« ヤルヤル詐欺の " アホシンド " 単なる手段を目的と混濁し政策実現せず「政権維持」に汲々と手段を講じ 間もなく得意技の " 投げ出し " か | トップページ | 「コロナウィルス」に冷静な戦いで負けずに押し返を! 米国は入国禁止を全欧州に! フランスはカフェとレストランの休業へ! »

2020/03/14

臭禁屁とテドロスが仕掛けた「コロナウィルス」撒き散らし「世界経済破壊大戦争」か!?

"13日の金曜日 " とは云え、
先進国市場を始め「株価大暴落」に。


米国のトランプ親分は、
コロナを拈り潰すため、「国家非常事態宣言」を出し、
強力な500億ドル(5兆4000億円)の財政支援策を表明しこれを受けNYSE(証券取引所)は急騰し終えたらしいが。


引用開始→ 日経平均、下げ幅縮小 1万8000円近辺に
(日本経済新聞2020/3/13 11:31・14:32更新)

13日後場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は下げ幅を縮小し、前日比630円ほど安い1万7900円台前半で推移している。急落の反動による自律的な反発を見込んだ買いでアジア株が軒並み下げ幅を縮小している流れで日本株の売り圧力も弱まっている。

オーストラリア準備銀行(RBA)による市場下支え策への期待感からオーストラリアの株価指数は上昇に転じている。米株価指数先物も時間外取引で上昇に転じている。

「引き続き株価の急変動に注意は必要だが、日経平均は短期的に1万8500円程度への反発は見込める」(松井証券の窪田朋一郎シニアマーケットアナリスト)との声が出ていた。

14時現在の東証1部の売買代金は概算で3兆3937億円、売買高は24億4389万株だった。←引用終わり

引用開始→ トランプ氏、国家非常事態を宣言 新型コロナで (日本経済新聞2020/3/14 4:33・8:41更新)

【ワシントン=鳳山太成】トランプ米大統領は13日、ホワイトハウスで記者会見し、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて国家非常事態を宣言した。最大500億ドル(約5兆4千億円)の連邦政府の資金を活用できるようにして、検査や治療の態勢を強化する。全米各地で新型コロナの感染者が急増しており、国を挙げて対応にあたる姿勢を鮮明にした。

「国家非常事態法」などに基づき宣言した。災害支援に使う基金などを地方政府に振り向けられる。ワクチン開発などに計83億ドルを充てる追加予算も成立ずみで、対策費が増える。規制を一時的に緩和し、州をまたぐ遠隔医療や病床の拡充も実施しやすくなる。

トランプ氏は「ウイルスの脅威に打ち勝つ」と力説した。←引用終わり

引用開始→ NYダウ1985ドル高、過去最大 騰落幅は5日連続1000ドル (日本経済新聞2020/3/14 5:01・6:26更新)

【ニューヨーク=大島有美子】13日の米株式市場は3日ぶりに反発し、ダウ工業株30種平均は前日比1985ドル00セント(9.4%)高の2万3185ドル62セントで取引を終えた。上げ幅は過去最大。トランプ米大統領が新型コロナウイルスに関して国家非常事態を宣言し、政策を総動員する姿勢を示したことで米景気に対する投資家の不安心理が後退した。1日の騰落幅は初めて5日連続で1000ドル超となった。

NYダウは13日の取引開始直後に急上昇し、上昇幅は一時1300ドルを超えたが、その後は期待と不安が交錯して上げ幅が縮小した。米東部時間午後3時半(日本時間14日午前4時半)すぎにトランプ米大統領の会見が始まり、連邦予算を活用し検査や治療の態勢を強化すると述べたことで、再び株の買いが入り、取引終了間際にかけて急上昇した。

個別株をみると、前日に過去最大の下げ幅を記録した反動で、値ごろ感の出た銘柄を中心に買われた。ハイテク株ではアップルが12%高、マイクロソフトが14%高となった。前日まで大きく下げていたボーイング(10%高)など航空株も買われた。

長期金利の指標となる米10年物国債の利回りが上昇し、13日午後4時時点で1.0%台をつけた。1%を超えるのは3月5日以来となる。金利低下にともなう収益悪化懸念が後退し、金融株も大きく買われた。JPモルガン・チェースが18%、バンク・オブ・アメリカも18%、それぞれ上昇した。

ダウ平均は乱高下し、史上初めて5日連続で前日比の騰落幅が1000ドルを超えた。市場は新型コロナウイルスの感染拡大に関する情報に敏感な状態が続き、株式市場の不安定さが高まっている。

週間で見ると13日は反発したものの、前週末比では下落し、週間の下げ幅は2679ドルとなった。12日には歴史的な急落を記録し、前日と比べ2352ドル下げていた。米政権が、英国を除く欧州からの外国人の入国禁止措置をとるなど、人の往来減にともなう世界経済の減速懸念が拭えない状況が続いている。←引用終わり


狼狽売りとしか・・・・・


唖然! 驚然! 呆然! 愕然! ホォ~ ホケキョ!


もぅ「丸焼け」で大火傷かな!


中国が、これを狙い仕掛けた「コロナウィルス」バラ撒きテロなら、
G7を始め、世界経済は、急遽「大革命」の暴風に曝され、今の処は為す術が無い。
意図を隠し、仕掛けた「臭禁屁とテロリスト」の攻撃性は実に大きい!

|

« ヤルヤル詐欺の " アホシンド " 単なる手段を目的と混濁し政策実現せず「政権維持」に汲々と手段を講じ 間もなく得意技の " 投げ出し " か | トップページ | 「コロナウィルス」に冷静な戦いで負けずに押し返を! 米国は入国禁止を全欧州に! フランスはカフェとレストランの休業へ! »