« 日本と日本人の尊厳を疵付けた「あいちトリエンナーレ2019」の「表現の不自由展・その後」は過程の徹底検証し 責任の徹底追究を! | トップページ | 日本の社会経済の構造は静かに根本的に大きく変化している事実を見よう! »

2019/08/14

「香港の抗議行動」は「敗北」を怖れずですが、行政府は静観し「罠」を仕掛け分裂させ「敗北」への追い込みを画策する!

行政府権力への抗議から、実力抗議(抵抗)闘争へ姿を変え、
実際には、1968年の日本で大学の矛盾を追求する「全共闘」運動に似た展開になってきた。

香港空港で混乱続く 記者に暴行、警察は催涙スプレー使用

権力というか行政府は、この事態の収拾に取り組むどころか、事態を放置し罠をしかけ、分裂が始まるのを待ち、一気に制圧する事を画策しているように思う。

中国政府は、盛んに「香港の現状を座視しない」と牽制し、深?に広州軍管区の人民解放軍を待機させ「圧力」を加えている。
「人権派」や「民主派」を抑えつけるために、工作員を巧妙に送り込み「暴発」させ「暴力」を誘導し「テロ」だと言い募り、香港への介入の機会を虎視眈々と狙っている。


明確なリーダーのない「自然発生的な抗議活動」は、話合いの場も機会もないまま、香港行政府を握る「娥」は、寧ろ中国政府の意向を忖度し「抗議活動」を煽り続けているとさえ言える。


誰が提案し、誰が実行を指揮したのか知らないが「烏合の衆」を巧く動員し組織したように見える「香港国際空港」の占拠は、結果的に敗北するための実力行動になるだろう。
明確な指導者と戦略を欠いたまま、象徴的に「ルビコン川」を設定し越える決戦は、その「敗北」を数多くの「歴史」が示しているところだ。


政治権力は実に周到なのだ!
東大闘争で「安田講堂」の籠城決戦は、象徴的だったが、
その後の展望を描ききれないまま徹底排除され制圧され「分裂」と「混迷」そして「路線対立」へ巧妙に誘導され、徹底的に壊滅させられた。


間もなく、行政権力と国家権力の総反撃が始まり、沈黙させられ、何事もなかったように、終焉に追い込まれるだろう。


中国は「香港」の事は内政問題であると、
国際世論に対し防波堤を張り巡らせ、予定のシナリオどおり「内政問題」と「テロ」を強調している。
国際社会は、香港を見捨てるのか?

|

« 日本と日本人の尊厳を疵付けた「あいちトリエンナーレ2019」の「表現の不自由展・その後」は過程の徹底検証し 責任の徹底追究を! | トップページ | 日本の社会経済の構造は静かに根本的に大きく変化している事実を見よう! »