« 参議院選挙の投開票で、議席決定結果から1週間が経ち「改憲」は遠いような!? | トップページ | 7月26日(5日前)の報道で些か恐縮ですが、この夏のパリは灼熱地獄だとか!? »

2019/07/30

馬韓国 ワザワザ「ゴミ捨て」で黄糞し「糞」死に来て欲しくない韓(から)、訪日ゴミ捨ては遠慮せい!

馬韓国! 何もコッチから頼んだワケやないさかい!
別に来てくれんかてエエのや!
ドンドン、交流停止、渡航自粛、チャーター便の運航中止、次々にヤリャぁエエのや!


コッチは痛くも痒くもナイさかい、遠慮せんとドンドンやりなはれ!
キムチ悪い、ノッペリヅラのバカオンナが、ヒステリー撒き散らしに来るな世!


引用開始→【ソウルから 倭人の眼】うろたえやまぬ韓国 日本の「次の手」に戦々恐々
(産経新聞2019.7.29 01:00)

 韓国が連日、「日本、日本」と騒がしい。日本政府による韓国向け半導体材料の輸出管理厳格化への反応だ。衝撃、動揺、反発、不安感。さまざまな感情が交錯しながら1カ月近く続いている韓国の社会現象からは、当地での日本の影響力を感じさせられる。同時に、日本に対する韓国独特の姿が日々、嫌なほど目に入ってくる。
(ソウル 名村隆寛)

■前代未聞の反応

 日本の輸出管理の強化が発表された7月1日、韓国では、前日に北朝鮮との軍事境界線がある板門店(パンムンジョム)で初めて行われた“歴史的”な米朝首脳会談のニュースも一気に吹き飛んだ。まさに驚き、狼狽一色。韓国に複数回駐在し、社会を長年ながめてきたが、これまで感じたことがない雰囲気だ。

 北朝鮮による核実験や長距離弾道ミサイル発射の比ではない。その衝撃は月が変わろうとする現在も続いている。

 日本による管理強化対象は、フッ化水素など半導体の製造に欠かせない3品目。半導体は韓国の輸出の20%余りを占め、事実上、半導体頼りの韓国経済には想像を絶する大打撃のようだ。メディアは連日、トップニュースで日本の措置を報道。韓国社会がこれほど慌て右往左往している様子に、韓国が感じている事態の重大さを思った。

■日本は意地悪?

 日本の措置を韓国は官民あげて「経済報復」とみなしている。いわゆる徴用工訴訟で韓国最高裁が昨年10月末、日本企業に賠償を命じる確定判決を出したことへの「報復」というのだ。

 韓国メディアはこぞって「非常識」「稚拙」「時代錯誤」「意地が悪い」などと日本批判を続けた。日本政府は「安全保障」が理由だと説明しているのだが、韓国では誰もそのように解釈しない。それどころか、当初「制裁」を示唆していた日本が「いつの間にか安保問題にすり替えた」という主張が横行している。

 日本の措置が「報復」であるにしても、韓国ではこれに警鐘を鳴らす「報復警戒論」は、財界やメディアから何度も出ていた。「三権分立の尊重」を理由に、日本と約束した政府の対応策さえ出さない文在寅(ムン・ジェイン)政権に対し、財界関係者などからは「そら見ろ」といった冷ややかな声が多く聞かれた。

■また問題丸投げ

 予期されていたことが現実となり、慌てふためく韓国政府の姿を嘆く者もいた。「日本が徴用工問題で報復に出た」とみなしているのなら、「報復」を解くために、日本政府との話し合いに応じるなり、日韓請求権協定を守って元徴用工を名乗る裁判での原告らに韓国政府が金を支払うなりしてみればどうか。その結果、日本の措置が解ければ「報復論」は間違っていないことになる。

 しかし、韓国政府は6月19日に「韓日両国企業が自発的な拠出金で財源を作り、原告に慰謝料を支給する方式を日本側が受け入れる場合、日本政府が要請している2国間協議の手続きを検討する用意がある」(韓国外務省)と発表したことを「政府の対応策」と主張し、譲らない。苦し紛れの末の行いで、対応策になっていない。日本には通じるとの思い込みからの、いつもの問題丸投げだ。

■「安倍が選挙に利用」

 日本の措置をめぐり、韓国で頑強に信じられている困ったことがある。参院選をにらんだ安倍晋三首相の“政治利用”との説だ。日本にいる専門家ら知人に聞くと、今回、選挙の争点として外交は大きくなかったという。消費税増税や老後資金など暮らしに関わる問題に有権者の関心は高かったという。

 しかし、韓国で日本の現状を説明しても、多くの韓国人は信じようとしない。少ない例外もあるが、メディアや専門家の多くは「安倍の選挙利用」を疑わない。ここまで悪役に仕立て上げられた安倍首相はたまったものではないだろう。

