くの人は、その出会いを求め現実の世界を彷徨い続けているのだ。
人の集積の度合いが事業の優劣を決める。
決して100%「満足」な人財ではなくても、そこは集積組織された頭脳を有効にする事で「競争市場」で打ち勝つ事ができれば、次の地平(市場)へ進む事ができる。


この彷徨での出会いは、いくつかの種類がある。
 ① 詐欺師とも言える「口先者」だ。
 ② 無能者とも言える「口裂け者」だ。
 ③ 自慢垂れを繰り広げる「自己倒錯者」だ。
これらは、何れの業界・業種にも巣喰うゴミとも言える。
それらと3~4年に渡り出会った事を記述しているのだが、それは失礼ながら、ご本人も「胡散臭さ」を漂わせているからで、SNSも含め類は友を呼ぶためとも言える。


それを世間は「自業自得」とも言い、距離を置くとも言える。
少し遅いとも言えるが、誰にも説明でき、納得しうる「事業コンセプト」を作り取り組む事である。
いま掲げているのは「スローガン」に過ぎない。
例え、その事業コンセプトが「反体制でも構わない」ので、有効な賛同者、支援者を事業成立し得る数を集め得る事に注力し尽力する事だ。

| | コメント (0)

2018/10/15

広島カープにはビジネスとしての球団経営に明確な意思と戦略があり 阪神窮団は意志なき人気頼りで漂流し続け!

カープについての興味深い記事を見たので、参考のためにシェアしておきたい。
5年ほど前になるが、9月に入ってからのカープ戦を甲子園球場で観戦した時に感じさせられた事だった。

そのゲームは、辛うじてタイガースが勝ったけれど、選手の層の厚みの違いを見せつけられた印象が強かった。
共に観戦した友人が、このゲームは勝ったけれど、カープの時代が来るねぇと、感想を漏らし、来季からカープを応援しようかなぁと。

  

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/54341

タイガースは「人気」をバロメーターにして球団を経営しチームを差配しているから、いつまで経っても同じ事の繰り返しをしている。


何よりも、タイガースでは「選手」は球団の一部品に過ぎず、消耗品として考えるため使い潰すと放り出す。
そして、次の部品を探し求め美辞麗句で勧誘し詐欺的手法で手に入れ、消耗すればポイ捨てにする事の繰り返しだ。
引っ張りのスローガンは、
① 甲子園球場 ② 人気球団 ③ 契約金と(条件次第の高額)年俸呈示 ④ 分厚いタニマチが着く ⑤ グッズを保証する など。

ある年は、西岡を採ると表明する前に、その流れが脇の甘さから濃厚になり漏れ始めると、即座に久保はFA移籍を表明し、いきなりチームを去った。その西岡はオチャラケ選手で気分屋そのもので、手を焼かされ久保の懸念が現実になった。果たして西岡が何かの役に立ったか?
この度「戦力外」で退団する事になったが、球団が発表する前に、自分のインスタグラムで発表し、終始、足を引っ張る事しかしなかった。
それでも、今季まで働きもしないクズでも「人気」があると言い、高額年俸を払っていたのだ。それが阪神タイガースで、広島カープの球団経営と根本的な思想が違うし、チーム運営も子供と大人のように全く異なる。

そんな中で、興味深いカープの球団経営を論じる記事に出会ったので、参考までにリンクしシェアしておきたい。
関西のメディアは、電波で視聴率や聴取率稼ぎと、紙媒体で売れる記事を作るため、無理矢理ヒーローを産み出し、過ぎたる誇張で、煽りが大き過ぎる。もぉ本当に目を覚ませよ!

| | コメント (0)

2018/10/14

金本知憲(カントク)へ送る言葉として「ご苦労様でした」を申し上げ!

