« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月

2020/04/23

発展途上ながら コロナ禍で一大ブームの Zoom 欠陥を指摘され「暗号化」を進めるとユアンCEOが述べ騒動の沈静化へ

Zoom 何かとお騒がせですが!


どのようなモノあるいはコトが最初に持ち上げられ,手放しで受け入れ普及を促進する先頭集団があるワケですが。
その過程で快く思わないヒトも存在するわけです。
また,世の中のあらゆる物が「発展途上」にあるわけですから,弱点や欠陥を抱えています。
要は,利用者がそれを何処まで理解し許容する(できる)かにかかるとも言えます。


さて,その人気沸騰中の Zoom に,重大な欠陥があり,重要データの流出リスクがあると指摘され,喧しい騒動になりました。


新しいコト,斬新なサービスを提供すると,必ずそれを破ろうとする者が現れるのは当然の事です。
Zoom も, その洗礼を浴びていると言えます。


で,指摘の点を克服する「暗号化」について,CEO が改善を明言したというワケで。
そりゃ存亡がかかっているワケだから当然でしょうが。


引用開始→ Zoom、5月末までに暗号化強める CEOら説明
(日本経済新聞 2020/04/23 12:11)

「ズーム」は使いやすさで支持を集めた一方、利用者のセキュリティー対策も求められる=ロイター

エリック・ユアン最高経営責任者(CEO)や、外部専門家として対策に参画する元グーグルのレア・キスナー氏、元フェイスブックのセキュリティー責任者で対策に加わったアレックス・スタモス氏らが同日開いた説明会での主なやり取りは以下の通り。

――暗号化の強化とは具体的に何をするのか。
キスナー氏「暗号化の枠組みを『AES256ビットECB』と呼ぶものから『AES256ビットGCM』に変える。(暗号文に平文と同じパターンが現れる)ECBと比べ、GCMでは会議データの保護を強化でき、改ざんしにくくなる。来週のソフト更新でサポートを始め、5月30日にシステム全体に適用する。暗号化に関して、有料ユーザーと無料ユーザーの区別はない」

――利用可能性のあるデータセンターをユーザーが選べる機能を4月18日に加えた。中国のデータセンターを経由していたという指摘への対応だが、米国のサーバーがパンクして再び誤接続が起こる恐れはないか。
ユアン氏「自社のデータセンターの増強を続けるほか、米アマゾン・ウェブ・サービスや米オラクルといったクラウド企業も協力してくれている。3月時点で2億人だったズームの利用者は4月21日までに3億人に増えた。データセンターのインフラを担うパートナーとの協業を通じて需要の増加に対応し続けていく自信がある」

ユアンCEOらズームの幹部は安全性に関するユーザー向けの説明会を毎週開いている

――ズームは顧客のデータを外部に販売しているか。
ユアン氏「データを販売したことは決してないし、売りたいと思ったこともない」

――4月1日に90日間はセキュリティーの強化に集中すると説明した。現在の取り組みは。
スタモス氏「独立した3社にセキュリティーの監査をしてもらっている。具体的には『ホワイトボックス侵入テスト』を通じて脆弱性を洗い出している。テストで見つかった脆弱性はただちに(ズームの)エンジニアに報告され、できる限り早く修正している」
ユアン氏「(参加者による画面共有など)安全な利用を支える機能を1カ所にまとめ、目立つ位置に『セキュリティー』のアイコンを設置した。一つひとつは以前からある機能だが、どうやって設定すればよいのかユーザーにわかりにくかったため改善した。不審な利用者を通報する機能も近く加え、ズームを安全に使ってもらいやすくする」
「急増するユーザーとのコミュニケーションが鍵だと考えている。(週1回の説明会などを通じて)透明性を高め、改善を続ける。どんな意見でも知らせてほしい」

――不審者が会議に侵入する「ズーム爆撃」を防ぐため、ホストが参加者を承認する「待機室」が基本設定になった。ただ、本来の参加者が来ても気づかない時がある。通知機能などを加える計画はあるか。
ユアン氏「すでに改善に取り組んでおり、近く更新する。(待機室の機能を)もっと使いやすくする」

――安全性と使い勝手のバランスをどう取るのか。
ユアン氏「安全性を高めながら、利便性も損なわないサービスにしていく。ただ、すぐに両立できないときはセキュリティーとプライバシーを優先する」

■落ち込んだ株価は再び上げ基調に

 ズームはもともと約1000万人が使う企業向けのビデオ会議サービスを手掛けていたが、新型コロナウイルス感染を防ぐための外出制限が広がったことで利用者の数と裾野が急速に拡大した。その過程で安全性の不備があらわになり、専門家やユーザーからの指摘が相次いだ。

 ただズームが個々の指摘への対策を講じているほか、米国ではパスワード管理などユーザー自身が気を付けるべきことへの理解も進みつつある。3月下旬に3割近く落ちた同社の株価は4月7日を底に反転。22日の終値は150.25ドルで、最高値を付けた3月23日の94%の水準まで戻っている。←引用終わり

|

2020/04/22

外出自粛など自分は知らぬ,と湘南へ押し寄せる車とヒトの波「真白き富士の嶺 気高くて」も見下ろしオドロキか?


「湘南」の自治体は,押し寄せる「人・ひと・ヒト」に悲鳴!
報じられるのを見ると,確かに深刻ですよね! 湘南の海って言う「相模湾」へ押し寄せるのは異常だ。
江ノ電も道路も材木座海岸も大混雑に襲われ,ナンだこりゃと!? 印象として実にオソロシイ光景だった。


「来るな!」と,言いたくなるのは分かる。
それは,軽井沢も同じでしょうね,


「外出自粛」で不満も溜まり,何処かへ出かけたいだろうが。
想像力があれば,ここは「忍耐」し「辛抱」しなきゃ。

物質的な豊かさは満たしても,心の豊さを欠くゆえの結果なんでしょうが。


引用開始→ 新型コロナ 知事「今は神奈川に来ないで」 沿岸市町は強硬措置要望
(神奈川新聞 2020年4月22日13時10分)

 新型コロナウイルスの感染防止で外出自粛が要請される中、湘南海岸などに大勢が訪れている問題で、黒岩祐治知事は22日、「その外出は命よりも大事なものですか」と訴える緊急メッセージを発表した。県はゴールデンウイークを前に、海に入らないよう求める看板を設置し、主要な国道や県道の表示板で「今は神奈川に来ないで」と呼び掛ける。

