« 日本は選挙買収や人気取りを目的に「バラ撒き政策」をするのではなく先端人材育成と先端産業形成へ集中投資に転換せよ! | トップページ | FCAはルノーへの経営統合を撤回したと! フィアットは、攻めも早いが、逃げも速い! »

2019/06/06

ルノーとフランス政府は、カルロス・ゴーンを資金不正支出(着服)で告訴へ!

フランス政府・ルノーも、
カルロス・ゴーン(Carlos Ghosn)を不正支出で告訴へ!


フランスって、少々、姑息だワ!
日本と日産を「クーデター」「陰謀」だとか、散々っぱら非難し、
「人権侵害」だと喧しく騒ぎ立て、断固として「自由と平等そして人権」を護ると声明した。


自ら、積極的に解明しようともせずだ!
しかし、調査せよとの声に推され、押っ取り刀で調べてみると、出るわ出るわ腐りきった不正の山だった!
と、言うワケでケジメを付けるためにゴーンの告訴に出たワケだ!


ゴーンよ、観念しろよ!
Carlos Ghosn「You are gone !」だ!


無罪請負人「弘中淳一郎」は、どう出るのか!?
お手並み拝見という事だけど!
FCAとの統合を進めるにも邪魔だわね・・・・・・


引用開始→ ルノー、ゴーン被告を告訴へ 不正支出疑惑で
(AFP2019年6月5日 17:20)
発信地:パリ/フランス

【6月5日 AFP】フランスのブリュノ・ルメール(Bruno Le Maire)経済・財務相は5日、仏自動車大手ルノー(Renault)が、計1100万ユーロ(約13億円)の不正支出疑惑をめぐり、前会長兼最高経営責任者(CEO)のカルロス・ゴーン(Carlos Ghosn)被告を告訴する見込みだと語った。

 ルメール氏は現地BFMテレビのインタビューで「(フランス)政府はすべての要素を司法当局に引き渡すつもりで、告訴になるだろう」「国はルノー株主としての役割を十分に果たしていく」と述べた。仏政府はルノー株の15%を保有している。

 ルノー取締役会は4日、同社と日産自動車(Nissan Motor)が実施した内部監査の結果、両社がオランダに設立した合弁会社「ルノー日産BV」(RNBV)で、日産前会長でもあったゴーン被告が絡む1100万ユーロの不審な支出が見つかったことを明らかにしていた。

 日産での不正行為などをめぐり、昨年11月に東京で逮捕されたゴーン被告にとって、仏政府が後ろ盾となる新たな訴訟はさらに頭痛の種となるだろう。(c)AFP ←引用終わり

|

« 日本は選挙買収や人気取りを目的に「バラ撒き政策」をするのではなく先端人材育成と先端産業形成へ集中投資に転換せよ! | トップページ | FCAはルノーへの経営統合を撤回したと! フィアットは、攻めも早いが、逃げも速い! »