« 日産は、世界戦略を見直す時だ! | トップページ | 「令和」に明け、様々な彩りある出来事が去来した陽暦の皐月五月が幕を閉じようとする末日に思う事: »

2019/05/30

化学薬品みたいなビール擬き「アサヒ スパドラ」が首位にアグラを搔いていると凋落風が吹き始めたとか!? ザマー見ろぃ!

マトモな「感性」と「味覚」を持つ人なら、コカコーラと同じ手法の化学薬品みたいな「スパドラ」を旨いと思うハズがない。
あれを旨い「ビール」だと評する人は、そもそも味覚の基準が狂っているのだ。


宣伝に用いた「喉越しの美味さ」なんて、初期の頃に TV CM で刷り込まれ「化学薬品」に飼い慣らされた奴隷と同じだ。


アサヒビール中興の祖だとされる樋口広太郎を住友銀行(現在の三井住友銀行)が送り込み、開発主導でハッパをかけネジを捲き、単純な手法で大赤字の事業と会社を再建した事で、住銀は貸し倒れにならず回収でき名誉も確保した。
株主も従業者もステークホルダーも「アサヒ」に関わる者ドモは讃えておるが、無知な消費者を騙し続けただけの社会的罪悪であるとさえ言える。


呑み放題い、喰い放題を謳う安価居酒屋の殆どは、化学薬品ビール擬き「スパドラ」を大量に飲ませ酔わせ、得した気分を味合わせた刷り込んだワケけで、無知が生む無知の連鎖と拡散に過ぎなかったのだ!

「アサヒ、ビール首位も吹く逆風 飲食店消費が過半のスーパードライじり貧に」


バブルが弾けた時に綺麗さっぱり葬られるべきだったのだ。


徐々に、無知な消費者も「おかしい!?」と気づき始め、とうとう目覚めたわけだ。


ザマァ~見やがれ!
バブル経済が華やかなりし頃に、無理矢理、二三度「呑まされ」付き合ったけれど、胸焼けするヒドさにビックらギョウテンし、以降、常に「スパドラ」は拝辞し、奨める人物を軽蔑し続けている。
夏冬の虚礼に「スパドラ」を送ってくる人物には強烈な皮肉を込めた謝意を返す事を、相手が気付き根絶されるまで続け、受けた「スパドラ」は直ちに「リセール」に回していた。

「アサヒ」という名は、
ビールは固よりメディアも禁句なのだ!

|

« 日産は、世界戦略を見直す時だ! | トップページ | 「令和」に明け、様々な彩りある出来事が去来した陽暦の皐月五月が幕を閉じようとする末日に思う事: »