« 「ロッテ」鳥谷 敬 選手を獲得! | トップページ | ヤルヤル詐欺の " アホシンド " 単なる手段を目的と混濁し政策実現せず「政権維持」に汲々と手段を講じ 間もなく得意技の " 投げ出し " か »

2020/03/12

春のセンバツは中止を決定!

これは主催者でもある「毎日新聞」を引用しておきたい。
「春はセンバツから!」が合い言葉だったので、今年の「春」はないのだ!


高校野球連盟会長の八田英二先生の苦渋に満ちた表情は余りにも辛く悲しかった。
「収拾した時に、出場予定の高校生を『甲子園球場』に招き体験させたい」と。


毎日新聞は、
意地でも政府批判を貫徹するために、センバツ開催を採るかと期待したが、
「高校野球連盟」は文部科学省に管轄監督されているので、毎日新聞が抗っても高野連は抗わず悔しくても「白旗」を掲げ。
毎日新聞は、センバツ開催に踏み切り、政府批判を貫き「不服従」として反体制を明確にすれば「万雷の拍手」くらいは送ったけれどネ!


これなら「憲法改正反対」も口先だけで総崩れになるか?
まぁ「憲法改正」を掲げる凡凡も、実は「口先」だけで迷走する馬鹿吏だけど。


引用開始→ センバツは中止 新型コロナで運営委決定
(毎日新聞2020年3月11日 18時00分(最終更新 3月11日 20時05分)

 第92回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催、朝日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)の臨時運営委員会(委員長=八田英二・日本高校野球連盟会長)が11日、大阪市北区で開かれ、新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえて大会開催の可否を検討した結果、中止を決定した。今月4日の運営委員会では、無観客での開催を前提に準備を進め、11日に再協議するとしていたが、その後、感染拡大の収束が見通せず、選手や関係者の安全を完全に守ることは難しいと判断した。

 記者会見で毎日新聞社の丸山昌宏社長は「憧れの甲子園で何とかプレーさせてあげたいという思いから、無観客での開催をぎりぎりまで模索してきた。甲子園出場の夢をつかんだ選手のみなさんの心情を考えると断腸の思い。初めての中止は主催者にとっても痛恨の極みだが、選手には夢に向かってこれからも頑張ってもらいたい」と話した。

 臨時運営委では、無観客開催を前提に大会本部がまとめた感染予防対策が示された後、阪神甲子園球場のある兵庫県や大会中の滞在先となる大阪府をはじめ、全国的に感染者数が増加していることを確認。また、出場校の動向についても報告があった。

  ◆  ◆  ◆

安全最優先 苦渋の決断
 新型コロナウイルスによってお亡くなりになった方々のご冥福をお祈りするとともに、罹患(りかん)された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

 感染拡大を受けて、第92回選抜高校野球大会については無観客での開催に向けて準備をしてきましたが、11日の大会臨時運営委員会で中止を決定しました。開催に向けてあらゆる感染防止対策を準備してきました。しかし、国内の感染が収束する見通しは立っておらず、選手が安心して大会に参加できる環境を19日の開幕時点で整備できるかどうか不透明なこと、練習の一時中断などで選手たちが十分な準備をして大会に臨むことが難しくなっていることなどから、苦渋の判断となりました。

 甲子園の舞台を待ち望んでいた32校の選手たちはもちろん、選手を支えてこられた学校関係者やご家族の皆様のお気持ちを考えると、誠に心苦しい思いですが、選手たちの安全を最優先に考えたうえでの結論です。全国の高校野球ファンの皆様にもご理解いただき、次の夢に向かって歩み出す32校の選手たちにどうか温かいご声援を送っていただきますよう、お願い申し上げます。

2020年3月11日

日本高等学校野球連盟

毎日新聞社 ←引用終わり

「夕刊フジ」も、
読者を10日間、引っ張るネタが少し無くなったネ!


引用開始→ 選抜高校野球、中止が決定 100年の歴史で初
(夕刊フジ2020.3.11)

 新型コロナウイルスの感染が拡大する中、日本高野連(八田英二会長)は11日、19日から甲子園球場(兵庫県西宮市)で開催する予定だった第92回選抜高校野球大会を中止すると発表した。100年近い歴史がある選抜大会が中止されるのは、戦中・戦後の中断期間を除けば初めて。この日大阪市内で開いた臨時運営委員会で決めた。

 日本高野連は4日の運営委と臨時理事会で通常開催を断念し、無観客での開催を前提として準備する方針を決定。最終的な開催の可否については11日に再度運営委を開き、出場校の健康状況や国内の感染状況などを総合的に検討した上で判断するとしていた。

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、安倍晋三首相は10日、全国的なスポーツイベント開催の自粛要請について、さらに10日程度の延長を求めると発表した。

 これに先立つ9日には、「新型コロナウイルス対策連絡会議」の第2回会議での専門家からの助言を受け、プロ野球は20日に予定されていた公式戦開幕の延期、Jリーグは18日を目指していた公式戦再開の延期を決定。野球を除く高校スポーツの全国大会は全て中止となるなど、スポーツ界には自粛の動きが広がっていた。(産経新聞) ←引用終わり

同調圧力に屈し、受け容れる必要はナイと考えるが。
毎日新聞も、基本的に同調圧力に弱体で、直ぐに屈するのだ!


引用開始→「やむを得ないが…」「同調圧力に負ける必要ない」選抜中止、識者や専門家はどう見る
(2020.3.11 20:54産経WEST)

 無観客開催方針から一転して中止へ-。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、11日に中止が決まった選抜高校野球大会。関係者や専門家はどう見るのか。

 「国の一大事だし当然だろうが、選手がかわいそうだ」。こう語るのは、青森・三沢高でエースとして活躍し、春夏通じて3度甲子園に出場した元プロ野球選手の太田幸司氏(68)だ。

 日本高野連が4日に無観客開催の方針を示したことに触れ、「まだ何も決まっていないといえばよかった。無観客開催の方針を受けて『よし、やれる』と思った選手も多いはずで、発表の仕方は失敗だった」と批判。「なにかしらの形で、選手が甲子園の土を踏む機会があれば」と求めた。

 スポーツライターの小関順二氏は「ウイルスの流行が収束する気配が見えない以上、やむを得ない」とした上で、「高校野球は夏も合わせると100年以上の歴史があり、単なる部活動ではなく国民的な娯楽として親しまれてきた側面もある。伝統を絶やさないという意味でもなんとか開催したかったはずだ。苦渋の決断だっただろう」と話す。

 甲子園常連校である東京・帝京高野球部の前田三夫監督(70)は中止決定に理解を示しつつ、「甲子園は球児らにとって一つの大きな目標。選手たちは、甲子園に行ける喜びを当然持っていただろう」とおもんぱかった。

 同高野球部も2月28日から活動を休止しているが、「野球ができるような状態になるための自粛。選手たちには夏の大会開催があると信じて、個々でトレーニングを重ねるなどの努力をしてほしい」とエールを送った。←引用終わり

|

« 「ロッテ」鳥谷 敬 選手を獲得! | トップページ | ヤルヤル詐欺の " アホシンド " 単なる手段を目的と混濁し政策実現せず「政権維持」に汲々と手段を講じ 間もなく得意技の " 投げ出し " か »