阪神タイガースの今季は13日のナゴヤドームが最終戦でした。
金本知憲監督は、辞任した事で清々したのではないかと思います。

タイガースの熱いファンも、支持不支持で荒れる事なく、それぞれスッキリしたのじゃないかと。
今季は、悪夢だったと語りつつ、忘れ去るのも早いですから。



それにしても、鉄人と呼ばれ持ち上げられ、ご本人は満更でもなかったようです。
今年は、同じくカープ一筋で鉄人と呼ばれた衣笠祥雄さんを喪いました。
しかしながら、衣笠祥雄さんはご自分の栄光を護る上でも偉大でした。
どんなに誘いを受けても、一切「山っ気」を示さず「鉄人 衣笠祥雄」を守り通されました。誰にもできない思考と態度でした。


同じく「鉄人 金本知憲」は、煽てられ乗せられ、徐々に「山っ気」を見せ、遂には自らの現役時代に築いた背番号「6」を背に、タイガースの監督に就きました。
「超変革」を唱え、自らの経験からくる「筋力トレーニング」を始め、走行能力を上げると言い「リレー」を強要したとか。


プロ野球選手は、それぞれの身体的また精神的な特徴があります。それを考慮し「目標」を与え「共有」し、その自己採点、自己評価、相互評価で、進捗や達成度合いを測るのが現在の遣り方ではないかと。
それを一律に、自分の思考方法で、編み出した内容を強要強制してもプロ野球選手は育ちません。それは今様「パワハラ」以外のナニモノでもありません。
よく訴えられなかった事です。


  https://www.sanspo.com/baseball/news/20181013/tig18101319270017-n1.html


  一事が万事、「オレに付いて来い」というのはスローガンとしてはヨイかも知れませんが、今は本当に難しいですね。
この3年間で、何人の有望な選手が潰れ(潰され)た事かと。
監督は、マネジメント(チームの経営)能力が無ければ務まりませんので。
オツムと顔を洗い、よく歯も磨いて、全体を幅広く眺められるようにお奨めしますよ。


送る言葉は「ご苦労様でした」で、
残し託す言葉は敬意を込めて「記録」しておこう。


イヤラシイ「山っ気」を示さずにされたなら惨めへ追い込まれる事はなかったと存じますね。
というようなワケで「鉄人」は、傷つき消えたワケです。
とても残念で、残念でなりません。しかしながら、
潰された選手との均衡は全く量れていませんが! ハイ!

| | コメント (0)

2018/10/13

日本は、外国人労働力の導入制度を整備「入管法」改正し要件を満たせば永住権も!

政府は、今月24日に招集するこの度の臨時国会で「入管法(改正案)」が提出され、いわゆる外国人労働力導入への途筋を整え、条件を満たすと「家族帯同」また「永住権」の緩和し要件も明確化する事になりました。



しかしながら、単純労働力に規定される分野での「外国人労働力(技能実習生)」を単なる使い棄てとし、それを前提とした「基本的人権」の尊重と確保および擁護に基づく「労働条件」の整備あるいは「最低賃金法」の摘要を始め様々な名目を付けた賃金収奪を許さない法的制度整備に国はどこまで責任を持つのか、審議の過程を含め厳重に監視し続ける必要があります。
これまでの関連記事を含めアップしておきます。

Photo
Photo_2

上掲出2点の写真は、2018年10月12日に日本経済新聞が朝刊2面で報じた記事です。
(ご参考までに)
Photo_3
Photo_4
Photo_5
大量の労働力不足が懸念される分野で、いわゆる大手どころに繋がる業の要求に応え制度を整える一方で、中小零細個人事業主の労働力不足解消への要求にも応え、得意とするバラ色の解決策を表向きは提示したワケです。


本当に労働力を確保したいなら、何よりも労働条件と労働環境を先ず整えるべきかと考えますが。
邪な事業者は徹底的に検挙し、刑法犯として厳罰を与えるべきと考えています。

これまで、外国人技能実習生制度の本旨を理解され、途上国の人材に労働機会と教育研修機会を与えられ、基本的人権を遵守頂き慕われる事業者の皆様には、深甚より感謝申し上げております。

| | コメント (0)

2018/10/12

流通業で、それぞれの時代の寵児が創出しようとしたモノやコトについての雑記

イオンを除く、全ての方にリスペクトしながら!

① ダイエーを創業し率いた中内功さんは「わが安売りの哲学」でも記されたように、徹頭徹尾「カネ集めとチカラ」を注がれたが、反面「安かろう、悪かろう」の面も否定できず、その基本は仕組みも変える事なく、ただただ安く大量にと価格破壊に立ち向かう姿だった。日本市場の流通革新を目指していた事は理解している。
(ジーンズ専門店「ジョイント」を創出する際に、お目にかかり、お手伝いした経験による)


