« 「カルロス・ゴーン」は一歩前へ! 遅れた植民地主義者として断罪を受け遠慮は要らぬ「断頭台」の朝露として消えよ! | トップページ | セブン&アイが、セブン・イレブンを巡り 何かと騒々しい限りだ! »

2019/04/06

「JAXA」と「はやぶさ2」の偉業を讃えたい! 小さくてもきらりと光り輝く日本の技術は素晴らし!

((「はやぶさ2」は最高に凄い技を連発していますが、@nifty のブログサービスは、いま現在最低を更新中のようです!))


スゴイぞ「JAXA」 日本の宇宙研究と開発技術は素晴らしい!


金属弾、小惑星に「命中」世界初 はやぶさ2
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO43387330V00C19A4000000/?fbclid=IwAR1NY0HExQrwC9FCCVTirU1nhvNe4mPpNmPR8t8D8iogYuomzPrAErn5BSI


「はやぶさ2」が、小惑星「りゅうぐう」を研究するために課したミッションを次々にクリアし成功させ続けている。
僅かな智慧と小さな努力の積み上げが、技術の発展を刺激し、新たな技術を生み出し、それを統合して発展させる事により「偉大な成果」を産み出したワケだ。


以前は「大」が驚かれ評価され続けた。
しかしながら「大」も微細な部品や極小な部品を統合し合う事で一つの道具として役割を与えられ、それらが期待された役割を熟す事で、次の挑戦やミッションに繋がっていく。
故・糸川英夫先生の「ペンシルロケット」から半世紀以上の歳月をかけ、智慧と技術を磨き「はやぶさ」は「いとかわ」でのミッションを終え帰還した。
そして「はやぶさ2」が「りゅうぐう」での難しいミッションに挑み、これを果たした。ナンと素晴らしい事か!


故・糸川英夫先生が日本の宇宙開発を諦めず引っ張ってこられた。
日本が誇るWWⅡの1式戦闘機「隼」は、糸川英夫先生の手による設計だから、
日本のミッションを担う衛星は「はやぶさ」でなければならないのだ!


「バナナ蓮呆」が無責任にも「JAXA」の解体を密かに進めようとした事への回答が、今日のこのニュースであり、国賊売国奴を放逐するための研究を民間は取り組むべきと考える。


<<今日の「投稿」結果は、どのように表らわされるか分かりませんが、取り敢えず 日々更新 を維持するためにも>>

|

« 「カルロス・ゴーン」は一歩前へ! 遅れた植民地主義者として断罪を受け遠慮は要らぬ「断頭台」の朝露として消えよ! | トップページ | セブン&アイが、セブン・イレブンを巡り 何かと騒々しい限りだ! »