« 世紀の卑怯者「カルロス・ゴーン」と腐敗国家「レバノン」は茶番の言い訳、茶番の防御声明を繰り返し、指を咥え呆けるニポン! | トップページ | いまの「イラン」は要らん! 国際社会は現在の秩序を保ちたいなら「イラン」と「北朝鮮」を除去し対処する事に決意と責任を果たすべきだ! »

2020/01/05

He was Ghosn!? すら考えないKIXの税関(荷物)検査! 犯罪人でも、ナンでも持ち込め、ナンでも持ち出せる

カスのゴーン逃亡から、
日が経つに連れ、警戒を怠ったツケが徐々に姿を見せ証される。
その無警戒な善良なる前提の「建前主義」の阿呆らしさバカバカしさ間抜けぶりが・・・・・
それは無警戒な日本社会全体が嘲笑われているワケだ。


政治屋ドモは、正月期間に自分の票を掘り起こす事に忙しいようで、自民党の岸田総務会長以外は与野党を通じ誰一人、日本の主権が踏みにじられたこの件について「発言」しない。


アベカワモチホンポのボンボンは、モチを咽に詰まらせ、舌足らずがエッラそうに胸を張るアホシンド、アホくさい映画「決算忠臣蔵」を呆れェ~エとお手々繋いで見て、年明けはゴルフ三昧で呆気を爆発させてオルが。
ナンと言う危機感の無さか。

対する夜盗も、エダノコブタもタマキンブラブラも、正月に伊勢へ「神宮」に詣る事で、自らが把欲の出ロリストを隠そうとしてオルが、お笑いだゼ!
ナンなと言うてみぃ!


引用開始→ ゴーン被告ケースに隠れ出国か、荷物がX線検査を受けず機内に-報道
(ブルームバーグ 牧綾香 2020年1月5日 9:03 JST)

日産自動車元会長のカルロス・ゴーン被告がレバノンに向けて出国する際に利用したとみられるプライベートジェット機の機内持ち込み荷物は、関西空港でX線検査を受けていなかったことが関係者への取材で分かったとNHKが5日に報じた。

  この報道によると、このプライベートジェット機には高さ1メートルを超えるケースが複数積み込まれており、警察はゴーン被告が大きな箱のようなケースに隠れて出国した可能性があるとして調べているという。

  プライベートジェット機の場合、運行会社や機長の判断でX線による荷物検査を行わないことはたびたびあり、ケースが大きくX線の機械に入りにくかったこともあって検査しなかったと空港関係者が説明していると伝えた。

  このプライベートジェット機を運航していたトルコのMNGジェットは1日、同機が偽造記録を使って違法に使用されていたと発表。トルコ当局はゴーン被告を乗せたとされるプライベートジェットのフライトについて調査しており、パイロット4人を含む7人を拘束した。←引用終わり

日本は、またもやトルコに借りを作ったと言える。
トルコは、厳しく処罰するだろう。
現代のアリババが、最早「罪」は避けられぬと考え、レバノンへ逃亡し、手伝いに動員された側は、憐れ囚われの身に堕ちる。カネで買われた奴隷の身とは云え憐れなコトよのぉ~!


荷物は、モノなのだから、超強力な「X線」を照射しろ!
それがイヤなら「梱包」を開封し全点検査に応じさせよ。


引用開始→ ゴーン被告逃亡「手続き無視し遺憾」東京地検次席コメント
(産経新聞2020.1.5 11:20)

 保釈中にレバノンに逃亡した日産自動車前会長、カルロス・ゴーン被告(65)について、東京地検は5日、「我が国の司法手続きを殊更に無視したものであるとともに、犯罪に当たり得る行為で誠に遺憾」とする斎藤隆博次席検事名でのコメントを出した。

 ゴーン被告の身柄拘束について地検は、(1)豊富な資金力と多数の海外拠点を持ち、逃亡が容易(2)国内外で多様な人脈と大きな影響力を持ち、証拠隠滅の具体的危険性があった(3)勾留中に妻などを介して事件関係者への働きかけを企図した-ことから勾留の必要性があったと改めて指摘。

 東京地裁が、公判準備のため、弁護人との十分な打ち合わせが必要などとして保釈を許可したことで「被告の権利が十分に保障されていたことは明らか」とした上で、地検は「必ず出頭するとの誓約を破り、国外に逃亡したのは、我が国の裁判所による審判に服することを嫌い、刑罰を逃れようとしたに過ぎず、正当化される余地はない」と断言した。

 今後の対応として「迅速かつ適正に捜査を行い、被告の逃亡の経緯などを明らかにし、適切に対処する」とした。

 ゴーン被告は日本時間の昨年12月31日、中東・レバノンにいることを米国の代理人を通じて表明。同月29日には東京都港区の住宅を出て、関西国際空港からプライベートジェットで出国し、トルコのイスタンブール経由でレバノンの首都ベイルートへ入ったとみられる。

 保釈条件でゴーン被告は海外渡航を禁止されていたため、無断で出国したとして東京地裁は31日に保釈を取り消し、保証金15億円を没取する。←引用終わり

|

« 世紀の卑怯者「カルロス・ゴーン」と腐敗国家「レバノン」は茶番の言い訳、茶番の防御声明を繰り返し、指を咥え呆けるニポン! | トップページ | いまの「イラン」は要らん! 国際社会は現在の秩序を保ちたいなら「イラン」と「北朝鮮」を除去し対処する事に決意と責任を果たすべきだ! »