« 無原則で無分別な異業種交流会に稀少金属は落ちておらず その多くは「ゴミの山」で ともすれば大怪我の素だ! | トップページ | 明日(5/13)に、汚伝文字(〇△◇)罠辱の無礼者文基相)の特使がヒサンな来日を受け入れるのか!? »

2019/05/11

交通事故の大半は「ヒューマンエラー」で、ほとんど身勝手な「・・・だろう」「・・・はずだ」の「思い込み」が引き起こすのだ!

かつて「交通戦争」と呼ばれ、
年間の犠牲者(死者)が1万7千人に迫った時期があった。


それを克服する過程で、道路交通法が幾度となく強化され、道路運送車両法も改正強化され、制度上やハード面では随分「機能強化」された。


だがしかし、ヒトは殆ど進化していない。
ズルさ、判断ミス、機器依存、責任転嫁、それらは全て「自己責任」の欠如であり、責任放棄だ。
明らかな責任の軽減を裁判で争うという馬鹿げた行為も展開され、その被告を弁護する事で「糊口」を凌ごうとする醜い司法関係者には驚愕で言葉がない。


引用開始→ 春秋
(日本経済新聞2019/5/10付)

高度成長期のころ、クルマはしきりに「走る凶器」と呼ばれた。1959年に年間1万人を超えた交通事故死者はピークの70年に1万6765人に達し、この言葉には実感がこもっていたのだ。世を挙げての「交通戦争」克服キャンペーンが繰り広げられた時代である。

▼警察や行政、自動車メーカーなどの苦労が功を奏し、いま、犠牲者はずいぶん減った。昨年は3532人というから、じつに往時の5分の1だ……などと書くと悲劇が縁遠くなったような錯覚を覚えるが、ものごとは数字だけでは語れない。このところ相次ぐ痛ましい事故の知らせに、胸のふさがる思いの人が多いはずだ。

▼交差点を右折する車両Aと直進してきた車両Bが接触、BはAをよけるために歩道に乗り上げた――。大津市で保育園児らが死傷した惨事は「右直事故」の典型だ。クルマの登場以来、無数に繰り返されてきたパターンだが絶えることはなく、不幸が重なれば今回のような事態となる。交通戦争の昔と何が違うといえよう。

▼ドライバーの基本動作。ガードレールのない歩道。自動ブレーキの必要性。事故はあまたの課題を浮かび上がらせる。この文明の利器が、ときには凶器に変わることを戒めた言葉も思い起こしたいものだ。そしてできる対策から、すぐに手がけなければならない。わずか2歳で逝った子らに報いる、大人たちの務めである。←引用終わり


今日11日から20日まで「全国春の交通安全運動(週間)」だと。
皆さん「何か掛け声」虚しくないですか? それで皆さんの「安全運転意識」高まりますか?


昨日10日もバイクで往復 170Km ほど走行し、長駆一般道を安全運転で美星へ戻るTライナー2台と、予定時刻に無理なく対向しました。


運転には、そのヒトの「人柄」が表れています。
特にトラックの運転を見ると「会社の姿勢」とドライバーの「人柄」が垣間見えます。
良い会社は「無理なく、無理させず」が、運転に表れ、ドライバーの表情も穏やかで優しい人が多いです。


チョッとした切っ掛けで、Tライナーの大型トラックと出会う機会が多く、横を走っても、追走しても、山間の連続ヘアピンでも、見事な運転で惚れ惚れさせられていました。


ある時、某大学の付属病院前の外周道路で停車していたのを見かけ、声をかけたのですが、最初は怪訝な顔をされましたが、基本的な話を交わし少し理解し、親しみが一気に倍加したとも言えます。
定時に走行する大型トラックでは、見事な運転で走行と讃えます。


また重大事故が起きる度に、
マスコミというメディアが押しかけ、関係の被害者へ「執拗」に迫り、悲劇性の拡大に取り組むメディア・スクラムの姿ほど醜いものはない。
ヒトとしてサァイテ~だ。


さすがに「日経の春秋」だけあり、ここでも「ハード面」の強化を主張しているが、あらゆる文明の機器を使い、その「利便を享受」するのはヒトである事の原典を欠いたまま醜い講釈を垂れている。
そこがカネ儲け経済優先新聞の醜さでもあるが。


「ヒューマンエラー」は起きるのだから、それを防ぐ手段を予め講じておくべきとの思考は理解するが、その前に「ヒト」の能力や個々の性格を考える視点がなければ話にならない。


速度違反、暴走、接近、車間距離不保持、酒酔い運転、過積載、疲労運転など、全ては個人の資質や生活態度に原因している事を忘れてはならない。
交通事故の「大半」は,、「思い込み」による一瞬の過失で起きる。
それを招くのは「思い込み」が原因である事を抜きにしても意味がない。

|

« 無原則で無分別な異業種交流会に稀少金属は落ちておらず その多くは「ゴミの山」で ともすれば大怪我の素だ! | トップページ | 明日(5/13)に、汚伝文字(〇△◇)罠辱の無礼者文基相)の特使がヒサンな来日を受け入れるのか!? »