② 西武セゾンを創業的に率いた堤清二さんは「文化を柱に消費市場を根源から変革しよう」とした。徹頭徹尾「次を見据え構想の実現に挑み続け事業管理が曖昧になり蹉跌に陥った」事は残念だ。しかしながら日本市場だけではなく、世界の市場を透徹される思考「提供の質」が基底にあった。
既存の価値観の破壊に挑み、自らが構想する次の価値観をあらゆる分野で呈示し、非難も受け批判もされたが常に「創造」を掲げ続けていた。
(西武百貨店の中軸を担ったAさんやWさんに伴われ、様々な面談をした経験による)

③ ユニクロを創業した柳井正さんから受けた印象は、戦略思考は世界市場を頭に描く明確なシステム構築があり(既に四半世紀前の小郡商事の頃だった)、商品開発を日本の消費基準に合わせながら、仕組みを変える事に注力し格闘を繰り広げ、システム開発としてビジネスに取り組み、世界を見据え置く点に少々驚きを隠せなかった。しかし、現在の世界市場での事業展開やそれを支える物流倉庫の全自動化などは、その当時に掲げていた。
(某業界団体の構造改善を研究する事を目的に大阪商工会議所へ講演招聘する過程での面談で)


④ イオンについては、トップとの面識がないためナンとも言えないが、某研究機関を介しPB商品「シンプルチッチ」への協力を打診され、その根底に流れる思想が「無印良品」と「愛着仕様」(ダイエーPB)のコピー要求であり、所詮は「フタギ」(統合会社の一つ)の発想だと唾棄し、コンセプトの再編を提議したが、そんな小難しい話はどうでもよい「人気が出て儲かる商品」を造ってくれる先を紹介してくれと、求められたので、その場でイオンが求める書類を破り捨てて退席した。
それは珍奇な思想による他者からの徹底した収奪であり、創造などとは縁遠い「重商主義」そのものだ。国内市場が行き詰まった後は、ASEAN地域で恥知らずにも収奪を繰り広げている。
(所詮はコジキで強盗みたいなゴミ事業者でコピーを恥じない点が特筆もので唾棄すべき対象だ)
*イオンには軽蔑はあってもリスペクトなど今も皆無だ!


その他、いくつか話題にしたい面談した事業者のトップもあるが、気が向き適正な時期があればメモを探してみたい。

| | コメント (0)

2018/10/11

退き際を間違った「金本知憲」は鞭打たれ石を投げられタイガース監督の座を追われる!

当たり前の事だろ。7月の時点で「休養」すべきだった。
一合枡に、弐合の酒は入らないという事だ。



  https://www.daily.co.jp/tigers/2018/10/11/0011721540.shtml
  

「負けても構わない」と指摘し続けた!
しかし「負け」ても「ゲームに取り組む『哲学』が欲しい」それだけの事だ。
迷いがあった、人は誰でも何時でも「迷い」を抱え、苦しみながら生きている。
そんな事は当然の話で、驚くに値しない。
その迷いを乗り越え克服し超越するのが、指揮者=監督としての確固たる考え方(方針)だろ。
それを支えるのが「哲学」じゃないか!


監督に就任する前に指摘した事がある。
それは「選手」として努力の達人ではあるが、自らの成果を自慢しない事、他者に遣り方を強要しない事だと。
しかし、タイガースの甘さがあり、先ず監督としての「背番号」すら現役時代と同じにした。
それそのものが、他者に自分を強要する、最初の間違いなのだ!
そこが阪神球団が見事に阿呆な点だ!(その程度のマネジメントもできない)


現在のプロ野球は、個人の成果よりも「チームの成果」が問われている。
そこへ「個人記録」ばかりが重視され強調される(哲学の無さが目立つ)ようになった。
そんなモノは監督のマネジメントではない。
その象徴が監督としての金本の背番号だった。(バカか?)


金本も甘いが、阪神球団そのものに「哲学」もなければ、「戦略」もないのだから、「戦術」をとか言われても、「人気」のある選手を使うのが「客寄せ」の「作戦」なんで、人気さえあれば最優先だワ。
だから「勝って反省も、負けて反省」も無いのは思考体質なんで仕方がナイ。
考えの原点は「カネ儲け」以外の何ものでもない。
それは「プロ野球」は興行なんで、当たり前だが、そこはもう少し捻らないとストレートなままではねぇ!?
実に長い事、観てきました。
「阪神球団」と時々の「阪神タイガース」そして何よりも「タイガースファン」を、基本的には「タイガースファン」のファンとしてですね。
愛すべき「阿呆」ですワ!

| | コメント (0)

2018/10/10

国家社会主義のような就職協定を破棄 とにかく社名で就社を切望する学生は痛手になるかと!?

