« 「ニポンチャビントォ~」とか言いましたかネ!? | トップページ | 日本国政府は、対韓国との論争で小さな時点でガツンと戦略的に粉砕しないから汚伝文字罠辱はナメてくるのだ! »

2019/08/04

名古屋の「愛知トリエンナーレ」での「慰安婦像」展示の顛末 <真実を明らかにし関係者全員を名誉毀損で責任追及しよう>

暑い夏の朝から嫌な話しだが、思い上がったゲェ~ジツ監督「津田大介」は真摯に、その身を処せ!


昭和天皇の写真を焼く映像や慰安婦像展示 国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」に批判殺到! 芸術監督・津田大介氏は涙の会見「職員は抗議や批判に心身疲弊」

津田大介氏などの敬称は要らない。
あえて付けるなら「津田大介死」が適当である!


芸術表現だ! 表現の自由だ! それを主張する事は否定しない。
同時に、
その「芸術表現だ」と、する思想や姿勢を否定し拒否し糾弾する表現の自由もある事を忘れてはならない。
「涙する事ではない」思い上がった思考の歪みが、広く日本国民の精神を疵付け、尊厳における怒りを買うことになるという「思いが至らなかった」のは、思い上がりによる思考停止で馬鹿の象徴だろう!
架空の捏造により、精神性を侮辱する「策品」を積極的に導入し展示(加担)する思想と行為が、どれ程の結果を招く極めて「センシティブ」なテーマなのかについて、深くも考えず「それを展示する事で、それを成し得た " ヒロイズム " に浸り、世界的に売名できる」と安易に考えただけのクズに他ならない。


展示を撤去する事で落着させようとするワケだが、芸術表現という名目であれば、精神を疵付け侮辱する作品(?)を、展示するに至った過程そのものを検証し、記録し費用を含め処罰が必要であれば処罰しなければならない。
同時に、結果的に(無思想に)推進した、ゲェ~ジツ監督と名乗る「津田大介」を始め関係人には「名誉毀損」の罪を問わなければならない。


まず、この「トリエンナーレ」を推進した委員会の面々の責任の所在を明らかにする事だ。
次に、この「トリエンナーレ」を開催するに当たり、学芸面での作業を担当した学芸員の責任を追及する事だ。
そして、この「トリエンナーレ」に予算を組み行政として推進した「愛知県」の責任を追及する事だ。
その上で、明らかになった事実に基づき「名誉毀損」で訴追する事されなければならない。


「寝取るウヨウロ」が、いつものヒステリックで感情的なゴネだけで終わらせてはならない。
津田大介の根源を否定し尽くし、責任を取らせ言論表現から放逐しなければ、日本国民に対する日本国民を名乗る人物が企てた重大な「名誉毀損」を回復する事はできない。

|

« 「ニポンチャビントォ~」とか言いましたかネ!? | トップページ | 日本国政府は、対韓国との論争で小さな時点でガツンと戦略的に粉砕しないから汚伝文字罠辱はナメてくるのだ! »