« 政府は、武漢の在留邦人の退避を安全に確保しろ! もっと迅速に動けよ! 次の焦点は中国全土から、どう退避させるかに移る・・・ | トップページ | IPS細胞を活用した「心筋細胞シート」を用い心臓手術に世界で初めて大阪大学(澤 芳樹 先生)のチームが成功した! »

2020/01/28

中国・武漢の在留邦人避難救出に向けたチャーター機は、中国側の受け入れ、邦人の集合と空港までの輸送など問題山積で遅々として

中国・武漢へ在留邦人避難のために、
帰国救援チャーター便を2機飛ばすと、大口を叩いたものの、
中国側の「受け入れや、移送など」の調整が、中国側と成立せず、
大口は大口で終わりそう。
「日 一日、刻々と情勢は悪化している」
「時間切れで、落ち着くのを待つ」ばかりか!?
やはり、中国は中国だ・・・・・


帰国救援機派遣を打ち上げたものの、
原則は理解、受け容れと進発の詳細は現場で十分な擦り合わせをと・・・
結局、無視するのが中国の遣り方では!?
確かに、武漢在留者と一口に言っても、在留者の居住地域は広汎だ。
武漢の何処に何を利用し、安全な方法で集合させ、待機させる?
居住先(資産を含む)の管理と扱いは・・・・・!?


引用開始→ 武漢への28日のチャーター機派遣を延期、邦人帰国 中国と調整中=関係筋
(Reuters 2020年1月28日 / 08:40)

[東京 28日 ロイター] - 中国・武漢市に滞在する日本人を帰国させるために日本政府が28日に予定していたチャーター機の派遣が延期されることが分かった。中国当局との調整に時間がかかっているとみられる。関係者が明らかにした。

日本政府は、新型コロナウイルスの感染が深刻な武漢市に滞在する日本人を帰国させる決定をし、全日本空輸(全日空)(9202.T)が2機のチャーター機の運航準備に入っている。日本政府は中国側との調整がつき次第、できるだけ早く派遣したい考えだが、29日以降にずれ込む見通し。

当初の計画では、チャーター機2機は28日午前に羽田空港を出発し、同日午後には武漢に到着。帰国希望者の日本人を乗せ、同日夜には羽田空港へ戻ることになっていた。←引用終わり


引用開始→ 武漢の邦人、29日帰国 チャーター機、今夜派遣―新型肺炎で政府
(時事通信2020年01月28日13時20分)

 政府は28日夜、新型コロナウイルスによる肺炎が拡大する中国湖北省武漢市に取り残された日本人の退避に向け、民間チャーター機1機を派遣する。現地空港での受け入れをめぐる中国側との協議が調った。29日午前に帰国する見通し。政府は希望者全員の早期帰国を目指し、追加便派遣の調整を急ぐ。

 茂木敏充外相が28日、記者団に明らかにした。チャーター便は同日深夜に現地入りし、29日未明に出発。同日午前に帰国する見通しと説明した。今回の搭乗は約200人で、希望者は約650人いるという。茂木氏は「さらに帰国を希望する方々についても、あす以降、チャーター機などを手配する方向で調整している」と述べた。

 チャーター機はマスクや防護服など中国への支援物資も運ぶ。
 政府が専用機や民間機を使って在外邦人の帰国を支援した例は過去にもあるが、多くは現地の治安情勢悪化などが理由で、感染症では初のケースとみられる。
 政府は武漢滞在中にウイルスに感染した可能性も考慮。機内で健康状態の検査を受けてもらうなど、国内への流入防止に万全を期す方針だ。←引用終わり

日本は海外在留邦人の「安全・安心」の確保提供について、普段から何もしていないから、現実に直面した時には大混乱を来している。
失礼ながら、大使館や各地の総領事館は、在留邦人の上に君臨支配する事には熱心だが、現実に生じる「困難」を前にすると、無用の長物だった事を「さらけ出し」てしまう。
外務省は、邦人保護でも日頃から能力を蓄積しておかないと「害謀省」と揶揄されても、有効な反論はできませんね!

|

« 政府は、武漢の在留邦人の退避を安全に確保しろ! もっと迅速に動けよ! 次の焦点は中国全土から、どう退避させるかに移る・・・ | トップページ | IPS細胞を活用した「心筋細胞シート」を用い心臓手術に世界で初めて大阪大学(澤 芳樹 先生)のチームが成功した! »