就職協定の全廃を大いに評価する!
(遅すぎたと受け止める)



自由な市場や社会を謳う国が、学生の就職(就社)活動を縛り上げ、採用については、一斉解禁だとか一斉面接だとか一斉入社だとか、摩訶不思議な規則が国と大学と経済団体で談合的に形成され、ナンでも一斉にというのは社会主義や共産主義の国と然して変わらない。
いや、日本は新卒学生の採用については、未だに「国家社会主義」なのか!?


もっと多様な思考で、もっと多様な方法で、もっと多様な個性が光る人材を育成し、それを時間をかけて辛抱強く見出す努力が求められるのは当然だ。
大学の側も、画一的な人材としての形を型に嵌め整え、トコロテンを押し出すように排出し「高度人材形成に寄与」しているなどと、ウソ八百を並べても通用しなくなるだろう。

企業は、兵隊も必要だし、下士官も必要だ。
何よりも、尉官、佐官、将官を、得られなければ続かない。
それらの人材を通年で適正に採用する方が理に適っていると常々考えているたので、この決断と決定は大歓迎だ。
それを否定的に批判する「文科省」と「大学」は、人材教育の目標や研究テーマに建前で「グローバル」を掲げるが、それは口先だけで時に口裂けにも見えるから不思議だった。
短期間の就職活動は、就社活動で、条件に依れば「社畜」への途でもあり、冷静さを欠いてしまう事が多い。通年で時間をかけ臨む事だ。

| | コメント (0)

2018/10/09

南韓の歪みきった惨めな僻み対日思想を南韓が自ら修正する事が先だろう!

日経も新聞休刊日の前日に「日韓は歴史の溝埋める重層的な関係を」などと姑息な「社説」を掲げているが、この指摘(主張)を追求し続けると、日本が南韓に歩み寄る事を求めているとしか言いようがない。




引用開始→ 日韓は歴史の溝埋める重層的な関係を
社説 https://www.nikkei.com/article/DGXKZO36235890X01C18A0PE8000/
(日本経済新聞2018/10/8付)

日本と韓国が未来志向の関係発展への努力をうたった日韓パートナーシップ共同宣言を発表して8日で20年を迎えた。両国が互いに相手の存在をよく見つめ直す機会にしたい。

同宣言は、日本が韓国に対し、過去の歴史への反省とおわびを初めて公式に明文化した。韓国も戦後の日本の民主主義や平和への努力を評価した。

金大中大統領が決断した日本の大衆文化の開放により、民間交流が本格化した。この20年間で人の行き来は3倍超に拡大し、平均すると、毎日2万5千人以上が両国を出入りする。今年の往来は1千万人突破が予想される。

言論NPOが6月に発表した両国民対象の世論調査によると、韓国人で日本に渡航経験がある層は経験がない層に比べ、日本によい印象を抱く回答が3倍に上る。世代が若くなるほど相手への好印象が増えるのは両国に共通だ。じかに国民性や文化に触れ、相互理解が進むのは望ましい姿だ。

韓国が自国開催の国際観艦式において海上自衛隊が自衛艦旗である旭日旗の掲揚を自粛するよう求め、日本は参加見送りを決めた。韓国では旧日本軍が使用した旭日旗を日本による植民地支配の象徴とみる人が多い。

民心から生まれたと自負する文在寅政権は世論に影響を受けやすい。従軍慰安婦問題や元徴用工の損害賠償請求訴訟を含め、文政権の言動には受け入れがたい部分がいくつもあるが、日韓関係全般への波及は避けなければならない。歴史の溝を少しでも埋めるため共通の利益を広げるべきだ。

失業率が高い韓国の若者の日本での就職支援はそのひとつだ。外務省が設けた有識者会合は、日韓のプロ野球球団による「アジアリーグ」創設や、映画・ドラマの日韓合作などを提言した。国家間の確執を乗りこえるには、重層的な関係を築く必要があろう。

米朝交渉が進展すれば、非核化プロセスや安全保障体制づくりで日韓の連携が欠かせない。保護貿易に突き進む米国や、中国の台頭に対抗するうえでも、協力できる余地はいろいろある。