 知事は同日の定例会見で「普段なら『どんどん来て』とお願いするところだが今は逆。神奈川には、湘南の海には来ないでほしい」と強調。その上で「ドライブやレジャーの外出は、感染によって命が脅かされることよりも重要なことなのか、冷静に判断してほしい」と語った。

 この日は、鎌倉、藤沢、逗子市と葉山町の4首長が知事に要望書を提出。相模湾沿岸の他の7市町とともに、海岸エリアの封鎖や主要国県道の通行止めといった強い措置を求めた。

 松尾崇鎌倉市長は、19日午後に市内の海岸近くで調査した結果、約3割が県外ナンバーの車だったとし、「その後も増えた印象がある」と指摘。「行動を止める具体的な手だてを打たないと、市民の命、健康を守ることはできない」と訴えた。山梨崇仁葉山町長も「自粛疲れも理解できるが、なんとか我慢をお願いしたい」と語った。

 ただ、各首長が求めた通行止めなどの措置を県は打ち出さなかった。知事は「今の特措法の下では知事にそこまでの権限がない。できる範囲で要望に応えた」と理由を説明した。
 本来は歓迎すべき観光客らの来訪をどう抑えるか、湘南エリアの自治体は対応に苦慮している。←引用終わり

|

2020/04/21

中国🇨🇳は「コロナ菌」流出の証拠隠滅と「世界大戦争」に向け着々と準備をし 火事場泥棒と同じく支配地の囲い込みで領域拡大を進め

都合の悪い事は隠し,無かった事にするのは,中国🇨🇳の常道手段だ!
他国には,平然と言い掛かりを付け,自国の正義を主張する。


中国🇨🇳を非難する動きは,断じて許さず,平然と攻撃する。
攻撃こそが最大の防御と,そこに他国の主権や他者の権利は存在しない。


中国🇨🇳は,コロナ禍の終息後に描く「世界制覇」のシナリオを着々と展開している。


南シナ海に,勝手な行政区「三沙市」などを設け,ベトナム🇻🇳領,フィリピン🇵🇭領,公海などを無視し,チベット同様に囲い込む意志を明確にしている。


やはり,中国🇨🇳を震源にする「世界大戦争」は避けられず,欧米主導の世界秩序は分断を避けられないだろう。

引用開始→ 米、コロナで中国の責任追及へ! 地図上から消えた?武漢市の「重要施設」とは… 「疑惑の研究所」に迫る! (夕刊フジ 2020.4.20)

 ドナルド・トランプ米政権が、新型コロナウイルスの世界的大流行(パンデミック)をめぐり、習近平国家主席率いる中国の関係追及に乗り出したようだ。複数の米国メディアが先週、湖北省武漢市にある「研究所」について一斉に報じたのだ。世界全体で死者16万人超、感染者230万人以上(米ジョンズ・ホプキンズ大学19日集計)という甚大な被害をもたらした責任はどこにあるのか? 「地図上から消えた」とみられる重要施設とは。ノンフィクション作家の河添恵子氏が、緊急連載第11弾で「疑惑の研究所」に迫った。

 「彼らの『新しいラボ(研究所)』は、高度封じ込めの実験室を安全に操作するために必要な訓練を受けた技術者と研究者が、深刻なほど不足している」「ラボには大規模な管理上の弱点があり、深刻な健康上のリスクをもたらす危険性があり、ワシントンが関与するよう…」

 これはワシントン・ポスト紙が先週火曜日(14日)に報じた、駐中米国大使館員2人(環境、科学、健康部門)による公電の一部である。武漢市の「新しいラボ」の研究者らと面談して、2018年1月19日に「敏感だが機密扱いではない」レベルでワシントンに送ったという。

 この「新しいラボ」の詳細を記す前に、武漢市には2カ所の「中国科学院武漢病毒(ウイルス)研究所」があることを説明したい。
 1つは、中国当局が当初、「新型コロナウイルスの発生源」としていた海鮮卸売市場(=すでに解体)から、長江を隔てて約12キロ離れた地点、武漢市武昌区にある。

 もう1つが、前出の米国大使館員が指摘した「新しいラボ」だ。海鮮卸売市場から南へ、直線距離で30キロ以上も離れている。中国の官製メディアは数年前までは、「武漢国立バイオセーフティー研究所(武漢国家生物安全実験室)」と記していた。地名は「武漢市江夏区中国科学院武漢病毒研究所鄭店園区(ヂェンディエン・サイエンスパーク)」。

 近年は、「中国科学院武漢病毒研究所」と称し、ヘッドクオーター(本部)も「武昌区」から「江夏区」に移っていたようだ。
 SARS(重症急性呼吸器症候群)が流行した翌04年、中国の胡錦濤国家主席(当時)がフランスを訪問し、ジャック・シラク大統領(同)と「中仏予防・伝染病の制御に関する協力」の枠組みを締結した。これ以降、「中仏P4実験室」と生物安全実験室が設置され、スタッフの研修が始まった。

 習主席が14年3月、フランス・リヨンのメリュー生物科学研究センターを見学し、「『新しいラボ』の建設は、中国の公衆衛生にとって大変に重要であり、中国とフランス両国の協力の素晴らしい象徴」などと指摘した。
 親組織に当たる中国科学院は、「100人計画」プログラムに応募した15人と、全米優秀青少年基金の受賞者5人などの若手を含む、理系のスーパー頭脳を選び、「新しいラボ」に送り込んだ。

 16年12月の公式ウェブサイトには、189の科学研究職を含む合計266人のスタッフのうち、81%が博士号と修士号を取得していること。その多くが、主に米国、フランス、デンマーク、日本、オーストラリア、シンガポール、オランダ、英国など海外とのつながりを持っていることも記されていた。←引用終わり

|

2020/04/20

日本は戦略も無いまま,未だに「神国」の「精神主義」と「自己犠牲」を強いるばかりで,無知のまま疲弊し続け終わるのか

不要不急の外出を自粛し,テレワーク,リモートワーク,時差出勤に時差退勤,三密を避け,咳エチケットを守り,などが,言われ既に1ヶ月。


悲喜交々,日本は個々人の自主性を重んじ,強制力を行使せずに過ごしたと言えます。
日本は独自の方法を模索し格闘し,威勢のよい声は,強力な強制力を持つ規制が必要と求め,その可否で揺れ続け。
互いに,戦略などなく「言いたい事」を勝ってに言い合うだけで彷徨い続け。


