« NHKによる恒例の「内閣支持率調査」(2020年1月実施)の結果(2020/01/14 19:00 発表) | トップページ | いつもと同じ朝は来なかった「阪神・淡路大震災」 日の出前の寒い早朝に都市直下大地震が襲いかかり四半世紀(25年) 鍛え教えられたこと! »

2020/01/16

お笑いゴーンの茶番な自己自慢という自己欺瞞! 逃げ出して「言葉」で攻撃し続けるのは賤しい乞食の性だろう!

カルロス・ゴーンは、自分の描いた「シナリオ」どおりに、世界を動かせると考えている!

それは「私腹」を肥やす、強奪シナリオも、会社を再建するというシナリオも同じで、
会社の再建は、自らの私腹を肥やす「一手段」に他ならないのであり、私腹を肥やす手段や方法として「日産の再建」があったワケだ。

ゴーンの演説を、実際に聴いた事がある。
日産の再建案とするモノを述べた時だ。
殆どの時間を「自己自慢」で喋り尽くしていた。
質問は、忠犬バチ公がヨイショするためだけのモノだった。
中身の無い「茶番」に多くのメディア関係者は気付くべきだった。
しかし、ゴーンは一級の人物、超一流の経営者とする刷り込みがさきにあり、それを指摘する事はなかった。
人は、事前に刷り込まれてしまえば、長広舌の「自己自慢(自己欺瞞)」すらも見抜けず、拍手するのだ。


東京地検の取り調べでも、例えば8時間あれば、6時間は「自己自慢(自己欺瞞)」で埋め尽くし、取り調べに当たった検察官をウンザリさせる連続だったのだろうと考える。
だから、カスなのだ。カスが、カスをカストリし続けたのが、日産での特別背任事件だ。
顔が歪んでいるだろう。まともな顔ではないだろう!


カストリのゴーンは、元より傲慢な阿呆だが、
駐日フランス大使も、フランス人らしい軽チャ~人種だという事だ。
一国の全権代表が、事実を十分に精査もせずに、リップサービスのつもりで、個人的な主観を話すって、まぁ、ゴーンは間違っていないとの先入観が先にあるワケで、この点で既に犯罪人に同化していると言って差し支えないと断じる。


大体においてというか、一般的に外交官は言葉巧みだ。
言質を与えない、常に訂正できる含みや余地を残し会話する。
そして「核心」に触れながら「誰何」し、自らが与えられた使命との照合を図り、確証を得た(持てた)と判断した時点で「訓令電」を本国へ打電し、指示を受け(得)る。

その過程で、一人の囚われの身(に、同情もするが)よりも、自国の権益擁護であり損失との秤が特に重要(重視)なのだ。


ゴーン被告、日産の陰謀は「仏大使から聞いた」

恐らく、接見時に「ゴーン」の心象を探り、フランスの国益との「秤」を見たと考える。
そして、一国の全権代表外交官として、自国民を擁護する姿勢は対外的にも対内的にも明確に打ち出し、幽閉する側を批判するのは外交上のテクニックなのだ。
そこで,建前として「カルロス・ゴーン」を煽ったかも知れぬ。
ところが、カストリしか考えないオバカのゴーンは、額面どうり大使の言葉を受け止めたと推量する。


カストリ・ゴーンは、ウワサどおり、ゼニゲバ、ゼニの亡者、その真価を発揮!


やはり「タンスにゴン!」と閉じ込めた方がヨイだろォ!


ミシュランも、
一回ゴーンの時代に、幾ら付け巧妙に替えされ喰われたかを精査した方がヨイぞ!


RENAULT も、NISSANも、CEOという地位を得て、非論理的な長広舌でウンザリさせ、批判を封じ、独裁を強化し、私腹を肥やし盗み獲るための「手段」に過ぎなかったワケで、日産の統治機構も監査法人も阿呆だが、白昼堂々と毎日まいにち「私的付け替え」を実行するために、周りに「忠犬バチ公」配置しカネを撒き、批判を押さえ、20年にわたる摘まみ食いに共犯させ隠蔽してきただけだろ。


クズは、まだ「ゼニカネ」を受け取る権利を主張していると聞きゃぁ、関係国の関係先は、もぉいい加減に「大笑い開眼」せよとしか言えぬワ。


引用開始→ ゴーン被告、ルノーに退職手当を要求…「私の辞任は茶番だ」
(讀賣新聞2020/01/14 11:45)

 【パリ=作田総輝】仏紙フィガロは13日、中東レバノンに逃亡した日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告が、仏自動車大手ルノーの会長職などを辞任した際の退職手当約25万ユーロ(約3000万円)の支払いを求め、昨年12月に仏労働裁判所に申し立てを行ったと報じた。

 報道によると、ゴーン被告はフィガロの取材に「ルノーでの私の辞任は茶番だ。退職に伴う全ての権利を要求する」と述べた。ルノーに対しては、年額約77万ユーロ(約9400万円)の年金や受け取っていない業績報酬の支払いも求めるという。

 ルノーは昨年1月、ゴーン被告の辞任を発表し、その後の取締役会で、退職手当などの支給を取りやめると決めた。←引用終わり


盗っ人猛々しいカスのゴーン!


「日本人は " のろま " だ」と。
ゴーンを見るまでもなく、
「レバノン人は、小汚い " ドロボォ~ " の " 乞食 " だ」ろ。


縛り首で八つ裂きにされよ!
石礫を投げ、当たれば「大当たり!」と、復唱が あるゾ!

ゴーン元会長「日本人は迅速でない」 ブラジルメディアで

ババァのキャロル。
批判したけりゃ、批判してろ! テメェ~ら夫婦は、レバノンでも「踏み付けられ八つ裂き」にされるワ! そぉ遠くない時期にだ!

ゴーン被告の妻キャロル容疑者、日本の司法制度を批判

|

« NHKによる恒例の「内閣支持率調査」(2020年1月実施)の結果(2020/01/14 19:00 発表) | トップページ | いつもと同じ朝は来なかった「阪神・淡路大震災」 日の出前の寒い早朝に都市直下大地震が襲いかかり四半世紀(25年) 鍛え教えられたこと! »