« 「宝くじの高額当選はあるのだ」と、宝くじ発売元の " みずほ銀行 " が、宝くじは験担ぎ と当選者の発言を!? | トップページ | 「ニポンチャビントォ~」とか言いましたかネ!? »

2019/08/02

米国の大統領制と政治および日本国憲法を巡る神学論争を考える

米国在住のお友達の投稿を観て考えた。
民主党は「理想」を掲げ「宣教師型」で、共和党は「実務」を掲げ「ビジネス型」と考えれば、早くリアルに理解でき、日本国憲法は米国の宣教師型理想主義が、WWⅡに推奨し、故に実務を欠き分かり難い神学論争の迷路に陥ったままです。


米国が選んだ民主党の宣教師型の大統領は、
WWⅡ前に世界の混乱を招いたウィルソン。
今日に至るイランでの失敗を招いたカーター。
(実際に宣教師だった)
いまも国内を分裂させたオバマと連続して失敗し、
世界を混乱に引き込み続けた。


民主党の大統領でその実務能力を唯一世界が評価するのはケネディだけだろう。


後は、殆ど宣教師型の理想を掲げても実務的には対処できていない。


例えば、リンカーンでも、現実に今も解決できず内包したままだ。
敢えて言えば、従前より遙かに改革改善されているのだろうが、本質は顕在化したままだ。
人は「理想」に憧れるが、やはり「実務」の処理も求めるのだ。


上記のように、米国の大統領には「宣教師型 大統領」と「実務型 大統領」があると指摘投稿しましたが、それは取りも直さず議会の「議員」も同じであり、連邦政府の「職員」も亦同じです。


それは学術研究に携わる「識者」も同じくであり、押し並べて言えばWWⅡで日本の終戦受諾に基づき、日本を占領し号令した「GHQ」も全く同じなのです。


担当する人により、日本を占領した上で「軍国主義」勢力を徹底放逐し「民主主義国家」に「換骨奪胎」する目的は同じでも、個々人の理念や哲学は大きく異なりますから、担当部門や担当者により一つの現象に対する見解も異なれば方法も異なるワケで、全て米国とGHQが正しいワケではなく、一定の歳月の経過を経れば検証し適切な点は評価し、実情に合わない点は修正するとか加筆するのは当然の事で、それを一切「拒否」し「思考停止」のまま、現状が金科玉条であるとするのは「無責任」であり「主体性」のなさを示し余りあるといえます。


従って、日本国憲法は、受け止め方や思考方法に依り、幾とうりにも解釈が可能で真反対の解釈理解が罷りとうるワケです。それを放置せず内閣法制局が、一定の枠組みの中に解釈を集約し見解を示す方法で便宜的に70年を遣り過ごしてきたとも言えます。


現行の日本国憲法は、理念を示したワケですから、誰もが正確に捉えれば、全ての人に固有の解釈が成立し、全ては正しい事になります。
つまり日本国憲法は理念を述べたワケで、解釈や理解は、それぞれの人(国民)に委ねられた曖昧な存立でしかないとも言えます。
勿論、理念を具体的に取り組む目的の法令は、日本国憲法の下に整備され、行政執行上の法律上の根拠となるワケです。


例えば、
「老後資金は2000万円必要です」との金融庁のレポートが手順を経ることなく突然姿を現し、例の如く前提も枠組みもないままヒステリックな「百家争鳴」になりました。
代表的な意見は、国は年金制度で憲法に規定する最低限度の健康で文化的な生活の面倒を見よと「老後生活の国丸抱え論」にも聞こえました。
オカシイですね、憲法第25条を根拠に主張しているのですが、25条には「健康で文化的な最低限度の生活を」国が保障するなどの規定は何処にもありません。
国民は、その権利を持つとしていますが、国が保障する義務や責任などについての規定はありません。
社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならぬの努力目標であり、できなくても罰則規定は何もないのです。


第二十五条
すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。


この部分のGHQ原案は以下です。
Article XXIV.
In all spheres of life, laws shall be designed for the promotion and extension of social welfare, and of freedom, justice and democracy. 
Free, universal and compulsory education shall be established. 
The exploitation of children shall be prohibited. 
The public health shall be promoted. 
Social security shall be provided. 
Standards for working conditions, wages and hours shall be fixed. 


何よりも「健康で文化的な最低限度の生活」は人により様々で、一律に政治が決める事はできません。
例えば、この一点を考えても、やはり、最大公約数を議論する事は重要で必要だろうと考えますね。

|

« 「宝くじの高額当選はあるのだ」と、宝くじ発売元の " みずほ銀行 " が、宝くじは験担ぎ と当選者の発言を!? | トップページ | 「ニポンチャビントォ~」とか言いましたかネ!? »