« 「阪神タイガース」は、何よりも誰よりも、ランディ・メッセンジャーを讃えよう! | トップページ | 「イランは政府」とは別に「イラン革命防衛隊」という「鬼」が跳梁跋扈し二重権力でホメイニ永久革命の実現と中東支配を画策して止まず! »

2019/09/16

「台風15号」の襲来による被害で基本的に考えること・・・・・

房総半島や伊豆七島の「台風15号」被災地の復旧回復をただただ祈るばかりです。
千葉県知事も東京都知事も、辺境地域が受け追い込まれている事態を情報不足もあるだろうが、正確に把握し受け止める事に適正を欠き、初動対応もほぼゼロであった事を、強く指摘し声を出し挙げて言わざるを得ない。


再び「大量降雨」も予報される状況です。停電と通信途絶に断水、加えて屋根の損傷。
復旧に格闘される関係者を始め、ボランティアの皆様による復旧取組みを見守るばかりですが・・・・・


その昔、衆議院議員だった亀井静香氏から「電柱の撤去と電線の地下化」の提唱を聞き、その際には「道路」が拡がり「街の美化」には有用だな程度にしか受け止めなかった。
おそらく、亀井静香氏も「景観の美化」に力点があったように・・・・・


しかしながら、昨年の「台風21号」、この度の「台風15号」に因る甚大な被害を考えると、生活維持の安全基盤としての「電線、通信線」の地中化は必須課題だと、改めて「認識」させられる事になった。


「地震」「火山」「台風」への備えは、周辺からの「国土防衛」と共に不可欠、不可避なテーマです。


日本が直面させられている逃げられない課題。
 ① 自然災害への対処
 ② 人口動態の変化に応じた社会的生産力の維持
 ③ 社会保障制度を維持できる付加価値生産力向上の追究
 ④ 国防能力の体系的整備(不良外国人への対処を含む)
机上の空論ではなく、今後も「日本」の国土が安全に保たれ、
「日本人」が適正に能力を発揮し世界で活躍できるために。
いまこそ、知恵を出し真剣に向き合い考えなければ・・・

|

« 「阪神タイガース」は、何よりも誰よりも、ランディ・メッセンジャーを讃えよう! | トップページ | 「イランは政府」とは別に「イラン革命防衛隊」という「鬼」が跳梁跋扈し二重権力でホメイニ永久革命の実現と中東支配を画策して止まず! »