« 盲腸半島で汚伝文字(〇△◇)に興じる罠辱国家「南韓の本音」は日本にタカリ尽くし喰い尽くす事だ! | トップページ | いまの「アベノミクス」で可処分所得(個人が実際に使えるカネ)が伸びるワケないだろ ホントに目を覚ませよ! »

2018/12/06

Brexit UKはEU離脱合意(条約)案の国会審議に入る!

利益を護り保障し合える有効で合理的な「離脱案」だと、
UKもEUも、口頭だが殴り合い蹴り合い罵り合った結果、ギリギリで妥協し合えた「案」で、双方共に再度交渉する事はあり得ないとしている。

しかしUKの国会議員は、離脱推進派も離脱反対派も、いずれの側もこの際自分達の存在感を示そうと、無責任に批判し躍起なのは何処の国も同じか。

現状は、世論の分裂を象徴しているが、国会承認をせず、2019年3月31日の離脱日が訪れ、為し崩し的に「離脱」してしまうと、国境管理や輸出入品での関税扱い、何よりも投資保全などを含め、国境管理を「離脱推進派の合意案反対者」はどう対処する考えで保全措置を採るのか?

いずれにしても辛うじて「土俵際」で、存続を維持している「EU」に巣喰い領道する高い知性を保つ行政官僚という「インテリ・プロレタリアート(=本質的には失業者)」ドモは、足元に迫る「EU崩潰」の現実に直面せざるを得ないだろうが。

もぅEUは、着実に「崩潰」へ向けて足音を高めていると観る。
それを眺めて「崩潰」「呆怪」と心配を装いながら、極東の野次馬は他山の石とすべく眺めている。

UKの離脱で「EU」の崩潰が現実のモノとして、更に明確に見え始めると「極東の島国」もその爆風を浴び直撃されるのだけれど。


引用開始→ 英議会、舌戦に火ぶた=EU離脱合意案が審議入り
(時事通信2018年12月05日08時13分)

【ロンドン時事】英議会下院は4日、先月下旬に正式決定された英国の欧州連合(EU)離脱合意案の承認をめぐる審議を開始した。採決が行われる11日まで計5日間にわたり、賛成・反対両派による国運を懸けた舌戦が繰り広げられる。

合意案には離脱後の英国がEUの関税同盟に実質的に残留する選択肢などが含まれ、国内で反対論が広がっている。現状では否決される公算が大きいが、メイ首相は提案説明で、議会の選択肢は「この合意か、(さもなくばEUとの)合意なしか、離脱なしだ」と強調、支持を訴えた。

一方、最大野党・労働党のコービン党首は「ひどい合意だ。受け入れられない」と対決姿勢を明確化。与党・保守党の強硬離脱派も「これでは事実上(EUの)植民地だ」(ジョンソン前外相)などと批判した。←引用終わり
(JIJI.com 2018/12/05-08:13)

|

« 盲腸半島で汚伝文字(〇△◇)に興じる罠辱国家「南韓の本音」は日本にタカリ尽くし喰い尽くす事だ! | トップページ | いまの「アベノミクス」で可処分所得(個人が実際に使えるカネ)が伸びるワケないだろ ホントに目を覚ませよ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 盲腸半島で汚伝文字(〇△◇)に興じる罠辱国家「南韓の本音」は日本にタカリ尽くし喰い尽くす事だ! | トップページ | いまの「アベノミクス」で可処分所得(個人が実際に使えるカネ)が伸びるワケないだろ ホントに目を覚ませよ! »