« 300万人を超えないとキャッシュレス決済は採算に合わない! と: | トップページ | 退き際を知っている「ザギトワ」 見事な引退と次の人生を視野に入れ! »

2019/12/13

UKの総選挙、EU離脱の推進決着を掲げた「ジョンソン首相」が率いる「保守党」圧勝!

他国の内政であり、国政選挙ですし、記憶と記録のため結果を引用紹介しておきます。


訂正報道も無いようですから、ほぼ確定したと考えます。


賛成派も反対者も、これで最大の懸案「EU離脱」に躊躇なく取組み解決できます。


ハッキリした事は、いずれの国でも確固たる「国家観」を持つ側は、徹底した「リアル」であり、対する社民的価値観に縛られる側は、肚もなく然したる責任感も負わぬ「夢想者」の群れに過ぎない事です。


これは「日本の政界」も殆ど同じと考えて差し支えはないと言えます。


引用開始→ 保守党、単独過半数へ 来月EU離脱―ジョンソン首相が勝利宣言・英総選挙
(時事通信2019年12月13日13時30分)

 【ロンドン時事】英下院(定数650)総選挙の投票は12日午後10時(日本時間13日午前7時)で締め切られ、即日開票された。13日未明(同日午後)までの暫定開票の結果、来年1月末の欧州連合(EU)離脱を公約に掲げたジョンソン首相率いる保守党が複数の激戦区で勝利するなどし、単独で過半数を制する見通しだ。これでEU離脱は決定的となった。

 ジョンソン首相は13日未明、EU離脱へ「力強い新たな国民の負託を受けた」と述べ、勝利宣言した。

 BBC放送が伝えた議席予想では、解散前に少数与党だった保守党が67増の365議席と、サッチャー政権下の1987年に行われた総選挙以来の大勝を射程に収める。一方、労働党は48減の196議席と大敗が見込まれる。同党のコービン党首は13日未明、敗北を受け、辞意を表明した。地域政党のスコットランド民族党(SNP)は17増の52議席、EU残留派の自由民主党は8減の13議席。同党のスウィンソン党首は落選した。

 選挙戦でジョンソン首相は「EU離脱を成し遂げよう」と訴え、離脱支持の有権者に浸透した。一方、コービン党首は「離脱か残留かを問う国民投票の再実施」を提案していた。←引用終わり

次は、地域政党のスコットランド民族党(SNP)が、スコットランドのUK(連合王国)離脱「スコットランド独立」を問う国民投票を言い出すか?


以前、反対と結果が出たじゃないかと考えるが、ズッコケランドともスットコランドとも揶揄されるから「一事不再理」なんて理解しないのだろうなぁ!?

|

« 300万人を超えないとキャッシュレス決済は採算に合わない! と: | トップページ | 退き際を知っている「ザギトワ」 見事な引退と次の人生を視野に入れ! »