« コロナウィルスは「空気感染する」と米国の研究所が指摘し、大分県は厚労省に「オンセンケンはカンセンケンではない!」とモンスタークレームをつけ! オォ~ッ イタァ! | トップページ | いよいよ本命の「コロナウィルス」は「アフリカ大陸」で大爆発的大急増! »

2020/03/20

「府県境を越える往来の禁止」 遂にきたか!? でもでも実質的な効果は全くなくゼロだろう・・・・・

大阪府知事は、20日から3日間、兵庫県側からの入境禁止と大阪側からの出境禁止を突然求め、衝撃が走る。


阪神間は、二つの府県、二つの政令都市を含め、中間の阪神地域に200万人が住み、大阪側から11万人、兵庫側から33万人が効率よく往来し支え合う地域です。


引用開始→「急すぎる」兵庫-大阪の往来自粛 市民や企業困惑
(2020/3/20 06:30神戸新聞NEXT)

 「急すぎる」「対応が間に合わない」。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、兵庫県と大阪府の間の往来自粛が呼び掛けられた19日夕、兵庫県内の市民や企業に戸惑いが広がった。両府県では感染者数が増え、全国の感染者数の2割に上る。市民らは理解を示しつつ、日常生活に突き付けられた要請に困惑の声が上がった。(まとめ・竹本拓也)

 この日はまず、大阪の知事や市長から「3連休」と強調した形で方針が発表された。

 兵庫県内に本社を置く食品メーカーの広報担当者は「人繰りなど3連休の対応は間に合わない」。週末も働く従業員がおり、府県境をまたいで通勤する人も多いという。西宮市から大阪の鉄道会社に勤務する40代男性も「仕事が入れば注意しながら行かざるを得ない」と漏らした。

 大阪と神戸を結ぶ鉄道各社は20日も通常ダイヤで運行する。神戸市垂水区の建設会社社員の男性(56)も出勤する予定で「本当に感染拡大を防ぎたいなら、京都や岡山など隣接する他府県の往来も制限すべきでは」と不満顔だった。

 一方、兵庫県の井戸敏三知事は、3連休とは区切らず「不要不急の往来自粛」を呼び掛けた。

 関西学院大学を卒業した西宮市の男性(22)は連休中、同級生らと大阪で遊ぶつもりだった。東京に就職するためしばらく会えなくなる友人も多い。「外出するかどうか悩んでいる」

 3日からの臨時休園を終え、20日に営業再開する「神戸どうぶつ王国」(神戸市中央区)。大阪からの来場者が全体の約2割を占めるだけに、佐藤哲也園長(63)は「十分な防疫体制を整えてきただけに残念。終息まではやむを得ない」と冷静に受け止めた。←引用終わり

実質的に「往来禁止」は困難だろう。
道路一本、川一本、職住工混在地の中に府県境が走る。
例えば、大阪空港は滑走路が両府県に跨がり両府県の3市に拡がり、ターミナルビルを歩くだけで、3市の2府県を何度も踏み越えるのだが。
行政は違っても、生活文化圏は同じで、一体なのだし、実際を知らぬ専門家と称す、汚バカによる「要請」は混乱を増すばかり。


引用開始→ 往来自粛の期間食い違い 大阪「3連休限定」で兵庫「当面」
(2020/3/20 06:45神戸新聞NEXT)

 兵庫県は往来の「当面の自粛」を求めたのに対し、大阪府は「3連休」に限って呼び掛け、両府県でちぐはぐな要請となった。

 大阪府の吉村洋文知事が兵庫で感染者が増えている状況を取り上げ、強調したことについて兵庫県の井戸敏三知事は「(あちらが)指定されたから、こちらも指定した」とぶぜんとした表情。要請に「大阪」との往来を明記した理由を不満げに述べた。

 その上で「だいたい人のことはあんまり言わない方がいい」と強調。「われわれはしっかりこのようなメッセージを出して、県民に訴えている」とした。

 両府県も含めて関西広域連合に参加する関係自治体は15日、感染患者が入院可能な病院間の連携やマスクなどの医療品を融通し合うことを決定したばかり。連合長を務める井戸知事は「その通りに対応していく」と述べた。

 一方、神戸市役所内で報道陣の取材に応じた久元喜造市長は「(国からの)情報が来ていないので、コメントのしようがない」と語り、足早に立ち去った。テレビのニュースを見ていた職員は「僕ら、ぽかーんですよ」と驚きを隠さなかった。(井関 徹、初鹿野 俊、横田良平)←引用終わり

|

« コロナウィルスは「空気感染する」と米国の研究所が指摘し、大分県は厚労省に「オンセンケンはカンセンケンではない!」とモンスタークレームをつけ! オォ~ッ イタァ! | トップページ | いよいよ本命の「コロナウィルス」は「アフリカ大陸」で大爆発的大急増! »