日本は第二次世界大戦の前哨戦であった「ノモンハン」で戦略なく敗戦を書き換え隠蔽し居直り。
転換の戦いとなった「ミッドウェー海戦」では錯誤による敗戦。
そして決定的な戦略も補給もない「ガダルカナル」での消耗戦による敗戦。
そのまま「インパール」「サイパン」「グァム」「フィリピン」「硫黄島」「沖縄」と重要拠点で回復もなく,最終的に核兵器を含む絨毯爆撃を浴び全てを失った。


「神話」と「精神論」は「戦略」と「生産力」の前に虚しさを残し,今も事実を受け止め,なお「評価」もできず,立ち直れていない。


医療現場では,ヒトも,モノも,必要な補給もなく,あるのは「高い医療技術」があるとの神話。
求められるのは,エンドレスで過度な献身性という怖ろしさで,疲弊もピークで「院内感染」が多発し,予て指摘され続けた「医療崩壊」と「感染大爆発(オーバーシュート)」とされる事態にも。


この期に及ぶも,参謀本部ともいうべく「政府の専門家会議」は,最初から同じ事を指摘し続けているが,指揮し決断する側が正確に理解せず,想像力を欠くため必要な「創造力」も発揮できず,絶える方向へ彷徨う事を定めたのか!?
官僚は「決断」しないのだ。
様々な「遣り口」を提示するが,選択し,決断し,領導するのは政治家の仕事なのだ。
政治家が決意を持つなら,バカヅラを晒し「自宅」で寛ぎ呆けているヒマなどの時間は無い!


そんな事をされりゃ困るのだ!
ヨメも時間と躰を持て余し自覚もなく,ホロホロ遊び歩く始末だから,国民は嘲笑しガッカリし小馬鹿にしている。
しかし,歓呼に近い熱を帯び選択したのも多くの国民である。
そのツケが廻されてきた。
いま,替えた処で情勢は大きく変わらず!


醜い「ガス抜き」とは言え,下らない「ウワサ」を真実も確かめず,都合よく切り取り感情的に叩き非難する「風説流布」に手を貸し時間を潰し,ハシャイでいるのは,人の退行で幼稚化を無邪気に愉しんでいるのか?


例えば,10 万円の支給で,醜い自慢をするな!
保守もパヨクも愛国も売国も口汚く言い合う前に,経済の知恵を出せ!
それが無いなら黙ってろ!
国民は議員の無能を静かに観ているゾ!
給与は半分,歳費,政党助成金を全額返上しろ!
それから聞いたような口を叩け!


出でよ,火中の栗を拾う覚悟を持つ者よ!
例えば,鈴木貫太郎のような肚を括れる政治家よ!

|

2020/04/19

中国🇨🇳が引き起こした「コロナ菌」バラ撒き「第三次世界大戦」に負けてはならない!

コロナウィルスとの戦い、これは明らかに中国が仕掛けた「世界戦争」です。

巷間で囁かれ多くの知識人には静かに共有され、多くの人もナンとなく感じているように、中国🇨🇳が密かに都合の良く企む新たな「世界秩序の再編成」の仕掛け戦争だろうと、やはり疑いを否定できませんね。

戦争って、最初その時点では「大きな意図」は無く、当事者も気づかない小さなミスが原因で、気づいた時は大変な事態に発展し、個人の責任より「国家」の責任や意図あるいは存立そのものが問われる重大事案になり、その責めを負いたくないために「隠蔽」を工作し全ての関係「情報」を遮断し、被害者の立場を装い同情を集め、表向きは「健気」な態度をとるのだ。

しかし、裏面では密かに爪を研ぎ、企図していた野望「世界制覇」の実現へ向け、凡ゆる手を尽くすのだ。
「熱い戦争」ではなく「静かな戦争」で、既存の「世界秩序」の徹底破壊により中国🇨🇳が中心の、新たな世界秩序を形成しようとしている。

自国の中で、原因の周辺部で、生じてしまった「感染被害」を抑え込むために「限界」の線引を行い、其処までは「戦術」を駆使し損失の減少に勤め、あくまでも「被害者」としての同情を乞うのだ。
仮に死者が1万人になろうとも、130万人を超えるまで、それは13億人の1%にも満たないのであり、騒ぐ事ではないと涼しい顔だ。

それより、世界の先進各国が混乱し「秩序」を乱し、生産力を大いに喪い衰退し、中国🇨🇳を中心にする新しい「世界秩序」が形成される事が重要なのだ。

中国🇨🇳は、既に報じられているとおり、自らの責任に頰被りし、弱体な国へ「医療支援」だなどと、新たな勢力拡大に向け「侵略」を堂々と進めている。
先ず、国際社会は、この厚顔な横暴を許してはならない。

引用開始→ 国内感染1万人超す 新型コロナ、9日間で倍増 (日本経済新聞 2020年4月18日 21:21)

国内で確認された新型コロナウイルスの感染者が18日、累計で1万人を超えた。1日の新規感染が500人を上回る日が増えており、爆発的な感染拡大(オーバーシュート)を食い止められるか、なお瀬戸際にある。緊急事態宣言が全国に出される中、引き続き外出自粛などを通じて拡大を抑え込む必要がある。

累計の感染者数は18日午後9時時点で1万276人、死者は222人。東京都で同日、新たに181人の感染が判明するなど、増加ペースは高水準だ。退院した人は同日正午時点で1052人となった。
都市部を中心に感染経路が分からない人が増えており、市中感染が広がっているとみられる。クラスター(小規模な感染者集団)を追跡して感染の広がりの全容を把握するのは事実上、困難になっている。

日本で累計感染者が1千人を超えたのは3月21日、5千人を超えたのは4月9日で、そこから9日間で倍増した。1千人から1万人までは1カ月弱のペースだ。
米ジョンズ・ホプキンス大学のまとめによると、米国では3月11日に感染者が1千人を超え、同19日に1万人を突破。同27日までに10万人台に乗るなど加速度的に増えた。日本はそれに比べると増加ペースが緩いが、ウイルス検査件数が伸びず感染者を正確に把握できていないのではないかとの指摘もある。

感染拡大を受けて政府は16日、緊急事態宣言の対象を全国に拡大した。合わせて改定された政府の基本的対処方針は、感染者が急増している東京や大阪以外の地域についても「感染が拡大すれば医療が機能不全に陥る可能性が高い」と指摘し、感染拡大の理由を「3月の3連休にかけて警戒が一部緩んだため」とも分析した。

安倍晋三首相は17日の記者会見で、人と人の接触を8割減らすとの取り組みについて「目標レベルに達していない」と述べ、移動の自粛を改めて訴えた。←引用終わり

|

2020/04/18

CV-19 こと「新型コロナ菌」世界への撒き散らしは 中国が求める都合の良い世界秩序を得るために仕掛けた 第3次世界大戦だと!