「両国国民の幅広い参加と不断の努力により、さらに高次元のものに発展させる」。20年前の宣言はこう結び、両国民に共同作業を呼びかけた。歴史問題の出口がみえないなかで、信頼関係の地道な積み重ねが重要となる。←引用終わり




その朝日的「リベラル」姿勢(相互理解へ譲歩を)が、南韓の限りない増長を招き、今日に至る混乱を形成した要因ではないか?
それに新聞人は、度過ぎた南韓のダダゴネが始まると、その度毎に「溝を埋める努力を」と、日本が譲る事に軸足を置く主張を重ねてきた。


「自由」の無い国は息が詰まる。
「責任」の無い国は秩序が無い。
「伝統や文化」を大切に保持しない国は芯が無く妬みだけがあり誇りも無い。
勇ましく口汚く喧しく騒ぎ立て相手を罵倒し、自己満足に浸る国は惨めな事だ。


今回も、ほぼ同じで、冷静に指摘(主張)しているが、南韓に反省を求め姿勢転換を迫り求めるワケでは無い。
国民国家の主権者に対する侮辱とも言える「社説」は非常に残念だ。

| | コメント (0)

2018/10/08

北朝鮮を相手にする交渉は、辛抱強く脅し賺し且つ実証検分を繰り返す事だ!

北朝鮮は、コジキだが容易な相手ではない。



まず、核とミサイルを全放棄させる事だ!
次に、宣戦布告せずに引き起こした「朝鮮戦争」の責任追及だ!
その確認がない以上、朝鮮戦争の終戦宣言などあり得ない。


北も南韓と同じく、都合よく自分勝手な解釈を他のチカラを用い、世界に向けて拡げる思考の持ち主だから、騙され乗せられてはイケナイ。
この点で、米国の現在の交渉力に期待するが、それを束ねる花札爺は情緒不安定で一抹の不安を拭いきれず。


米国は、国際社会の期待を裏切らず、北朝鮮を幕引きさせる事ができるか?
世界は注目している。米国が威信を賭けるのだから。


引用開始→ 金正恩氏、米朝首脳再会談へ意欲
「必ず大きな前進が実現」
(2018/10/8 09:56 一般社団法人共同通信社)

  https://this.kiji.is/421798473434809441?c=39546741839462401

【北京共同】北朝鮮の朝鮮中央通信は8日、金正恩朝鮮労働党委員長が7日、訪朝したポンペオ米国務長官と非核化などを巡り協議したと報じた。金正恩氏とトランプ米大統領の再会談へ向けた実務協議の早期開催で合意、金正恩氏が再会談を機に「必ず大きな前進が実現するとの意志と確信」を表明したと伝えた。

米国務省のナウアート報道官は7日、同日の協議で第2回米朝首脳会談の「場所や日時の選択肢を絞った」と言明。金正恩氏が、豊渓里にある核実験場の廃棄措置を確認するための査察官を現場に招待したと明らかにした。←引用終わり

| | コメント (0)

2018/10/07

米国は「NAFTA(北米自由貿易協定)」に踏み止まり 日本はメキシコ生産の見直しと「物品貿易協定(TAG)」交渉を選択!

少し前のニュースで恐縮すが、北米自由貿易協定「NAFTA」の改定交渉が妥結したと!

トランプの米国も世界の自由貿易協定を推進した「NAFTA」を破棄せず踏み止まり面目を保ったと言える。


  https://jp.reuters.com/article/trade-nafta-trump-idJPKCN1MB3GO


トランプ大統領は、これで米国の雇用を数十万人規模で支える事ができると満面の笑みを浮かべたとか。
しかしながら、それはトランプ在任中(あと2~6年)の対処療法にはなるが、長期的に米国社会が必要とする基幹部分の基礎的競争力を取り返したとは言えないのが悲しい処だ。


中間の労働層に適切で安定した労働機会を提供するためにも、耐久消費財の開発・生産を支え得る中間労働人材を創り出さないと、ラストベルトを再興する事は無理だろ。


最先端の科学研究と人材輩出は、東海岸と西海岸で世界をリードし、それらを欲しがる中国からコピー人材などを送り込まれながらも争っているが、五大湖から西は完全な「ラストベルト」で、この地域の再生再興こそが世界に冠たる偉大な米国を取り返すキーポイントだ。
最近は、南部の「サンベルト」も怪しくなってきているため、西海岸の「シリコンバレー」だけでは米国の焦りは大きい。
第一、シリコンバレーは米国であって米国ではないとも言えるし。


