« 少し発想を変えてみよう! 少し見方を変えてみよう! 分からなかった事も分かるから! | トップページ | カルロス・ゴーンは断末魔ながらメディアで「日産」と「日本」を糾弾か!? »

2019/02/01

父親の暴行で殺害された小四の少女は誰にも助けられず 「正義」を教える公教育の学校や管理者の教育委員会からも無惨に裏切られた! 言葉がない!

千葉県野田市の教育委員会事務局長や次長は、
腹切ってでも自裁して、父親に殺害された児童に誠意を持って詫びよ!

教育への信頼や、人と人の約束の重みを教える立場にありながら、自ら公然と破り平気な顔で生きてきたのは、実に人間として「卑怯」である。

相手を見てみろ、行政訴訟を起こす能力を持つかどうかくらい分かるだろうが!? 馬鹿か!? 無責任極まりない卑怯者である。自死して詫びよ!
自裁し、詫びて「地獄へ堕ちよ」それでも決着ではない。他市の教育委員会や現場の教員は「他山の石」とし、厳しく自己点検し、自己改革せよ!

当然、一日も早く教育委員会事務局での責任を取り辞職せよ!


引用開始→ アンケート回答、父に渡す=死亡女児「いじめ」訴え-市教委
(時事通信2019年01月31日11時56分)

 千葉県野田市の小学4年、栗原心愛さん(10)が自宅で死亡し、父親の自称会社員勇一郎容疑者(41)が傷害容疑で逮捕された事件で、心愛さんが「父親からいじめられている」と回答したアンケートのコピーを、野田市教育委員会が同容疑者の求めに応じて渡していたことが31日、同市教委への取材で分かった。
児相、引き渡し後に父親と面会せず=女児暴力訴えも-千葉

 野田市教委などによると、心愛さんは2017年11月、当時通っていた同市立小で実施されたいじめに関するアンケートに、父親からのいじめを訴えた。学校は虐待の疑いがあると判断して市に報告。県柏児童相談所が心愛さんを一時保護した。
 同12月末に一時保護を解除した後、心愛さんは両親とは別の親族に預けられた。同容疑者は翌年1月12日に同校を訪問し、「引き離された家族の気持ちが分かるのか」「訴訟を起こす」などと抗議。学校側がアンケートの内容を伝えると、「実物を見せろ」と要求したため、市教委が同15日、同容疑者にアンケートのコピーを手渡したという。←引用終わり
(JIJI.com)



引用開始→ 秘密のSOS、父に筒抜け 専門家「最悪の対応」
(産経新聞2019.1.31 21:36)

 「お父さんにぼう力を受けています。先生、どうにかできませんか」。千葉県野田市立小4年の栗原心愛(みあ)さん(10)が、平成29年11月の学校アンケートで発した秘密のSOSは、暴力の相手だと訴えた父、勇一郎容疑者(41)=傷害容疑で逮捕=に筒抜けになっていた。子供を守るべき立場にありながら、威圧的な態度で迫る父の言いなりになった形の市教委に、専門家から疑問の声が上がる。

 NPO法人「児童虐待防止協会」の津崎哲郎理事長は、市教委がアンケートのコピーを渡した行為について「被害を訴えているのに、加害者本人に見せるなんてあってはならない。子供はまた被害を受けても、学校が親に伝えて悪化することを恐れ、誰にSOSを出せばいいのか分からなくなる」と指摘する。←引用終わり

|

« 少し発想を変えてみよう! 少し見方を変えてみよう! 分からなかった事も分かるから! | トップページ | カルロス・ゴーンは断末魔ながらメディアで「日産」と「日本」を糾弾か!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 少し発想を変えてみよう! 少し見方を変えてみよう! 分からなかった事も分かるから! | トップページ | カルロス・ゴーンは断末魔ながらメディアで「日産」と「日本」を糾弾か!? »