« 中東の支配者は今も「アリババと盗賊ドモ」である! クソの「ゴーン」のように奴隷を搾り上げ蓄財し他者の財を巧妙に盗む者が英雄だと! | トップページ | He was Ghosn!? すら考えないKIXの税関(荷物)検査! 犯罪人でも、ナンでも持ち込め、ナンでも持ち出せる »

2020/01/04

世紀の卑怯者「カルロス・ゴーン」と腐敗国家「レバノン」は茶番の言い訳、茶番の防御声明を繰り返し、指を咥え呆けるニポン!

法律制度も整備されない四流国家(擬き)以下の「レバノン」へ逃げ込み、復讐を誓うと声明する「カスのゴ~ン」
見事にマヌケな「日本の司法」


正々堂々と闘うと大見得を切りながら、勝てそうにない(有罪宣告)と判明するや否や、こっそり逃げ出すのは卑怯者の証左だ。
そのために、様々な策を弄し手を尽くしあらゆる関係人を裏切り、カスのゴーンの言い分が通る腐りヘタレの国擬きへ逃亡した。


そして、反日、反日産、反検察、日本の司法制度批判の会見と声明を出すと言い。
加えて、カスでもゴーンを咥えるレバノンは、大統領が即座に面会し「護り通す」と表明し、
ICPOの国際手配を受領しているが、それに応じる事はないとの声明も出し。
また外電は、レバノン政府の職員が「カスのゴーン」がベイルート空港到着時に手厚く迎えたと報じ、
加えて年末にレバノンを訪れた日本國の外務副大臣へレバノン政府が、ゴーンの搬送送致を求めた事も暴露され・・・・・


大茶番の暴露合戦やら非難合戦やら喧しく騒がしい事です。


引用開始→ ゴーン元会長の現地弁護団、国際手配の効力に疑義
(日本経済新聞2020/1/4 4:03)

【ベイルート=小川知世】日産自動車元会長のカルロス・ゴーン被告(65)が保釈条件に違反して海外逃亡した事件で、レバノン政府が受け取った国際刑事警察機構(ICPO)による国際手配について、ゴーン元会長の現地弁護団が「合法的でない」と効力に疑義を唱えていることが3日、分かった。現地で元会長の代理人を務める弁護士の一人が日本経済新聞の取材で明らかにした。

【関連記事】
ゴーン元会長を早急に事情聴取へ、レバノン暫定法相

トルコの航空会社、ゴーン元会長の逃亡で関係者告発

ゴーン元会長は「音響機器用の箱で脱出」 米紙報道

レバノン政府は元会長の身柄拘束と日本への引き渡しを求める「国際逮捕手配書」を2日にICPO東京支部から受け取ったとされる。通常、手配書はフランスのICPO本部から通達され、支部から直接送られるのは異例だ。弁護士はこの点を疑問視し、「(元会長に)影響しない」と述べた。レバノン検察庁はICPO本部に経緯や効力の確認を求めている。

レバノンのセルハン暫定法相は3日、同国検察庁が国際手配の内容を精査した上で、元会長を事情聴取する意向を表明した。これに対し、現地弁護団は国際手配に対応策を講じる必要はないとしており、元会長が日本に引き渡される恐れはないとみているもようだ。

元会長の保釈が2019年12月31日に取り消されたのを受け、日本はICPOに国際手配を要請した。レバノン政府が受け取った逮捕手配書は「赤手配」とも呼ばれ、ICPOの手配のなかで最も緊急性が高いが、強制力はない。同国にとどまる限り、元会長の身柄拘束などにつながる可能性は低いとの見方が強い。←引用終わり

|

« 中東の支配者は今も「アリババと盗賊ドモ」である! クソの「ゴーン」のように奴隷を搾り上げ蓄財し他者の財を巧妙に盗む者が英雄だと! | トップページ | He was Ghosn!? すら考えないKIXの税関(荷物)検査! 犯罪人でも、ナンでも持ち込め、ナンでも持ち出せる »