中国🇨🇳が,世界再編と盟主を目指しWHOのテドロスを嗾しかけコロナ菌を撒き散らし,ウィルス テロでWWⅢを仕掛け。


各国は正解のない克服に追われ疲弊させられ,油断している隙に,中国🇨🇳は着々と弱体な国へ恩を売り歩く始末で,騙されるんじゃない!


WHO は,批判を受け止め,積極的に調査をと!
7000人も職員を抱えるって,ただただスゴイとしか。
国連🇺🇳も,世界的には局地戦争を除き,平和が続き過ぎ,殆ど機能しなくなり,上級職員を軸に「生活維持の場」に成り下がり,無責任を通り越して唖然でしかないワケで!
本体の国連そのものが機能不全で,責任を放棄し無責任を決め込み,,何の役にも立っていない。もぅ明らかにガッカリ😞だ。
この度,どれほど「裸の王様」が明らかになった事か!


コロナ菌が世界に蔓延する前,
多くの疑惑があるとされ,注目を集めていたが,これまでは「懸念」と,ここだけの「噂」として扱われてきた。


【解説】新型コロナの流出源? 武漢研究所を取り巻く疑惑

習近平の中国は,都合の悪い悪事や企みは隠し,懸命に否定してきたが,隠せば隠すほど「疑惑」が高まりつつあった。
しかしながら,ここにきて「米国の研究機関」が,従来からの経緯を,積極的に公表した事で,俄かに「国際的な疑惑」として,検証すべき「俎上」に挙げられ,ワシントンポストを始め,遂には AFPが記事にして世界へ報じた。
武漢の研究所で「コウモリのコロナ菌」が,外部へ漏れ出し,慌てたものの事態の露見を怖れ,素知らぬ顔を決め込み,同時に「最重要機密事項」として,北京へ報告され,慌てた習近平指導部は対策を強化し,言論統制を強めたとの推察も,当初から指摘されていた。
また,この事実は「WHO」も独自に極秘に知って(把握し)いたのではないかとも受け止められているとか。
そうすると,不可思議なテドロスの行動や言動にも合理的な説明ができる。
(よぅ知らんけど)

|

2020/04/17

コロナウィルスとの戦いに「正解」など無い!! 各国はそれぞれの知見と医療技術を発揮し生存を賭けた戦争中だ!

民主主義国家の基本は,
最大多数の最大幸福の提供であり保持であり。
だから全ての人をカバーし,できるワケではない。
公共の福祉,社会の安全,これらを押さえた上でのテーマだ。

どこにも,正解などないのだから,最大公約数に応え,社会の安全安寧を守り枠組みを壊さない事だ。


統制社会と違い,各々の考えや意見が違うのは当前で良い事だ。
互いによく考え,強要せず,実行でき責任の取れる結論を得る事で,ガス抜きも結構だよ。
でも決めた事は不満でも守ろうね。
批判もOKよ,国家権力と正面から実力対峙する覚悟があればやれ!


「日本が,WWⅡ以降に形成した,戦後民主主義の枠組みを維持」し,当たるワケで。
日本国民一人ひとりが,自制し.自問し,自省し,控えよう。
大きな社会貢献をと言う前に,自分ができる事に責任を持ち取り組む事だ。
ヒーローは不要だ。誰もができる事を確実に!


大した納税もしない者が,30万円がヨイとか,10万円の給付は損だとか,恥ずかしいと思えと文句垂れを一喝した。


自らの政治理念や理想はファンタジーでよいが,掲げる政策はリアリズムで考えなきゃ話にならず。
現実を見ず目を瞑り自分の穴蔵へ逃げ籠り,ミットもなく寝言を垂れるのは止めろ,首を刎ねられる覚悟で毎日と対せ。
後輩の国会議員へ強く助言した事だ。

|

2020/04/16

嗚呼 脆弱だった日本の社会基盤2題! 大丈夫か脳天気のアホシンド

コロナ治療の進捗は,専門家政府委員の参謀ら,大臣を含め厚労省,各地の現場/最前線の乖離が酷く,実態は遂に「ガダルカナル」を巡る戦略/補給なき戦争と同じで,医療関係者の精神的献身を強要する状態に陥っているように思う。


W W Ⅱ では,金属回収令が発令され,ナベ,カマ,寺の鐘が消えたが,この度はなんと,大阪市長が遂にカッパを医療現場へ提供してほしいと求める始末に。


在宅勤務だと! テレワークだと! オンライン授業だと!
世間は,何も知らず,知らされず,意気盛んなご様子で,イヤぁ,真に「神国日本」ですナ。


しかしながら,
意識の高い忠実なミナサンが,一斉に開始すると当然ながら回線もラッシュすれば,またプロバイダーも,いやいや対象のサーバーも,パンクしたり,著しく速度低下したり,日本🇯🇵の社会基盤が如何に脆弱かを示している。


遂には,コロナ治療で重症者を治療するICUは足りず,イタリア🇮🇹にも劣る事実が漏れ出す始末ですが。


ネットの速度低下や,プロバイダーの能力低下,提供サーバーに繋がらないと,お怒りのミナサン,事実の認識が需要ですね。


全員が集中するとパンクするのは当然ですがネ。


引用開始→ 「在宅」で通信量急増 ネット接続、遅延懸念も―広がるテレワーク、遠隔授業
2020年04月15日07時15分

新型コロナウイルスの影響に伴う臨時休校や在宅勤務を背景に、国内のインターネットのデータ通信量が急増している。政府の緊急事態宣言に基づく外出自粛要請を受け、家庭の通信需要は一段と高まる見通し。遠隔授業に一時的に切り替える大学も多く、ネットがつながりにくくなる状況が懸念される。

 ネット接続サービス大手NTTコミュニケーションズ(東京)によると、4月6~10日の平日5日間の日中通信量は、自宅でパソコンを使う勤務や動画配信サイト視聴の拡大を背景に2月中旬までと比べ最大40%増えた。広報担当者は「現在の倍以上の通信量に耐えられるインフラを備えている」と強調するが、既に在宅勤務の導入企業側や動画配信といったサービス運営側の回線混雑などから、一部で接続遅延が起きている。

