« 盲腸半島に転がっている汚伝文字(〇△◇)罠辱は日本への巨大コンプレックスに支配され、生きるエネルギーを「反日」主張の繰り返しに求めるワケだ! | トップページ | 「高校野球」は朝日と毎日が拡販利益を得るために建前で「教育」を主張するが「有料サーカス」に過ぎない!? »

2019/02/20

トランプ大統領は何が何でも、朝鮮半島から米軍の「名誉ある撤退」を実現させる決意だ!

記憶と記録のために、米国の有力議員が「韓国の文在寅」を厳しく批判していると、小森義久氏が署名記事で報じている。

それで米国の外交政策が大きく変わるとは思わないし、トランプ大統領の方針が揺らぐとは思えない。
基本的にトランプ大統領は、朝鮮半島から手を退きたいワケで、それは直裁的に触れてはいないが大統領選挙の公約に掲げた事だ。もぅ関わりたくないのだ!
そのために「名誉ある撤退」を得ようと懸命なのだ。
(日本人の殆どは「朝鮮半島蔑視から」全く理解していない)

現在は、名誉ある撤退を得る事に向けた外交交渉(妥協交渉)という落とし処を探り合う「談合」なのだ。
その過程で「韓国が混乱」する事は織り込み済みだろうし、多少の事なら目を瞑るだろう。
その点を馬鹿ン酷は寅の文在も、北側の朝馬鹿豚も十分に把握し承知しているから大胆なのだ。そのように観るべきだ!

日本人も、米国の知識層市民も、自らの経験や学習範囲でしか「モノ事」を捉えないし、有効な思考方法を持たないために、自らの尺度だけに拘り、希望的に測ろうとするから、拡がらず発展も得られず手痛い失敗を期すのだ。

最早、米国が朝鮮半島から撤退する事は「既定の事実」であり、それを覆す事などあり得ない。それを覆しうると観る凡庸なままワシントン政界の取材に浸かり過ぎた小森義久氏の限界なのだ。
(その意味で全文記録しておく)


引用開始→ 韓国をなんとかしろ!米国有力議員が国務長官に直訴
トランプ政権の取り組みを阻害し続ける文在寅政権

(Japam Business Press 2019.2.20<水> 古森 義久:産経新聞ワシントン駐在客員特派員、麗澤大学特別教授)

「韓国の文在寅大統領は、北朝鮮の非核化を目指す米国の取り組みを妨げており、米国の法律に違反している疑いさえある」──こんな重大な非難が、米国上院の超党派有力議員2人から表明された。文政権への不信や不満が米国議会にも満ちてきたことの例証として注目される。

 米国上院外交委員会の民主党筆頭メンバーであるロバート・メネンデス議員と、共和党有力メンバーのテッド・クルーズ議員は2月11日、連名でトランプ政権のマイク・ポンペオ国務長官に書簡を送った。2人はそのなかで、文在寅大統領の北朝鮮に関する最近の言動を厳しく非難し、トランプ政権として抗議することを要求していた。

 この書簡の内容は、2月15日付のワシントン・ポストの報道などで明らかにされた。ワシントン・ポストの外交コラムニスト、ジョシュ・ロギン記者は、メネンデス、クルーズ両議員から直接得た情報を基に記事を執筆し、米国議会で文在寅大統領を批判する声が高まっている状況を伝えた。

「断固たる意思」を文政権に示せ
 ロギン記者の記事によると、メネンデス、クルーズ両議員がポンペオ国務長官に送った書簡の骨子は以下のとおりである。

・北朝鮮が本格的な非核化に着手する前に、韓国の文在寅大統領は金正恩政権に経済的な利益を与えている。この一方的な譲歩に対して米国議会では超党派の広範な懸念が広まっている。文政権に対して圧力をかけて、この種の動きを止めさせるよう、ポンペオ国務長官に求める。

・2回目の米朝首脳会談が近づいた今、文政権が北朝鮮への圧力を弱めることは、トランプ政権が誓約した「CVID」(完全、検証可能、不可逆的な非核化)の実現を阻害し、米国政府を過去の歴代政権が冒してきた先の見えない不毛な交渉へと引き込むことになる。

・文政権は、北朝鮮領内での南北合同の工業施設の再開や、南北共同の鉄道の建設、欧州連合(EU)や他の国際的な北朝鮮に対する制裁の解除を目指す言動をとってきた。この種の動きはすべて、北朝鮮に完全な非核化を実行しないで済む動機を与え、米韓同盟を離反させることにつながる。

・北朝鮮に対する現在の経済制裁は、国連安保理の一連の決議と米国の法律に基づいて実施されている。韓国の金在寅大統領が独自の措置をとってそれらの制裁の効果を緩めることは、国連や米国の法規に違反する可能性がある。

 このようにメネンデス、クルーズ両上院議員はポンペオ国務長官あての書簡で、このままだと文在寅政権はトランプ政権の「北の非核化」という最終目標の達成を阻むことになるとして、文政権に断固たる意思を示すことをトランプ政権に求めていた。

文政権に向けられるに厳しい視線
 ロギン記者はワシントン・ポストの記事のなかで、文大統領が北朝鮮への融和政策を取る限り、トランプ政権が北朝鮮の完全非核化を達成することは難しくなり、金正恩政権の長年の思惑通り米韓が離反することになる、と警告していた。同時に、米国議会において、文政権に対して厳しい視線を向ける傾向がますます高まったことも指摘していた。

 2回目の米朝首脳会談が近くに迫った段階で、「米国の2人の有力議員による文大統領批判」がこのように詳しく報じられたのは、文政権の北朝鮮との融和がそれだけ米国で深刻な問題とされていることの表れと言えよう。←引用終わり

|

« 盲腸半島に転がっている汚伝文字(〇△◇)罠辱は日本への巨大コンプレックスに支配され、生きるエネルギーを「反日」主張の繰り返しに求めるワケだ! | トップページ | 「高校野球」は朝日と毎日が拡販利益を得るために建前で「教育」を主張するが「有料サーカス」に過ぎない!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 盲腸半島に転がっている汚伝文字(〇△◇)罠辱は日本への巨大コンプレックスに支配され、生きるエネルギーを「反日」主張の繰り返しに求めるワケだ! | トップページ | 「高校野球」は朝日と毎日が拡販利益を得るために建前で「教育」を主張するが「有料サーカス」に過ぎない!? »