« 日本・大阪での「G20サミット」 という国際ボス間の談合会は、公式に終わりました! | トップページ | 「参議院通常選挙」公示前のNHKの世論調査 (2019年7月1日 公表): »

2019/07/01

板門店で歴史的なアッフォ~マンス政治屋による「米朝首脳再面談握手会」が成立し、三流役者にオマケもできた!

G20サミットに続く韓国訪問を利用し実現すると北朝鮮も発表し応じ!


ナンだかんだと、言いながら。
突然、大阪で閃いた「フリ」をして、怒鳴らぬ・トランプ大統領、アンタはさすがに(三流)役者じゃのぉ~!

一説に因ると、思いつきで振り回されるのは敵わないとの妬み批判もあるようだけれど、どっこい、これは以前からトランプ大統領自身の中では、周到に計算されていたシナリオで、事前に漏れると「大事」になると考え、突然「思いついた」事にしただけで、失敗してバカにされても誰も大きく傷つかない。
(事件が起きれば大問題に発展するだろうが・・・・・)
従って、然したる驚きではない。

不信拭う政治ショー「私の越境を望みますか」 事務方・報道陣は混乱

文氏も驚きだった米朝会談、「歴史的出来事」と称賛

分断の象徴ゆえ可能だった米朝電撃再会 打って付けの演出

朝鮮半島の非核化へ向け「北朝鮮」の核放棄へ実際的な道筋をつけられるか!?
このパフォーマンスが 単なるトランプマジックアッフォ~マンスで終わるか、此処からが本当の意味でリーダーシップの発揮が必要であり、双方の度量が必要になるワケだが。


大阪を発つ前、寅の文在に「親指」を立てた事で、水面下での " 諒解感触 " を得られたのだろう。
失敗続きの、寅の文在も、これで首の「皮一枚」ながら面子を保てたワケだ。

|

« 日本・大阪での「G20サミット」 という国際ボス間の談合会は、公式に終わりました! | トップページ | 「参議院通常選挙」公示前のNHKの世論調査 (2019年7月1日 公表): »