 企業も対応を急いでおり、中外製薬ではテレワークなど外部から社内システムに接続する際の回線数を2倍の5000に増やした。セブン―イレブン・ジャパンも回線を増強したほか、米グーグルは世界的な通信量増加に対応し、傘下の動画投稿サイト「ユーチューブ」の画質を一時的に引き下げる措置を取った。
 新型コロナの影響でウェブ会議システムなどを活用した遠隔授業に切り替える大学も多い。文部科学省によると、コロナ対策を含め4月以降に遠隔授業を行う大学・高等専門学校は全国で5割近くに上り、東京大のほか、約6.7万人が在籍する日本大などで導入される。

 総務省は「現状でも通信量のピークは夜間で、昼間を中心とした通信量の増加には十分耐えられる」(データ通信課)と分析。ただ、企業や大学、家庭の通信環境によっては速度低下などが懸念され、大学関係者は「勉学の機会を確保するため、十分な対策を講じていきたい」と話している。←引用終わり

|

2020/04/15

オツムもポンポンも悪い 根性ナシ口先だけのボンボン アホシンド 内閣支持率が下がれば 慌てて「10万円 支給」へ方向転換か!?

最初から,国民一人当たり一切の区別なく差別なく「一律10万円」を支給せよと言っただろ!
マイナンバーカードを確認(申請)させ,全員に支給しても「12兆円」だ。
アベノミクスと主張し,この8年で「400兆円」年に50兆円無駄にバラ撒き,成果も得られずだった。
その人物が,たかが12兆円で腰が引け,尻込みし,内閣支持率が急減するのを見て,驚いたブルドッグニカイが,慌てふためき,何を今更だけど。
108兆円の経済対策の実態は,実質「16兆円」じゃないか。
オツムが悪いだけじゃなく,ポンポンも悪いボンボンは,シャバでヒトを惹きつけ喧嘩(戦争)する方法も知らず,根性もない怒アホ💢だ!
「12兆円」やるから,頑張ろう! 従いて来い! とのリーダーシップを発揮しろ!
後は,休業補償も何もしない。
国民一人当たり区別なく差別なく10万円を支給して終わり!


引用開始→ 自民幹事長、一律10万円の現金給付を政府に要請へ=報道
(ロイター 2020年4月14日 / 18:57)

[東京 14日 ロイター] - 複数の国内メディアによると、自民党の二階俊博幹事長は14日、新型コロナウイルス感染拡大を受けた追加の経済対策として、2020年度第2次補正予算の編成を念頭に国民への現金一律給付を政府に要請する考えを示した。所得制限を設けた上で、一律10万円の現金給付を行うよう政府に求めるという。←引用終わり


オイケポチャコに追われて,泣いているようでは,話にナランですよ。
喧嘩の仕方も知らんのはボンボンですナ。
見事なまでの,怒アホ 汚バカ death!

初期の失敗,形だけの特措法,現状での無能無責任,国民はガッカリしている。


引用開始→「国が休業補償を」82%
内閣支持減40%、共同通信調査

(共同通信社 2020/4/13 19:01 (JST)4/13 19:29 (JST)updated)

共同通信社が10~13日に実施した全国電話世論調査によると、新型コロナウイルス特措法に基づく緊急事態宣言を受け、休業要請に応じた企業や店舗の損失を国が「補償すべきだ」との回答は82.0%だった。「補償する必要はない」12.4%。安倍晋三首相が7日に7都府県を対象に出した緊急事態宣言に関し「遅すぎた」との答えが80.4%。「適切だった」は16.3%にとどまった。
 内閣支持率は続落し、3月下旬の前回調査より5.1ポイント減の40.4%で、不支持率は43.0%。支持と不支持が逆転したのは2月中旬の調査以来。
 回答は固定電話515人、携帯電話513人。←引用終わり


もっと早く決断しなければ,内閣支持率が低下し始め,
担ぐ自民党の幹事長や公明党の代表に求められて決断することじゃないだろ!?
とにかく,ビクビク自信なさそうに,ナンだよ!
もっと自信を持ち,リーダーシップを示せ!
それにはヨメの “呆れエ“ を座敷牢に幽閉しておけ!


引用開始→ 公明「一律10万円給付を」 首相「方向性持って検討」
(日本経済新聞 2020/4/15 12:13更新)

安倍晋三首相は15日午前、公明党の山口那津男代表と首相官邸で会談した。山口氏は新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ、所得制限を設けず国民1人あたり一律10万円を支給するよう要請した。山口氏によると首相は「方向性を持って検討する」と答えた。

政府は緊急経済対策で収入が減った世帯への30万円給付を決めており、山口氏は追加対策として検討を促した。会談後、記者団に「首相に決断を促した」と語った。
「緊急事態宣言が出されてからフェーズが変わった。経済や社会の状況が一変している」と述べ追加対策が必要だとの認識を示した。公明党は政府が7日に決めた新型コロナの緊急経済対策にも1人10万円の現金給付を盛り込むよう求めていた。

10万円の現金給付を巡っては自民党の二階俊博幹事長が14日に政府に要請すると表明した。2020年度第2次補正予算案を編成して対応する考えも示した。
政府は緊急経済対策の裏付けとなる20年度補正予算案を来週に国会提出し、月内の成立をめざす。補正予算案の総額は約16兆8千億円で、仮にさらに1人当たり10万円を給付するとなれば財源は足りない。
世帯ごとの現金支給は対象が限定され不公平だとの声が出ている。7都府県には緊急事態宣言が発令され営業を自粛する店舗がある。与党内からも個人への給付を拡充すべきだとの意見がある。←引用終わり

|

2020/04/14

有事には「金」というワケか 外為市場は安定的に推移し 通貨の信認よりも「金」へのヘッジが進むようで

「金」が上昇!