例えば、日本の自動車産業は、メキシコ生産の一部を米国生産(ラストベルト)に切り替える投資が求められるだろう。
しかし、同時に米国は、産業を支える基礎的な技術者教育を為すべきと考える。
トランプ大統領が掲げる米国の安定と繁栄を支えるのは中間層労働人材そのものなのだから。


そして日本に対し、二国間貿易協定を求めているが、日本は多国間自由貿易を堅守する立場から、例えば「TPP」への米国の復帰を呼びかけ続ける原則を崩さない。


しかしながら焦眉のテーマとなった、例えば「NAFTA」で関係3カ国が合意した内容から、米国とは「自動車交渉」や「部品交渉」で臨む事を表明し、双方が「共通の利益」を維持できる事を念頭に掲げ、「物品貿易交渉(TAG)」を提起している。


日本国内の無能なメディアと万年野党は、それは米国の要求する二国間自由貿易協定に直結し、トランプが掲げる「農産品の自由化」に舵を切るものだと、小児病的な反発を示している。
情けないネ! 貿易政策や国際経済政策全般を俯瞰的に基礎から学び直して貰いたい。

| | コメント (0)

2018/10/06

来年(2019年)度 設置開設が認可された専門職大学・大学院は1大学でした!

専門職大学と専門職大学院の2019年4月設置開設は、17大学・大学院が申請し、大学設置基準審議会の審査を経て認可されたのは1大学のみでした。



後期の講義も始まりました。
学習と研究について端的な例を記述します。


学部教育での学習:教員は参考書籍を含め例証を上げ解説もしてくれます。
修士過程での研究:例を先行研究も含め検証し助言を得ながら論として纏めます。
博士過程での研究:自ら研究テーマを設定し、先行研究も含め仮説(試論)を立て、様々なデータを採り上げ検証し、仮説を論証します。


専門職を教育し研究を深め、優位な人材の形成を側面から取り組むと言っても、ナンでも良いワケではありません。
少なくとも、基本の教育研究体系が整理され、その上で「教員組織」が形成され、それを支える教育職員と事務職員が組織され、確かな財政計画があり、その収入の根拠となる「授業料・手数料」が、完成年度を得るまでの裏付けを含む計画が示され、尚且つ第三者による公平公正で透明な検証が可能である事。
それに尽きます。
また、完成年度以降は「大学評価基準協会」による評価に耐える事が求められます。(これは規制ではなく品質保証です)


昨年は、加計学園を巡る「是非」の混乱で、正常な議論ができませんでした。
「品質保証」など不要だとの意見が大勢を占めるなら、自由にすれば善いのでしょうが、年月の経過と共に、その成果に対し批判が生じる事でしょう。
社会の完成度が高く安定していれば、規制と自由な評価の関係について、高く安定するともいえます。

| | コメント (0)

2018/10/05

新鋭潜水艦「おうりゅう」が 2018年10月4日進水!

そうりゅう型
新鋭潜水艦「おうりゅう」が進水式。

20181004

リチウム電池(新開発)で長時間無音(音を外部に漏らさず)潜水を可能にしたと!
いわゆるディーゼルエンジン搭載の潜水艦としては比類なしと言われるらしい。


  https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36108410U8A001C1X12000/



「ノーベル賞」もそうですが、やはり基礎技術の開発と蓄積が次を繋ぐわけです。
ヒトも国も同じで基礎的蓄積や素養がないと他者の資産を盗む意外に方法は無いワケで、それを組み合わせ外形だけを保つ中韓のような方法を採るのもありますが、精度を高めた完成品としては続かないですね。


頑張れ「三菱重工」神戸造船所!!!

| | コメント (0)

2018/10/04

間抜けの頂点は大阪府警富田林署かと思えば、高知県警須崎署も見事にチャンピオンを競うねぇ!

トンダ話だ、アハハ~、トホホ~の高知県警!
大阪府警もトンダ間抜けなら、高知県警も現場は負けてはいない!



