« この程度の業務で仕事なら「You Tube」で生きていけると豪語したハナタカA君が1年後に!? | トップページ | 制限された「移動」の時代から「自由」な移動を保障された「現代社会」は、従来の国土基盤と「紐帯重視型地域社会」を崩潰させている »

2019/09/07

京浜急行に、まるでテロのように「神奈川新町」駅で加えられた驚愕の脱線衝突事故の衝撃! 原因者は死亡し死人に口なしだ!

驚愕させられた事故でした。
しかも、よく知る京急の路線で、よく知る電車が、しかも京急が自慢の1000系車両だったので!


徐々に、事故原因のトラックが「神奈川新町」駅の踏み切り(ほぼ構内)で立ち往生し、そこへ通過する特急電車が衝突したと知り、遮断機はどうなっていたのか?
そのように先ず感じ思ったが、踏み切り開放時に渡ろうと入ったようで、そのまま身動きできず、脱出もできずに事故になったと!?
これらを知り「開いた口が塞がらない」状態になった。


まず、大型トラックが、なぜ生活道路とも言える「道路」と「踏み切り」へ侵入したのか?
国道15号線を走行するべき大型トラックが、なぜ幅員に余裕もない生活道路へ!?
これが最も大きな謎だ!
大型トラックの運転手は事故で死亡した事もあり、動機は分からない。
最初は逸脱した事は「ウッカリ」だったかも知れない。
しかし・・・・・・・・・


以下は、真に興味深い指摘で・・・・・
一つの参考意見として考える上で有用かと。

京急脱線事故のトラックは、なぜ小道に迷い込んだのか。ドライバー視点で考察する

この運送会社に職を得て1年以上だという。
しかし横浜の目的地へ行ったのは、事故日を含め3回だという。
運転手の年齢は67歳だったと報じられている。


何か、日本の輸送現場の隠された悲惨な事実(実態)が潜んでいそうだ。


京急が受けた「損害」は計り知れない。
何よりも「傷つかれた乗客30名ほどの皆さまの回復を祈る」ばかりです。
これだけの事故で、6日夕方の復旧をというが、それは難しいのではないかと考えたが、やはり7日になりそうだ・・・・・


事故「業務上過失傷害」を起こした運送会社、事故は保険での保障だろうが、
京急が受けた「損害」は、保険でカバーできる金額じゃないように考える。その際、会社は「事故補償」も十分にできないまま、負担に耐えきれず、やがて倒産するのではないかと、懸念する。


とにかく、京急の努力で「優良路線」の早期回復を、先ずは何よりも願うばかりです。

|

« この程度の業務で仕事なら「You Tube」で生きていけると豪語したハナタカA君が1年後に!? | トップページ | 制限された「移動」の時代から「自由」な移動を保障された「現代社会」は、従来の国土基盤と「紐帯重視型地域社会」を崩潰させている »