当然でしょうね! 外国為替市場は,¥,$,€,は,£,も含め急騰も急落もせず冷静に安定的に推移しています。
全世界が,同時に同様に襲われているワケだから,どの通貨にヘッジしても大きく変わらずと観ているのかな?
それより「希少性」と「必要品」としての「金」へのヘッジが静かに進んでいると考えるべきか。


個人が一般的に,保有する「金」は,いわゆる宝飾品の「18金」が多いと思います。
「18金」は,含有量75%で,1グラム当たり「4871円」になりますね。
100グラムなら「487,125円」という事になります。

引用開始→ 金地金の店頭価格、40年ぶり最高値 安全資産で相場上昇 (日本経済新聞2020/4/13 9:57)

金地金の店頭販売価格が13日、40年ぶりに最高値を更新した。主要な販売店の販売価格は1グラム6513円(税込み)と1980年1月に付けた最高値1グラム6495円を超えた。新型コロナウイルスの感染拡大を背景に、安全資産とされる金の相場が上昇している。米国の金融緩和の拡大でドルの逼迫感が和らぎ、緩和マネーが流入するとの見方も相場を押し上げた。

地金の販売価格は、地金商と呼ばれる販売業者がホームページなどで日々公表する。これまでは80年に旧ソ連軍によるアフガニスタンへの侵攻を受けつけた際が最高値だった。
新型コロナによる景気不安が強まった2月末以降、高値にあった金は換金売りで大幅に下落する局面があった。その後、米連邦準備理事会(FRB)による金融緩和の拡大やドル資金の供給拡大に伴い、換金売りが一服し、反転上昇した。
FRBは金利をゼロまで下げていて、金利のつかない金の投資妙味は大きい。金に緩和マネーが流入しやすい地合いが続くとの見方から投資家が再び資金を金に振り向けている。←引用終わり


|

2020/04/13

場違いな「アァ ガッカリィ アベのコラボ映像」に 熱い支持者も憤怒が沸き上がり見放さざるを得ずか!

日本は,与野党の国会議員も政府も「政治の無能 無責任」を平気で露呈し続け恥ずかしいとも考えず感じないようだ。

アベノミクスで再挑戦が始まり8年。
やがて,それがアベノリスクに転じ,見事な愚かさを見せ……
最近は,アベノマスクと,揶揄され袋叩きだ……

開き直りか,星野と意図した映像コラボを,ツイッターに投稿するや,「空気を考えろ」と猛批判され,そこへ官房長官が「いいね,は35万件,あった」と会見で述べ笑われ,決して支持や同感ではないのが分からないようで。
多くは「どうでも,イイネ」だということを知れ。

危機意識の欠落,国民の多くが困難に追い込まれている情況認識の欠如を露呈させ。
阪神大震災で,適切なリーダーシップを発揮できず「混乱」させ,無能 無責任を露呈した「村山富市」は,踏みつけられ石飛礫で追われた。
東日本大震災で,無能を自覚せず,怒鳴り散らしだけで,適切なリーダーシップを示せなかった「菅直人」は,徹底批判され終わった。

安倍晋三は,判官贔屓と “民主党" への失望反感が作用し,期待を集めた。
しかしながら,何を間違えたのか,掲げた政策実現に汗を流さず,持前の弱さ「お友達への便宜提供」を露呈し,ガッカリさせ大きな失望を招くも,掲げた政策の実現を求め,多数が支持し防衛したのだ。

ところがナンだ,自省もなければ考えもなく,無軌道にアホウを夫婦で競い合い,苦しくなれば “外交” へ逃げ,素人の目を誤魔化し続けたが,無能なオツムやセンスのなさを,ここまで明らかに露呈すりゃ,ガッカリはハンパじゃない。

医療の第一線は,ほとんど「ガダルカナル島」の戦闘と同じで,補給なし状態は,精神主義で前線の犠牲を強いても,自身の責任は感じないらしく,国民の意識との乖離は一気に開いた。

別に,政府だけを非難しない。
与野党とも国会議員は責任を果たしているとは言えず糾弾する。
国民は見ている。中身のない「特措法」にもガッカリしている!

黒岩神奈川県知事の指摘どおりだ!

「アベの亡者」の熱烈とは別に,政府の無能,国会議員の無能に,国民の落胆が「内閣支持率」に示されている。


引用開始→ 新型コロナ 「特措法おかしかったのでは」 黒岩知事、法の不備指摘
(神奈川新聞  2020年04月13日 12:00)

 黒岩祐治知事は13日、地域によって休業要請などの対応が分かれていることについて、「(新型コロナウイルスの)特措法そのものがおかしかったのではないか。緊急事態(宣言)というのは国全体で統一してやるべきだった」と述べた。

 知事は民放の情報番組に出演し、「緊急事態宣言を出す地域と出さない地域、休業要請をする所としない所。それによって人の移動を誘発してしまう。知事の権限といってもそれを補償するものがない」と強調。

 その上で「夜の街では、東京でやっていないから札幌のすすきのに働く人やお客さんも行くということが起きている」と訴えた。←引用終わり

|

2020/04/12

中獄の臭禁屁に尻尾を振り買収され支配を喜ぶ国連事務局や配下で責任放棄の国際機関は辞任し解散する方がヨイ!

WHOを「CHO」だと看破の友人があり。
その慧眼に、思わず起ち上がり拍手を贈るなりだった。


この度の「コロナ惨禍」が、何処の誰のせいで拡散拡大したか、如何に当人が否定しようが、世界の人は知っている。


武漢製造の「コロナウィルス」を制圧したと、武漢の都市封鎖を、臭禁屁の都合に合わせ解除した。
しかも、それを国営TVを動員し、全国全土へ中継させた。
その瞬間に、閉じ込められたゴミが、武漢駅から凡そ5万人といわれる「塵民」ドモが、一斉に各地へ散って行ったという。


ミッションは、コロナウィルスの全国への拡散撒き散らしだろ。
臭禁屁の都合「全人代」開催の必要性から、もぉ武漢の閉鎖は待てないのだ。
北京へ3万人を集め、延期してきた「全人代」を華々しく開催し、力強く政治力をアピールするのだろうが。


それに合わせ、またぞろ「CHO]コト「WHO」を握る、テロリストのテドロスは、臭禁屁の志向に合わせ、またぞろ「怒アホ」発言をするだろう。


花札博奕のトランプ親分の話を待つまでもなく、世界はWHOとテドロスおよび臭禁屁に中獄の関係をよく知っている。


間違いなく、打ち首獄門が相当である事を。


引用開始→ WHOに非難殺到! 露骨な中国寄り姿勢にトランプ氏激怒、資金停止も検討 テドロス氏辞任要求は75万人に
(夕刊フジ2020.4.9)