 裏をかえせば、韓国はそれほどまでに自らを過大評価しているのだ。だが、悲しいかな、日本から聞こえてくる声は、それほど韓国に関心をもっているものではない。「約束を守らない国」「もうかかわり合いたくない」といったウンザリ感なら常に伝わってくる。

■露の領空侵犯で一転も

 「今日のニュースも日本の報復問題か」とKBSラジオの朝のニュースを聞き、1日が始まった23日。久々に午後、トップニュースが変わった。ロシア軍機による竹島周辺での「領空侵犯」だ。

 翌24日の朝刊各紙の1面トップも独島(トクト・竹島の韓国での呼称)の「領空侵犯」だった。日ごろ、「独島、独島」とうるさい韓国としては当然のことなのだろう。だが、この問題もなぜか日本批判に変質していく。

 批判の対象がロシアではなく、竹島の領有権を主張しロシアを批判した日本になってしまった。韓国は「自衛隊機を緊急発進させた」とし、「日本の主張は一顧の価値もない」(韓国国防省)、「日本は日本の防空識別圏に関してだけ立場を表明すればいい」(大統領府関係者)と、どういうわけか怒りを日本に向けている。

 韓国での騒動は当分続きそうだ。ビールや衣料品など、日本製品の不買運動は全国で散発的に起きており、日本への旅行を控えようと呼びかける動きもある。ただ、韓国が現在できる日本への抵抗は、不買のレベルなのだ。

 韓国は今、日本政府が輸出手続きの優遇措置を設ける「ホワイト国」指定から韓国を外すことを「非常に重大な事案」(産業通商資源省の李浩鉉=イ・ホヒョン=貿易政策官)と警戒している。日本が打ってくるかもしれない「次の手」に韓国は今、戦々恐々としている。しかし、これは事態の途中経過に過ぎない。←引用終わり

西日本の全域から醜いキムチ悪い「汚伝文字(〇△◇)」が、消える事を願う馬鹿吏じゃ!
ナニワに築いた「大阪民国」も畳んで消えてくれ!
気に要らん国へ糞死に来んでエエがな!? ヒステリーで黄糞すんな世!
ゴミも捨てんといてんかぁ! 僅かな宿泊料で、ゴミと糞は迷惑や!


腹が立つからと言い、道路上や通路に「(人)糞」すンな!
オマィらの国とは違う韓(カラ)なぁ! 生きるのは勝手やけど、目障りや韓(カラ)、遠慮せ


痴情波テレビも、ワザワザ、子供をダシに「サッカー交流(停止)」なんぞを、勝手なお涙頂戴の悲劇に仕立てるナ!
「ヅルハシで 韓(カラ)くれもせん 肉食うな」「犯罪者 送り返しで 追放を」


ナンの意味があるのか!?
天理に大垣、大騒ぎしやがって!? 交流など必要ナシ!
この機会を最大利用し「憎しみの植え付けと増幅を」狙うのか!


引用開始→ 奈良・天理市の中学生訪韓が中止に 韓国側の姉妹都市から連絡
(産経新聞2019.7.29 12:49)

 奈良県天理市は29日、姉妹都市の韓国・瑞山市から日韓関係悪化を理由に、交流事業を一時的に停止するという趣旨の連絡があったと発表した。天理市は「瑞山市側の意向を尊重せざるを得ない」としている。

 両市は平成3年に姉妹都市提携を締結し、職員や中学生らが交流。30日には天理市内の中学生8人で構成する派遣団が瑞山市に出発する予定だった。天理市によると、28日に瑞山市側から全ての交流事業を一時的に停止するという旨の連絡があったという。

 天理市の並河健市長は「交流事業が停止されたことは残念。28年間、多くの両市民によって育まれてきた絆を信じ、交流事業が早期に再開されることを期待する」などとコメントした。←引用終わり

お得意の醜く過剰なヒステリー汚伝文字反応はヤメよ!


引用開始→ 釜山市、対日交流事業を中断=「不当な経済報復」撤回要求
(時事通信2019年07月28日20時03分)

 【ソウル時事】韓国南部の第2の都市、釜山市は28日、日本政府による輸出管理強化措置発動を受け、日本との行政面での交流事業を関係改善まで中断すると発表した。公務のための職員の訪日も制限する。関係悪化の影響が有力地方自治体の交流事業にも拡大した。

 釜山市は声明で、日本政府の措置を「安倍政権の不当な経済報復」と批判。撤回に向け、文在寅政権と共同で対応していくと強調した。中断する交流事業の具体例として、長崎県との「友好交流項目協議書」締結を挙げた。同県ソウル事務所ホームページによれば、協議書は2014年に締結され、毎年更新している。←引用終わり

|

« 参議院選挙の投開票で、議席決定結果から1週間が経ち「改憲」は遠いような!? | トップページ | 7月26日(5日前)の報道で些か恐縮ですが、この夏のパリは灼熱地獄だとか!? »