« 大相撲夏場所千穐楽 幕内優勝の「朝乃山」へ天皇賜杯、内閣総理大臣杯に次いでアメリカ合衆国大統領杯をトランプ大統領が自ら授与! | トップページ | 日産は、世界戦略を見直す時だ! »

2019/05/28

アメリカ合衆国トランプ大統領の国賓訪問は、日米の友好親善と堅い信頼に基づく「日米同盟」の揺るぎない強さを世界に如何なく示し得た!

アメリカ合衆国トランプ大統領は5/26夕方、大相撲千穐楽観戦と、
「大統領賜杯」の直接授与。素晴らしい「日米友好の証」を示しました!


国歌「君が代」の起立斉唱、天皇賜杯、内閣総理大臣賜杯、アメリカ合衆国大統領賜杯と続き、この上位賞の授与終了と共に国技館を後に・・・・・・・


全てが「日米の友好」と「日米同盟」の堅固さを世界に見せるセレモニーは淡々粛々と進み深め合った。


「ナンの意味があるのか?」という穿った見方は悉く粉砕されよ!
令和の幕開けに、国賓として訪日し、相互に国を讃え、天皇陛下表敬を明日に控え、日本の華やかな社会文化の最高峰に位置し、なお且つ世界に幅広く開かれた「日本の国技」を友好国の大統領が讃える事の重要さ重大さを理解できない、国内外の愚か者を相手にする必要はない。


トランプ大統領の表彰状授与に伴う最後の言葉は「Thank you」だった。
そして優勝力士「朝乃山」に、大統領自らが手を取り握手し讃えた。
国技館は万雷の拍手に包まれ、トランプ大統領に熱く応えた!


トランプ大統領は、
5/27午前、皇居に天皇皇后両陛下を表敬訪問:


アメリカ合衆国大統領として、
日本国へ国賓訪問したトランプ大統領の主たる公式行事が粛々と進む。


5/27は、皇居での栄誉礼、日米首脳会談、北朝鮮による拉致被害者家族との面談、夕方に共同記者会見、夜半に宮中晩餐会、公式行事を続け。


この度の国賓訪日で日米の結束には緩みがない事を、改めて国際社会へ十分に示した!


セレモニー的色彩が強いとはいえ、双方というか両国の誠意と信頼関係は、ほぼ100点満点の100点以上じゃないか。
周辺の悪辣な思惑に対する明確な牽制と止めメッセージになるだろう。


令和の始まりを祝す、アメリカ合衆国トランプ大統領の国賓訪日だった。


セレモニーは淡々粛々と進み、5/28午前に、横須賀で海自の多用途護衛艦「かが」に乗艦し、恙なく最終章を「日米同盟」の堅固さを表徴し飾り、幕が降りる。


4日を通じ理解できた事は、”トランプ大統領は「役者」じゃのぉ!”だった。
それに尽きる。


スポットライトを浴びる場では、役者ぶりを徹底的に演じ、楽しむ事を満喫したものと思える。
反面、政策協議は、自ら描いた独特独自の「フレーム」を崩さず、状況変化など構わずに発言する。
(それも役者を演じると考えるか、老いの一徹と考えるか)
ここの評価を、日米の政策スタッフが、どこまで読み取り具体化するかについて、実に細かい「神経」と「表現」が求められる。


首脳会談としての「役回り」は、シナリオどおりに進め合えた。


しかしながら、夜盗は夜盗だ
場違い(間違い)の「世迷い言」を言い続けてろ!


ナンとも、ホントに小さいねぇ~!


立ち位置の分からない「オバカ」ってのは? こんなクズを相手にしなきゃナランのか?


引用開始→ トランプ大統領来日、野党が「おもてなし」批判
(産経新聞2019.5.27 21:39)

 令和初の国賓として来日中のトランプ米大統領への「おもてなし」をめぐり、野党が政府を批判している。野党にとって見せ場である衆参両院の予算委員会の開催が決まらない中、さらなる埋没は避けたいとの焦燥感が透けてみえる。

 「『選挙が終わるまで黙っていてね』とお願いするために“おもてなし”をしたのかといわれても仕方がない」。共産党の小池晃書記局長は27日の記者会見で、トランプ氏が同日の日米首脳会談で貿易交渉に関し「8月に大きな発表ができる」と表明したことに、こう言及した。政府が夏の参院選への悪影響を避けるべく、米国への「譲歩」を口止めしたのではないかとの見方を示した。

 立憲民主党の枝野幸男代表も25日、記者団に対し、トランプ氏の大相撲観戦を歓迎しつつ、土俵近くの升席に招いたことを非難した。「天覧相撲」でも周囲への配慮から2階席から観戦されていることを挙げ「日本政府が(升席を)提案したのならば陛下に失礼ではないか」と述べた。

 同党の辻元清美国対委員長も22日、記者団に「トランプ氏は観光旅行で日本に来るのか。安倍晋三首相はツアーガイドか」と、ゴルフや大相撲観戦が盛り込まれた日程を皮肉った。

 野党が政府を牽制(けんせい)する背景には、「安倍・トランプ」一色の報道で埋没することへの焦りが見え隠れする。予算委は「国会の花形」とされるが、3月の予算成立後は首相出席で開かれておらず、国民民主党の玉木雄一郎代表は27日の記者会見で「速やかな予算委の開催」を4回にわたり要求した。

 一方、与党からは成果を高く評価する声が相次いだ。自民党の二階俊博幹事長は27日の党役員会で「安倍外交の成功を内外にアピールすることができた」と強調した。「日米のトップ同士の関係が良好であることは大変重要なことだ」とも述べた。

 公明党の斉藤鉄夫幹事長も国会内で記者団に対し「令和になって初めての国賓だ。信頼関係をより一層固める意味で大変有意義な訪日だった」と評価した。ゴルフや大相撲観戦でもてなしたことに対し「外交でなく社交だ」と揶揄(やゆ)する一部の野党の主張には「あまりに了見の狭い反応だ」と批判した。←引用終わり


広く世界を観て見なよ!
日本の立ち位置が分からないから見えないのだよ!
「戦争は反対」で「憲法9条を守れ」って、寝言しか言えない夜盗の本質を示しているよ。
強固な友情や信頼に基づく同盟関係を世界に示す最高の機会にアレコレ小さな事を熱心に探しだし、更に細かなケチを付け批判する。
それで「世界が動く」のか!? 貧弱なヤロウは大旦那には遠いねぇ~!
誰も信頼しないよ、当然だけど誰も尊敬しないよ!
セイゼイ、代々木の電車際で狭い世界を固め威張ってやがれ。そのうちに大掃除されるワ!


日米間の「貿易を巡る争点の解決」は7月の選挙が終わるまで待つ!
それじゃ、まぁ、初秋から秋にかけて着地しようや! って事ですかね。


アンタんとこが先に手を振り上げたワケだから、落とし処を考えなきゃダメですよね。
要は、それを日本が妥協できるかどうかですよね。
日本の落とし処は「TPP」に沿う流れ以外にないですからね。
それなら「TPP」へ復帰し組んだ方が早くないですか?


トランプ大統領、
次は、1ヶ月後に大阪での「G20」でお待ちしていますよ!

|

« 大相撲夏場所千穐楽 幕内優勝の「朝乃山」へ天皇賜杯、内閣総理大臣杯に次いでアメリカ合衆国大統領杯をトランプ大統領が自ら授与! | トップページ | 日産は、世界戦略を見直す時だ! »