« 日本は馬鹿ン酷こと南韓に話合えば分かるとの期待を込め一貫して甘く観てきた! | トップページ | ゴーンは、保釈されたいなら保釈金を「100億円」現金で揃えやがれ! »

2019/01/12

往生際の悪いカルロス・ゴーンは「東京地裁」へ起訴された! 保釈されるかに焦点が移る!

東京地検特捜部は「有価証券報告書不実記載」と「特別背任」でゴーンと起訴した。
これで連休明けの15日に、東京地裁は保釈するか否かを判断するという。
まず、保釈の可能性があるのは、証拠隠滅を画策し実行せず、何よりも国外へ逃亡しない事が基本条件になる、
① 日本(東京近辺=一都三県)に止まる事を条件にするだろう。
*ところが、ゴーンはフランスへの帰国を求めているらしい。
*また、元麻布のマンションは日産から退去を求められ(文書通知が弁護士の下へ送付)ているため、新たな住まいの確保が必要(実際は住所不定になる)になる。
② 保釈金の納付が必要で、一説によると「30億円」と言われているため、納付に手間と時間が必要だ。
*カネは腐るほどあるから、然程の心配は無用だ。
 保釈金は「100億円」でもよい。

新たなカネの流れが漏れ出している。
特徴は、世界でも最も不透明な「アラブ社会」を経由している点にある。サウジやオマーンなどは銀行があって銀行がない。国家(政府)があって国家(政府)がないワケで、裁判所などは金持ちや王族の鶴の一声でどうにでもなる。
この地域でビジネス実態がないにも関わらずカネを支出し、手間をかけて還流させ懐に収めている。
契約書もなければ、報告書もなく、合意文書もなく、請求書は架空で偽造だというし、口裏合わせなどいくらでも可能だ。

「正々堂々」ではない!
「お天道様に顔向けできない」などと、アラブ乞食のレバノン人は考えもしない。だから亡国のダニと口汚く非難されるのだ。
極め付けの「卑怯者」であり、フランスの名を語るダニである。

カルロス・ゴーンの脱法節税を「全ルノー労組」が激しく批判!
公共心に欠け「容認できない」と声明したとか。黄色いベストも、もっとヤレ!

ヒトとして普通の思考能力や倫理観を持つ者なら、誰が見ても、どう考えても「卑怯」なクズ野郎だと分かるだろう。こんな人物を稀代の英雄と持ち上げるレバノン人は、そもそも国(政府)も含め腐っているワケだ。

カルロス・ゴーンは天下無双の「卑怯者」である!
堀江貴文や村上世彰を認めず激しく罵倒するのは、コイツらは何よりも極悪人の「卑怯者」だからである。
それに比類するか、それ以上の「卑怯者」がカルロス・ゴーンで、これまで散々人を踏み付けてきたのだから、踏み付けられても当然の報いだろう!

1日も早く「断頭台」の露と消えてもヨイのである!
盛大な打ち上げ花火を準備し、その日を待ち続けている!

|

« 日本は馬鹿ン酷こと南韓に話合えば分かるとの期待を込め一貫して甘く観てきた! | トップページ | ゴーンは、保釈されたいなら保釈金を「100億円」現金で揃えやがれ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本は馬鹿ン酷こと南韓に話合えば分かるとの期待を込め一貫して甘く観てきた! | トップページ | ゴーンは、保釈されたいなら保釈金を「100億円」現金で揃えやがれ! »