« 政府は今日「明治維新150年」記念(月暦:1868年9月8日=明治政府成立日)の集会を開くそうだが! | トップページ | メールへの返事対応をみると、仕事がデキル人物かどうか直ぐに分かる!? »

2018/10/24

自称ジャァ~ナリストの安田純平がカタール政府に(カネで)保護されたらしい!

昨日の10月22日は「どうでもニュース」が飛び交う多忙な日だった!


  https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36841340T21C18A0000000/


自称ジャァ~ナリスと安田純平を名乗る囚われた「家畜と同じく取引き材料」が釈放されたとか!?
砂漠の遊牧民は「家畜も人も『換金』手段」でしかない。
利用価値(換金不可)ナシと分かれば、砂漠でもオアシスでも平気で捨てる。
しかし、この場合は保護したカタール政府が、幾ばくかの「カネ」を立替払っている事だろう。
後日、日本政府は「政策支援」の「援助金」「協力金」で謝意を表し支払うのだ。
売られ、物々交換されながら、湾岸のカタールまで引かれて来たのだ!
カタール政府も、対日で貸しができるし、カネになるから保護したのだろうヨ。

以前、南アジアの某国で日本人駐在員との交流雑談会の席で耳にした事だけど、
日本で知り合った男と結婚(3人目の妻だとか)し、男に従き従い渡航した女性が、生活環境に馴染めず発狂したそうで、すると「全裸に剥いて簀巻きにして日本国旅券を首から吊り下げ」て、南アジアの某国某都市駐在日本国総領事館の門扉の前に棄て去ったそうだ。


その時に、イスラム社会の家族観というか、飼い主としての主人と一族の関係、そして人も家畜も「取引」の材料に過ぎない事を教えられ理解した。


以前「IS」の仕業を、埒外の感性や価値観で激しく批判していたが、彼らは伝統的な砂漠の民としての生き方を実践したに過ぎない。


安田純平は「飛んで灯に入る夏の虫」だったワケで。
取引し「カネ」に換えるための「家畜」に過ぎなかったのだ!
そこには、日本人も、米国人も、欧州人も、中国人も、韓国人もないのだ。
カネにさえ換われば、それで善いのだ!

|

« 政府は今日「明治維新150年」記念(月暦:1868年9月8日=明治政府成立日)の集会を開くそうだが! | トップページ | メールへの返事対応をみると、仕事がデキル人物かどうか直ぐに分かる!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 政府は今日「明治維新150年」記念(月暦:1868年9月8日=明治政府成立日)の集会を開くそうだが! | トップページ | メールへの返事対応をみると、仕事がデキル人物かどうか直ぐに分かる!? »