 新型コロナウイルスの感染が中国から世界に拡散したことで、責任を免れないのが世界保健機関(WHO)だ。「中国忖度(そんたく)」と「台湾無視」は露骨で、テドロス・アダノム事務局長の辞任を求める声も高まる一方だ。トランプ米大統領も中国寄りの姿勢に激怒し、米国からの拠出金凍結または削減を検討すると表明した。

 トランプ氏は7日、米政権が1月に中国からの外国人の入国制限措置を実施したことに対してWHOが「感染拡大防止に効果的でない」などと否定的だったことに関し、「WHOは私の判断を批判したが、彼らの方が間違っていた。彼らはいつも間違ってきた」と非難した。米国はWHOへの最大の資金拠出国で、2017年は約5億ドル(約544億円)を拠出したが、米議会では、現状のままなら拠出金を連邦予算から出すことを阻止する動きも出始めている。

 これに対し、テドロス氏は8日の記者会見で、トランプ氏の名指しはしなかったが「さらなる死者の増加を望まないのであれば、政治問題化するのは、やめてほしい」と反論。一方で「われわれも人間なので間違うこともある」と述べた。

 国際政治学者の藤井厳喜氏は、「WHOは本来、政策よりも各国への早期警戒が役割で、多少は狼少年のように騒ぎ過ぎてもよいほどだが、緊急事態宣言時には事実上、パンデミック(世界的大流行)になっていたというのは異様だ」と指摘する。

 署名サイト「Change.org(チェンジ・ドット・オーグ)」では、テドロス氏の辞任を求める署名は4月8日時点で約75万人となった。

 

WHOをめぐっては、香港の公共放送が3月28日、ブルース・アイルワード事務局長補佐をテレビ電話でインタビューした際のやりとりも話題を集めた。

 女性キャスター「WHOは台湾の加盟を認めますか?」

 アイルワールド氏「……(10秒近く沈黙)」

 女性キャスター「どうしました?」

 アイルワールド氏「質問が聞き取れなかった」

 女性キャスター「繰り返しましょうか」

 アイルワールド氏「もう十分だ。別の話に」

 女性キャスター「台湾問題に関心があるのですが」

 突然通信が切れる。テレビ局側が再度つなぐと、アイルワールド氏は「中国についてはもう話した」と言い放った。


 感染拡大を押さえ込んでいると評価の高い台湾だが、WHOへの参加を認められていない。

 WHOでは中国出身者が10年間にわたり事務局長を務めた。テドロス氏の出身地であるエチオピアも中国が巨額投資していることで知られる。

 前出の藤井氏は「第三世界出身で国際機関のエリートを目指す人は多いが、巨額な国連分担金を出す中国への忖度はみえみえだ。米国の保守派の間では国連解体論も出ている。欧米や日本などで有志連合のような新しい国際機関を立ち上げることも検討すべきだ」と提言した。←引用終わり

引用開始→ WHOテドロス事務局長 米トランプ大統領の「中国寄り」発言に反発 (夕刊フジ2020.4.9)

ジュネーブのWHO本部で国連事務総長を迎えるテドロス事務局長(左)=スイス、2月24日(ロイター)ジュネーブのWHO本部で国連事務総長を迎えるテドロス事務局長(左)=スイス、2月24日(ロイター)

 【ロンドン=板東和正】世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は8日、ジュネーブでの記者会見で、トランプ米大統領がWHOによる新型コロナウイルスへの対応を「非常に中国寄りだ」と批判したことについて「われわれは全ての国に寄り添っている」と反論した。

ドナルド・トランプ
 また、WHOのクルーゲ欧州地域事務局長は8日、トランプ氏が米国からのWHO拠出金の凍結または削減を検討すると表明したことに触れ、新型コロナウイルスは「依然としてパンデミック(世界的大流行)の段階にあるので、今は資金を削減する時ではない」と反発した。

 トランプ氏は7日、ホワイトハウスでの記者会見で、「WHOは米国から巨額の拠出金を受けている。それなのに中国寄りの態度を取るなら拠出金の在り方を検討する」と話していた。(産経新聞) ←引用終わり

|

2020/04/09

「コロナ禍」について、" 厚労省 " 発表のデータを冷静に眺めると:

政策・戦略の錯誤は、戦術を以て補い得ず。
戦術の過失を、作戦や用兵また戦技で回復は不可能で。

目的を明らかにし、目標を明確に示し、全員が漏れなく共有する(できる)。
何よりも、先入観や思い込みを排除し、冷静な情報分析で状況変化に対し機動性を発揮し、積極的に動員可能な与件を用い果敢な対処を行う。
まぁ、言うは易く、行うは難しではありますが。


官邸は、経済への打撃を回避し、出損を抑えたいと「小出し」にし・・・・・・・
それではダメだと、話にならずと、例え「独裁」と言われようが強く規制しろと、ヒダリのメディアは臆面もなく、その本性を発揮し、独裁したいタヌキオンナの東京徒痴事「オイケポチャコ」は、大ハシャギし、僅かな違いを強調し都庁から官邸をヒステリックに攻撃チュウ。

国内「新型コロナウイルス」患者の発生状況
厚生労働省の報道発表から確定情報を整理

大多数に意味不明な、言葉に酔わず、自らはモノ知りだと自慢するのはタヌキの空回りは、必要な事が共有されず悲しいワケです。


官邸は、自分でも理解できない「官僚語」を多用し煙に巻き。
都庁は、意味不明な「カタカナ語」に「アルファベト略語」を多発し。


例えば、都庁では「理髪店」「ホームセンター」は休業要請の対象だと言い。
官邸は、担当大臣が、緊急事態でも「理髪店」「ホームセンター」に休業要請はしないと発表する、
夏の選挙で再選を目指すタヌキは負けられないと、一歩も退かず、互いに醜い牽制を重ね、一都三県の民は驚愕し憤怒を抱くばかりだ。


官邸と都庁で、
相争っている場合じゃナイのですが。
東京都は日本國であり、日本國は東京都ではありません。
互いに、意味不明な言葉を主張し合っている場合じゃないのですが。


目的と目標を明示し、
その上でその達成に向け全員が努力する事が重要なのです。

|

2020/04/08

ワァワァ煩かった「緊急事態宣言」が、一都三県(東京。神奈川・埼玉・千葉)と大阪・兵庫そして福岡に発令され!

