« 日本が先進工業国として胸を張りたいなら 中進国だった頃の意識や構造を捨て 安価労働に依拠せず もっと付加価値生産を高める挑戦を! | トップページ | 汚伝文字罠辱の集団ヒステリー「馬韓国」 大統領の寅の文在がアチラの工作員なのだからオロロキだ! »

2019/08/23

JR四国は、愚痴って泣かずに、知恵を出せ、センスを見せろ、四国四県と各金融機関は「地域創生」を肚を決め真剣に取り組め!

JR四国は、ボォ~としてないで、活性化に向け地域毎のエクスカーション付きで、カネのとれる四国一周観光ツアー(3泊4日)専用豪華列車を設定せよ!
鳴門~高松~瀬戸大橋~松山~大洲~宇和島~四万十~高知~阿波池田~徳島はどうだ!


そのためにも、
ゆっくりとしたエクスカーション付きで、
沿線の各地をプログラム毎に訪れ、そこでカネが落ちるように。
鳴門の渦潮見学に鳴門ワカメ、大塚国際美術館、坂東捕虜収容所、高松では屋島で「源平の戦い」、善通寺では善通寺へ、新居浜では別子銅山、今治から「しまなみ海道」、松山では「ポンジュース」に「萬翠楼」、道後温泉も、大洲では大洲城を、宇和島の「練り物」やら、高知へ向けて「四万十」を停車しながら眺め、足摺岬まであ運び、高知では「皿鉢料理」を、時に「鯨」を見物に、土讃線で北上し、土佐山田ではポン酢を、阿波池田から名ばかりの徳島本線を、「かずら橋」を体験したり、吉野川を眺めながら「藍」で徳島がどれだけ豊だったかとか、着けば「踊る阿呆」でオシマイと言う事に。
四国の金融機関は「貸す先が無い」と言い、JR四国は予讃線は宛がわれても予算がないと言い、多くの地域は人口が減り、誰も来ないから寂れるばかりと嘆き、実は四国にはカネと時間と景観が余っているワケで、官民一体で、これに少し投資し、手を加え、外から人を呼ぶ発想がまるで無いワケで。
泣いてばかりじゃ、ナンの解決にもナランだろうと、高松で一喝したのは昨日の話ですが。
分かった事は、センスと知恵がないという真に厳しい現実でした。
四国四県で大同団結し、JR四国、四国電力は、地域基盤を賭けて「観光特区」を申請するくらいの決意で取り組めと言いたい。


地域の足を守るなら、
地域外の富裕な人を集客し、地域毎のエクスカーションを付け、
また来たいと思わせる演出や体験を売るべきでしょう。
そのために、1両1億円くらいの投資は易いモノだと思います。
地域に、雇用も産まれるでしょうし、名産品のブラッシュアップもできるでしょうし。
バラバラで行わず、一貫したエージェントが季節毎のテーマ毎のプログラムを作り、集客し運用すればヨイのです。
アタマの良い人は、何もせず、嘆く事と溜息を吐く事だけは一人前で、高給を食むのは許せない!


こんなに自然が豊で様々な観光資源に恵まれた「四国四県」を効率的(3泊4日程度)に周回でき、エクスカーションを組み込む事ができるのはJR四国だけです。
赤字を嘆く前に、カネを生み出す知恵を出せと!


JR四国は、高松=坂出 の予讃線基盤を固め、十分な安全を確保してから快速「マリンライナー」や寝台特急「サンライズ瀬戸」のダブルデッカー車を走らせよ。
鉄路の基盤が「ガタガタ」だから、気分が悪くなる程の大揺れが連続するじゃないか。


瀬戸大橋線内へ入ると走行は安定し快適だが!?


予讃線に回す予算がないからって・・・・・、手を抜くんじゃない。
国交省も、ナンとかしてやれよ!

|

« 日本が先進工業国として胸を張りたいなら 中進国だった頃の意識や構造を捨て 安価労働に依拠せず もっと付加価値生産を高める挑戦を! | トップページ | 汚伝文字罠辱の集団ヒステリー「馬韓国」 大統領の寅の文在がアチラの工作員なのだからオロロキだ! »