« アラブ乞食のレバノン人ブタの「カルロスゴーン」が噴飯物の無罪主張を行った! | トップページ | もの分かりのヨイ人が善意でモノ分かりの悪いヤロウを相手に綺麗事を言っても始まらない! »

2019/01/09

現代社会は渡世人のヤクザもビックリ「縄張り」と「喰い扶持」を求め 面子を賭けた喝上げ競争だ!

民主主義の主権在民が機能するには国民の成熟が必要で、
しかし、それは元来「無理」な相談で無理な事だ。
基本的には、世論が潮流を形成するワケだが、
左右ともメディアが覇を求め、謙虚さを欠き、独裁権力の如く無知を煽り誤道へ追い立てる事は許したくないね。

カルロス・ゴーンは「論理」で勝ち、人としての「倫理」で敗ける。
社会は、何時まで何処まで、こヤツの傲慢を許容するか?
判決を下すのは東京地裁で、煽るメディアと煽られ世論じゃないゾ。
無罪を主張するゴーンの仮説は、立脚点とする論理立てが出発点を含めて間違っている。

ゴーンの便迷やら、禁正恩と臭禁屁の出会いを観ると、
個人の欲も、半グレとかヤクザや暴力団の縄張り争いも国家間の戦争も、本質は同じだ!
喰うための面子をどうするかでしかなく、その強欲は止まる処を知らず。
身の程を考えずだ!

領土という縄張りと喰い扶持の維持をどう図るか、
喝上げするために、どうインネンづけするかでしかないよね。

|

« アラブ乞食のレバノン人ブタの「カルロスゴーン」が噴飯物の無罪主張を行った! | トップページ | もの分かりのヨイ人が善意でモノ分かりの悪いヤロウを相手に綺麗事を言っても始まらない! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アラブ乞食のレバノン人ブタの「カルロスゴーン」が噴飯物の無罪主張を行った! | トップページ | もの分かりのヨイ人が善意でモノ分かりの悪いヤロウを相手に綺麗事を言っても始まらない! »