« ようやく「習近平」の国賓招日を延期と発表! 併せて中・韓からの入国禁止も! 腰を退く揉み手外交は相手を考えろ! | トップページ | 内閣支持率はジワリジワリと低下し 不支持が静かに上昇し 「情弱感情過多」で吾を忘れたネット民ミギ呆だけは不支持層を口撃し »

2020/03/07

嗚呼! 伸びきった " アホシンド " の、不味い「アベカワモチ」を無理矢理、喰い続け「咽」に詰め苦しむ前に・・・・・

議員の某と、過日の雑談で。
自民党定期党大会で、総裁任期の3期9年への延長を熱い空気の中で決議したのが、2017年3月5日だった。
今は4期12年にと、一部に声もあるが拡がりを見せない。
もぅ、伸びきった不味い「アベカワモチ」を、喰い続け咽に詰めるのは疲れると・・・・・


実際に、政権担当の最長記録が目に入った頃から、達成すると掲げた「政策目標」の実現と手段に過ぎない「政権任期」を混同し、実現すべき目標を失ったのか、周囲への目配りだけが目立つようになったと。


熱い支持者は、当初、大きな期待を込め、掲げる「政策」を実現する事を願い手段として支持したのだが、3期9年が決まって以降は、周囲の「お友達」に配慮し、記念碑を形成し「レジェンド」だけを追う姿勢が明らかになったように見受けると。


ご当人は、ハッキリと意識しているワケじゃないと受け止めたいが、いま現在くり出す「対処」「対応」には、一貫性を保つための遣り繰りが、第1次の際に見せたのと同様、ボロボロと欠落が目立つようになってきた。
その多くの要因は、十分な体系理解と状況把握能力を根本的に欠くためではないかと思われ、基本的に「対案」の提言に耳を貸さなくなり、周囲を「イエスマン」で固め、有能な助言者を排除するか、あるいは必要な人財が去ってしまうという、真に末期的な症状を露呈し始めたとしか言えない。


こうなると、支える側は「線」を引き、自然に「距離」を置くようになる。一般的に見えないように周囲は懸命に支え体面を保つのだが、それには自ずと限界があり、ポロポロ、ボロボロと漏れ出しているともいえるのが現在の情況だ。


どのような政権でも、安定した社会環境の下では、政権を握る者が、それなりの理想や実現したい政策を正常に持つなら、支える官僚の取組みを受け、誰でも「安定した政権運営」ができる。
問題は、社会が危機に瀕した際に、本当の「度量」「決断力」「リーダーシップ」が試される。


また、何よりも、
如何に秀でた政治家でも、行政は有能な官僚を適切に配置し任せない限り進捗せず、官僚の使命を讃え業務と名誉を与え手綱を締め緩みを与えず、自らも高潔で矜持を保ち緊張感を維持し裏切りなく、その欠落は瓦解に直結す。


そして、
戦略や政策の錯誤は戦術を以て補い得ず、戦術の誤りを作戦で回復できず、前線の兵が勇敢に戦技発揮するも、戦局転換は能わず。


無能無策に、無自覚ヒステリーは大騒ぎし、策無く揚げ足取りだ


思考停止による贔屓の引き倒しが顕され、その論点にオドロキ。
しかし日本の社会は全般に冷静で、怒アホな汚バカの未熟を眺め、狼狽の決定を苦笑しても渋々受容する事情も考えぬネット民のウロウロウヨクに汚バカ把ヨクは、慈悲もない。真に無念か!

|

« ようやく「習近平」の国賓招日を延期と発表! 併せて中・韓からの入国禁止も! 腰を退く揉み手外交は相手を考えろ! | トップページ | 内閣支持率はジワリジワリと低下し 不支持が静かに上昇し 「情弱感情過多」で吾を忘れたネット民ミギ呆だけは不支持層を口撃し »