大阪府警富田林警察署から逃走中の、高知県警の警察官は「樋田淳也」を職務質問しながら、身柄を押さえなかった。
基本的に警察官の職務能力は全体的に「低下」の一途ではないか!?
職務質問の基本は、①御名前は? ②ご住所は? ③ご職業は? ④免許証か健康保険証か何か証明するモノはお持ちですか? ⑤自転車を拝見してよいですか? ⑥何処から来て、何処へ行く予定か? これだけは、最低の確認事項だろう。


それを怠る警察官って、ナンの為に制服着て、地域パトロールだなどと嘯いているのか?
アホだろ! 樋田淳也は「ナンとチョロいものだ!?」と笑い転げたのじゃないか!


市民に親しみやすく愛される警察官を目指した結果、市民の死民を増やす結果になっていないかと市場の志民は考えますが。
感想を記せば、こんな愚鈍なツラ構えで怪しさ満点のヤロウを職質して、身元照会もせず、所持品検査もせず、自転車の登録紹介もせず、ムザムザと逃したのだから、基本動作も構えも全くできていない。


機動隊の出動服を着ないなら、暴対以外の警察官なんて、ナンともチョロいモノで「威圧感」すらないなら、悪人には「犯罪なんてやりたい放題」じゃないのか?


「警察官ヒトによれば軽率官」だと思うが、そうじゃないの?
その疑問が確証に変わる日が遠い事を期待しますが・・・・・




| | コメント (0)

2018/10/03

嗚呼! アベシンドは食傷気味も気にせず 4度目のアベカワモチ本舗の閣僚を決める! 来夏までの布陣ですな

今日(10/03)最大のネタは、昨日発足した第4次改安倍造内閣でしょうね!


  20181002
手堅く信頼できる仲間を留任させ、少し困難なテーマを抱える省庁には安全運転を任せられる半ば玄人を登用し、後は待望組を在庫一掃にしたとも言える。どうせ、来夏に参議院選挙が終わると改造内閣という運びになるワケで、ほぼ大臣と副大臣および政務官に登用すれば、2回で70人~100人は内閣の一員に加えられるワケで、呆気が肩で風切って歩き、思わぬ処で罠に嵌まり失言を招くのだろうなぁ。


お手を拝借が、お手を煩わせになりそうなのも居るよね。
そうそう、
ブルドッグ二階への論功行賞はスゴイね、これまでクズばかりを閣僚に押し付け、失言連発だったにも関わらず、利権を守りたいと、火事太りの丸儲けですなぁ!
片山さつき姐ェさん、いつ失言方言で転ぶかなぁ~、見ものではありますね。


岸田・宏知会にも、それなりに配慮してますねぇ。
イシバカ一派への報復と、取組テーマを考え一本釣りは、それなりですがネ。


大切なお友達へのお詫びと親愛の情を表し、
アベカワモチ、アベシンドとしては、やっと岩屋氏に報いたんだねぇ。
それも防衛大臣って、結構オイシイけれど安全運転が必要で、信頼できる同志としての登用だよね。
お友達を大切にする姿勢、ホント能く分かるワ!


内閣じゃ無いけど、網タイツオバハンも筆頭副幹事長で、アワワ踊りの再現か?


どこかから、在庫一掃で「閉店セール内閣」って、
揶揄されてますが、言ったヤロウはパカポンだけど、まぁ言い得て妙ですねぇ。

| | コメント (0)

2018/10/02

嗚呼! 沖縄知事選挙は玉城デニーに オォォ~アベカワモチはアベシンド!

厳しいものの勝てると臨んだ「沖縄県知事選挙」ですが、
沖縄県知事選挙の開票が進み、玉城デニーが当選!



火中の栗を拾い勝ったワケか!? それは「天津甘栗」だろうかねぇ!
ブタも煽てりゃ木に登る。リベ珍は頭角を磨き光らせ倒閣を叫ぶか!?


ウチナーの主張に凱歌が上がり、保守ウヨクはうようよ追い込まれるか?
またまた「政権」は、追い落とされ叩きのめされたとも言える。
序盤から中盤を眺め、調査数値が示すのは、チィ~と深刻であろうかと思いつつ眺めておりました。


一貫して、
沖縄が引き受けさせられている米軍基地を本土でも分散引き受けして貰いたい!
この主張だけなのです!
それにはミギもヒダリもないのです。
それを理解しようともせず、犠牲ばかり強いてきたワケで、堪忍袋の緒が切れた状態ですね。
多額の「振興予算」を付けているじゃないかと、無知な層は簡単に言い主張しますが、沖縄の側から主張を返すと「それなら要らないから、全ての基地を撤去して貰いたいし、日本から離脱し『琉球共和国』として、1600年頃に戻し独立する」からとの主張になるワケです。中継貿易国と観光立国して成立しますから。
日本はミギもヒダリも関係なく、一人ひとり全員が真剣に考えるべき事なのです。


