« カルロス・ゴーンなんて所詮はゼニカネに汚いアラブの守銭奴「レバノン人」のブタで 乞食野郎に過ぎないんだヨ! | トップページ | 寅の文在を担ぎ騒ぐ「バッカン国」は統治能力を欠き政治が機能しない。朝ましい限りで締め上げ統治の金正恩は正しいのかも知れぬ! »

2018/11/21

英国のEU離脱「行きはヨイヨイ 帰りはコワイ」 日本も「他山の石」として冷静に考えよう!?

Brexitについて保守党のEU離脱反対派はメイ党首(首相)を解任しようと抵抗中らしいが。

Photo

Photo_2

外電をよく読みながら状況を分析的に考えると、強硬にEU離脱に反対している保守党の議員は、どうやらプロテスタントの「北アイルランド(NI)」選出の議員らしい。
理由は、カトリックの「アイルランド共和国」がEUの一員として残るワケで、地続きで500Kmの国境を接するプロテスタントの「北アイルランド(NI)」は、UKとして一体的にEUを離脱するワケで。



近年、カトリックの「アイルランド共和国」はEU域内市場からの直接投資を始め、EU市場を目指す他地域からも直接投資を受け、それに伴う技術移転などを得て、安定した経済成長を維持し一人当たり「GDP」も日本円で700万円程になっている。


UKとしてEUを離脱すれば、経済成長や経済の安定で、プロテスタントの「北アイルランド(NI)」は、百戦百敗だったカトリックの「アイルランド共和国」に負け、仕返しに圧迫されるのではないかと考えているらしい。
これまで「UK=GB&NI」として、常にカトリックの「アイルランド共和国」より上に位置し、豊かさを享受してきたのが打ち負かされる恐怖が現実に迫ってきたというワケだ。
だから「EU離脱は反対」なのだと主張しているらしい。


結局は「喰い方であり、喰わせ方」なのだねぇ!?
国家の理念や哲学なんて、どうでもヨイワケだ。
(これって、お近くの盲腸半島で寝言のタカリ汚伝罠辱「鮮人」とよく似ているワ)


「NI」のプロテスタントも、クロムウェルが引き起こしたカトリック教徒迫害戦争なんて、とっくに忘れてしまっているワケじゃないだろうが。


ナンの事はない。屁にもつかない理由か?
(こう言えば「冒涜している」と非難されるだろうけど)


歴史的事実を省みると「ヒトの弱さ」なんて、そんなモノだろう。
この事実をNYを軸に全米に拡がるアイルランド移民(カトリック)の末裔の人達は、どう考えるだろう!?
その昔「アイルランドが貧しいのは、イギリスのせいだ! 全てはイギリスが悪いのだ!」これは合い言葉であり、聖なるアイリッシュは聖パトリオットと共にIDを表す呪文とも言えた。
いま、カトリックの「アイルランド共和国」は、EUと共に困難を乗り越え自信を付けている。
一方のプロテスタントの「NI」は吾を忘れ慌てふためき算を乱したヒステリックを重ねているように見受ける。


政権を担う保守党のメイ党首(首相)は、頑張って切り抜け闘い勝つ事を見守っているワケです。

|

« カルロス・ゴーンなんて所詮はゼニカネに汚いアラブの守銭奴「レバノン人」のブタで 乞食野郎に過ぎないんだヨ! | トップページ | 寅の文在を担ぎ騒ぐ「バッカン国」は統治能力を欠き政治が機能しない。朝ましい限りで締め上げ統治の金正恩は正しいのかも知れぬ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« カルロス・ゴーンなんて所詮はゼニカネに汚いアラブの守銭奴「レバノン人」のブタで 乞食野郎に過ぎないんだヨ! | トップページ | 寅の文在を担ぎ騒ぐ「バッカン国」は統治能力を欠き政治が機能しない。朝ましい限りで締め上げ統治の金正恩は正しいのかも知れぬ! »