« 臭禁屁の中毒狂惨倒が率いる中華毒入饅頭珍民低国は「春節」利用で " 新型コロナウィルスによる肺炎 " を、世界へ撒き散らしテロを実行へ! | トップページ | マヌケの怒阿呆「中国」による「コロナウィルス新型肺炎」撒き散らし国際テロには中国人を全面入国禁止にしろ! »

2020/01/24

アップルは「iPhone・廉価版」投入へ 大は小を兼ねるが「大男、知恵が頭に回りかね!」とも言い

巷に流れる事前のウワサどおり、
アップルは「廉価版・iPhone」の発売へ!


引用開始→ Apple、廉価版iPhoneを3月発表か 米メディア
(日本経済新聞2020/1/23 5:46)

【シリコンバレー=白石武志】米ブルームバーグ通信は21日、米アップルが価格を抑えた「iPhone」の新機種を3月に発表すると報じた。新機種の価格は明らかではないが、米メディアの報道ではアップルが2016年に発売した「SE」(米国での価格は399ドルから)と同水準になると見込まれている。

ブルームバーグによると、アップルの生産委託先である台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業などは20年2月にも廉価版iPhoneの量産を始めるという。画面の大きさは17年に発売した4.7インチの「8」シリーズとほぼ同じとなる見込み。安価な液晶パネルを使うことで価格を抑えると見込まれている。

アップルは現在、主力のiPhoneについて米国では最新の「11」シリーズのほか、旧機種の「XR」や「8」シリーズを品ぞろえしている。ただ、最も安い「8」シリーズでも価格は449ドルからとなっており、400ドル未満の機種を品ぞろえする韓国・サムスン電子にシェアで押されていた。

アップルはiPhoneの将来の商品計画についてコメントしていない。だが、低価格帯のスマホ市場での巻き返しに向け、同社が20年春の発売を目指し「SE」以来4年ぶりとなる廉価版iPhoneの準備を進めていると繰り返し報じられていた。←引用終わり

使用環境を考えたといい、全く欲得尽くしの数々のアップデート製品は、
限界を承知で機能を欲張りすぎた。
それを要求する声もあっただろうが、スマホは所詮スマホに過ぎないので、早い話が「基本機能」をシッカリ備え、アプリで必要な能力をサポートできれば、それでよいのだ。


例えば「軽四」には、「軽四」としての役割があり、それに対応するスペックが搭載され、目的の機能を発揮すれば十分だろう。
「メルセデスのマイバッハ」には求められる機能や、期待される役割があり、そのポジションに見合えばヨイのだ。


アップルは、イノベーターとして卓越したマーケティング能力を備える事業者と考えてきたが、ジョブスが退いた後、利益追求と事業の量的拡大を指向し始めた時から、然したる魅力を感じなくなっていた。


日本市場では、日本独自の「アップル教」や「ジョブス信者」が、吹聴されるまま無能で無批判な熱狂的なカスタマーが支え、市場の半分を押さえているとされる。
そこで、奴隷に過ぎぬ店頭のアルバイトに至るまでが「鼻ピー」は、大笑い開眼だ!


少し馬鹿吏「気付いた」か!
でぇ、世界の市場を見つめ直し、2020年3月に「日本市場」へも、
原点だった「iPhone」の廉価版を投入するという・・・・・

|

« 臭禁屁の中毒狂惨倒が率いる中華毒入饅頭珍民低国は「春節」利用で " 新型コロナウィルスによる肺炎 " を、世界へ撒き散らしテロを実行へ! | トップページ | マヌケの怒阿呆「中国」による「コロナウィルス新型肺炎」撒き散らし国際テロには中国人を全面入国禁止にしろ! »