« あいちトリエンナーレ2019「表現の不自由展・その後」の「津田大介」自分は反対したが押し切られたと醜い弁明をしているのか!? | トップページ | 怒ナルド・トランプ親分 USの不動産キングだから「グリーンランド」を買いたいと「花札」を切ったワケでもないだろう! »

2019/08/18

「京都アニメーション」襲撃放火大量殺人から1ヶ月だそうで 毀れた卑怯な小心者が引き起こす社会安全を損壊させる事件は後を絶たず

「週刊朝日」の記事は、基本的にシェアリンクしないのですが!
この記事「青葉真司」確信犯についての取材レポートは、別の皮肉を込めてご紹介したいと思います。

「秋葉事件や大阪・池田小学校事件はすごかった。俺もやる」青葉容疑者が刑務所で語った"本当の動機"


社会的不満や社会的怨嗟を発端にした重大事件は後を絶ちません。
以前から、主犯者を取り巻き、その種の懸念が特定の地域や環境で重大な迷惑行為が重なっており、懸念されていた事を、この記事も指摘しています。


その懸念があり、それを把握し、重大事案に発展する前に未然防止するなら「予防検束」し、隔離された場所の施設へ「収容」する以外にはありません。
仮に、立ち向かうために、その種の「提議」が為され、仮に「議論」しようとすれば、真っ向から「反対」し巨大なエネルギーを費やしても「批判」し「反論」し、その種の「提議」をした側を「人でなし」として扱き下ろすのは、何を隠そう転嫁の「朝日新聞」であり、その提議をした側は社会的に抹殺されてしまいます。


しかしながら、この度の「京都アニメーション」襲撃放火大量殺人を見るまでもなく、この記事が指摘するように事前に例があり、模倣を公言するという状況すらあったワケです。
それを「小心者の戯言」とし笑い飛ばし相手にしないか、観察処分に置く事で改善が見られないなら「予防検束」する以外に、社会の安全を保つ方法はないと言えます。


しかしながら、それを「提議」した瞬間に、この記事を報じた事すら都合良く忘れ去り、転嫁の「朝日新聞」はヒステリックな批判に転じ「正義の味方」「人権の朝日」「民主主義の朝日」の醜い顔を涼しげに展開するのです。


この種の未熟な成人の「妄想」による「社会的不満」や「社会的怨嗟」で重大犯罪に走るのは、基本的に「予防検束」で社会から分離させる方法が重要と思考し、皆さんに改めて問いたいと考えます。


小心者の卑怯者が引き起こす社会的事件:
常磐自動車道で煽り運転と被害者殴打事件で逃亡中の宮崎文夫が日常的に多発させた小事件の数々と迷惑。この放置が事件に!
常磐自動車道の暴力ドライバー(指名手配犯)に懸かる同様の日常光景レポート(文春オンライン)を、コメント欄にシェアリンクします。

【あおり運転殴打】宮崎文夫容疑者、所有マンションでもトラブル 友人には「狙われている」

毀れてしまった人物は、目立つか目立たないかは別に、世間には数多いるのですが、実際に善悪の見分けが付かない野郎が小さな嫌がらせを繰り返すワケで、それが積み上がりエスカレートすると、この種の犯罪に繋がるとも言えます。


指名手配者「宮崎文夫」には、
次々に不都合な事実が明らかにされますね。
再犯率を考える必要があるのじゃないかとも!?

“あおり運転殴打”宮崎容疑者(43)過去にも逮捕歴 女性を監禁か

ご一読下さいました上で、社会的病理について、お考え頂ければと願う次第です。


精神のアンバランスな人は数多いのです。
SNSでも、リアルな現実とバーチャルな妄想が区別できない人は、たくさん棲息し「罠」を仕掛け、意味不明な「因縁」を点け、感情的で非論理的な「攻撃」を加えてきます。

|

« あいちトリエンナーレ2019「表現の不自由展・その後」の「津田大介」自分は反対したが押し切られたと醜い弁明をしているのか!? | トップページ | 怒ナルド・トランプ親分 USの不動産キングだから「グリーンランド」を買いたいと「花札」を切ったワケでもないだろう! »