ヤマトンチュは、ウチナンチュが抱え込む
「ウチナーの基本的な心情や思考」を、殆ど理解していない選挙戦だったとも言える。
ヤマトンチュのメディア・マズゴミは、ヒダリのリベ珍も、ミギの保守ウヨも、展開する持論は、その多くがウチナーの思考と殆ど噛み合っていなかった。
端的に言えば、政府を上げて陣頭指揮した管義偉官房長官の思考は惨めな2連敗じゃないか。
自民党は、ブルドッグ二階が繰り出した選挙戦術の手法(自民党の思考体質)そのものを、真っ向から拒否され否定されたとも言える。
「沖縄」の思考本質は、中央の政治権力に対し「面従腹背」なのだ。


だからというか、ゆえに都市部を含む「沖縄・本島」では、自民党は一貫して選挙に勝てないワケだ。


出口調査で、
保守票の2割が玉城へ投票した!
支持政党ナシの無党派層(40%)の7割は玉城へ投票した。
これで、30万票対38万票に至った。
無党派は、全国でもほぼ40%存在し、比率の上では第1党だ。
自・公の支持層を足して約40%で全国分布もほぼ同じ。
自・公の2割6%が玉城へ流れたワケで、この事態は深刻な事だ。
沖縄は社民と近い地場政党の社会大衆党が根強い支持を保持する。
また沖縄人民党(瀬長亀治郎)の流れを汲む共産党は本土より根強い。
概括的には、
単純に30万Vs28万(無党派)+6万(溢れ票)+4万(組織票)という分布になった。
これは来春の統一地方選挙や来夏の参議院通常選挙での他山の石とすべき極めて重要な特筆事項でもある。(詳細分析表記は省略)


基本的に「忠孝」重視という事、基本的に「論理性」より「情緒性」に軸足をおく「感性」が最優先なのだから。
お近くに同じような思考体系の人達が蝟集する国もありますよね。
沖縄というか琉球として捉え返す事から始めた方がよいだろうと考えます。


Paスケが孕み落としたハイブリッドの口先オトコが、国会(衆議院)議員にもなれたし、知事にも選出されたのだから、日本は素晴らしい国ですよ。

| | コメント (0)

2018/10/01

アハハ~の大阪府警! 富田林警察署から逃げ出した樋田淳也が山口は周南市の道の駅で万引き犯として捕またってか!

大阪府警富田林警察署から逃亡し48日で、樋田淳也が、ナンと山口県は周南市でお縄になったと!
(柳井警察署長もビックラ・ギョウテン!)



大阪府警は、1日3000人延べ10万人以上の警察官を日夜総動員で、大阪府内を捜索したと懸命に述べ立て、200万円の懸賞金をつけもしたが、コイツは、万引きでバレあっさり「お縄」になったとか。


アホだろ! この場合は樋田淳也もだが、大阪府警だわ!
トンダ事をしでかした、マヌケの権化の富田林署長は5階級降格だ巡査から遣り直せ、ホラ吹いて詫びるのか!?
大阪府警広田耕一本部長は警察庁へお引き取り願ってですね、3階級ほど降格処分が相当でしょうな!


ヤッパ、ケェ~サツの裏も表も見事にドブだったワケだw


JRA場外馬券場へ指名手配コピー用紙貼り付けは、全く、役立ちませんでしたなぁ~! 手配されてるヤツが場外へ「馬券」買いに来るか?
トンダ事でしたが、富田林警察署長は5階級降格だ!


TVドラマですが、そういやぁ、FBIは逃亡犯の医師リチャードキンブルを捕まえたのかなぁ!?


ナニかとイロイロとお噂の絶えない大阪府警も・・・・・
最初の頃に「逃亡犯が『淡路島』で発見されたら、大阪府警は面子丸潰れですね」とコメント付けされた方がありました。
淡路島どころか、四国へも渡り今治から「しまなみ海道」を使い尾道、そして山口・周南市(元の徳山)まで行っていたワケですから、警察の想像力なんて広域化には対応できていませんね。
「警察は社会の不安を造り、皆様の安全を破壊します」とする方がよいでしょうね。

| | コメント (0)

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »