« 威嚇射撃でも「香港警察」が「香港市民」の抗議活動に発砲した事実は変わらない! | トップページ | 真に興味深い在日韓国人の知人「崔」氏の生き方に触れておく »

2019/08/27

拗れる韓国との関係は「事実の確認」「問題の所在」を十分 認識した上で冷静な議論を準備し触れずに見捨てよう!

全く政治性のない真面目で純粋な知人から「韓国」は、どうなのですか?
と、訊ねられ「韓国」は、と言えば「韓国」なのだけれど、
"「寅の文在」一派と言うべきなのでしょうネ " と・・・・・
在日の社会も、困惑し混乱しているのではと・・・・・・・・・・・


そこで、武藤正敏(元)韓国駐在特命全権大使の寄稿を挙げておきたく!


韓国文政権の「親北暴走」が止まらない、理性なきGSOMIA破棄を元駐韓大使が解説


いつもながら、武藤氏の一貫した冷静な捉え方は素晴らしいと受け止めますね。一つの見方として、感情的でもなく、従来の関係性を踏まえ、現在の異常性を客観的に分かりやすく指摘し、参考になります。


次の記事(レポート)は、韓国を考える上で、参考になるでしょう!


日米に広がる「韓国無用論」 条約も常識も守らない…韓国内で文政権“打倒”の動きも 専門家「文政権はメディアで国民を操ろうとしている」


「日米」だけではなく、
近隣の国際社会も、一貫性の無い「夜郎自大」に振り回されるのは堪りませんからね。


「夕刊フジ」の記事にも、比較的「冷徹」な寄稿もあります。
思考条件を整理する上で、十二分に一助になると考えます。


更に「夕刊フジ」ですが、問題の所在を明らかにし、原点の原則を見間違わないために。


【対韓 最後通牒】韓国の「日韓基本条約・協定」反故を許すな! 韓国側が個人補償を強硬に拒否締結した過去…当時のような「大甘対応」する必要なし


原則(事実)の確認と問題の所在を間違えると「解決」は困難である事を正しく知る事が重要(必要)です。


よく「在日者」への永住権の見直しに触れますが、それは「日韓基本条約」や付随協定に基づき、日本国内の在日朝鮮・韓国人に対し特別に付与しているからです。
条約の基本は締結国が相互に尊重し遵守する事で成立しますので、一方が明らかに基本原則を破り横車を押すなら、それは条約そのものが成立しないワケで、それにより保護され保障された状況は消滅します。

|

« 威嚇射撃でも「香港警察」が「香港市民」の抗議活動に発砲した事実は変わらない! | トップページ | 真に興味深い在日韓国人の知人「崔」氏の生き方に触れておく »