日経も、この手の追いかけは「TVのワイドショー」と変わらない。
まぁ、それはそれとして「長閑な緊急事態宣言」を、記憶し記録しておこう。


東京徒痴事タヌキオンナの「オイケポチャコ」が造り出した、再選選挙目当ての「集団ヒステリー」に、挙って賛成し総動員され積極的に「緊急事態宣言」をと、煽り続けた「紙+電波メディア」は、どのように責任をとるのか?


何度も言うが、
この種の「発令」に、時機というものがあるとすれば、些か「納期遅れ」の感じも否定できずだが。
徒に、感情的に煽られ、乗り続けるのは如何かとも考える。


その点、その意味では「東京徒痴事」を名乗るタヌキオンナの「オイケポチャコ」が、やれ " イソベマキ " を喰えと、自ら世論を煽り " アベカワモチ " へ強要し、徒痴事とはいえ、夏の徒痴事選挙を前に「人気」を落としてなるものか? と、メディアを総動員し、ネットを総動員し、阿呆を煽りに煽り「今にも、ミナサマの『東京』が崩潰する」と根も葉もない事を、集団ヒステリーを目指し叫び続けておりました。


騒ぎが大好きな「メディア」は、ここぞとばかり「両手」を挙げて「集団ヒステリー」の形成に、積極的に参与し寄与し、もぉ無茶苦茶だった。


引用開始→ 緊急事態宣言発令、一夜明け人は街は ドキュメント
新型コロナ 小売り・外食 東京 関西 九州・沖縄 関東 埼玉 千葉 神奈川 大阪 兵庫 福岡
(日本経済新聞2020/4/8 9:54更新)

新型コロナウイルスの感染爆発を防ぐため、政府が7日に東京など7都府県を対象に緊急事態宣言を発令した。ただ、7日時点で7都府県とも施設の休業要請は出さなかった。一夜明けた8日朝、街には発令前と変わらぬ姿もみられた。

■午前8時40分 東京・新宿

地下通路をマスク姿で通勤する人たち。会社員30代男性は「会社はまだ在宅勤務を検討中。電車や駅前はいつもより人が少ないが、自分はしばらくは変わらず通勤することになりそう」と話した。

■午前8時40分 大阪・梅田

緊急事態宣言から一夜明け、電車で通勤する人たち。通勤客の人数に大きな変化はなかった。
大阪のターミナル駅、阪急大阪梅田駅では通勤列車が到着するたびにマスク姿の男女が一斉にホームに降り立った。大阪府や兵庫県など近畿圏の自治体はこれまでも不要不急の外出自粛を呼びかけ、この日の混雑状況は7日とおおむね変わらない様子だった。

阪急の担当者は「緊急事態宣言が出たものの、どう対応するか方針が決めきれない会社もあるのではないか」と推測する。大阪市内のオフィスに向かう60代の公認会計士の男性は「今は企業の決算時期で1日も休めない。仕事は山積みになっている」と話し、「本当は時短勤務ができればいいのだけれど、仕方ないです」と言うと、足早に去って行った。

■午前8時半 福岡市

緊急事態宣言の対象地域となった福岡県。JR博多駅前では通常より人通りは少ないものの、マスク着用でいつも通り出勤する会社員の姿も

博多駅は通常より人通りは少ないものの、いつも通り出勤する会社員の姿も。福岡県古賀市に住む新入社員の男性(22)は「電車内も通勤時の人出は7日と変わらなかった。会社からも緊急事態宣言を受けた連絡はなかった」と出勤した。

鹿児島県から4泊5日の日程で出張した会社員女性(23)は「従来の予定通り、出張を命じられた。博多に着くと歩行者のほとんどがマスク姿で、鹿児島とは街の雰囲気が違う」と驚いた。

■午前8時半前 さいたま市

さいたまスーパーアリーナの最寄駅、JRさいたま新都心駅前。周辺にある国の出先機関や企業への通勤者が、駅前デッキを列をなして歩いていた。

金融関連に勤務する営業職の50代男性は「人は減ってはいるが、緊急事態宣言が出ても結構多いな」と驚く。会社は明日から当面休業になるため「庭いじりや本をたくさん読んで外には出ないようにしたい」と考えている。40代の男性公務員は「自分の仕事はどうしても対面でやりとりしなければならない」と合同庁舎へ向かった。

■午前8時過ぎ 東京都武蔵野市

住宅街からJR三鷹駅に向かう路線バスはほぼ満員。窓が開けられた車内から大勢のマスク姿の人が降車し、改札へと足を早めた。

■午前8時半ごろ 東京・霞が関

官公庁街はビジネス街よりも人影は少ない。7日に閣議決定した緊急経済対策に携わったという財務省職員の男性(41)は「今日からテレワークの職員もいるが、まずは補正予算を無事に執行する手続きを踏まないといけない」と足早に省内に入った。緊急事態宣言をうけ、同省を含めた各省で登庁する職員を大幅に減らすという。

■午前8時半ごろ 東京・港

東京入国管理局には、在留期限の延長申請などのため、マスクをつけた数百人の外国人が密集していた。職員が「間隔をあけて並んで下さい」と声をかけていた。

■午前8時すぎ 東京・新宿駅

通勤ラッシュの時間帯にはマスク姿で出勤を急ぐ人が目立った。不動産会社で課長として働く男性会社員(40)は「社員の半数は在宅勤務しているが、自分は所属長。会社で正確に状況を把握しないと、部下に指示を出せない」と話す。「本当は外に出たくはないけど……」と漏らしていた。

■午前7時40分 東京・池袋

繁華街の百貨店は軒並み臨時休業に入った。池袋東武百貨店は、食品フロアを除き5月6日まで臨時休業する。

■午前7時半ごろ 東京・西新宿

開店30分前になると店員が購入希望人数を確認。店員が約40人の列後方に並んでいた人たちに「在庫切れです」と伝えると、がっかりした表情で列を後にする姿が見られた。

■午前7時半ごろ 東京・大手町

オフィスビルが立ち並ぶ東京・大手町は午前7時半ごろ、通勤するビジネスマンらがコーヒーやスマホを片手に足早に行き交った。ほとんどがマスク姿で普段より人影は少ないものの、往来は絶えない。

金融業の男性会社員(53)は「すでに原則在宅勤務だが、今日だけは仕事の都合で出社する。やはり会社で働いた方が仕事がはかどるので、今日ばりばりこなしたい」と話す。同業の30代女性は「会社に在宅勤務の仕組みがないのでいつまでも出社。家が遠いので在宅はうらやましい」と足早に会社へ向かった。

■午前6時過ぎ 東京・八重洲

東京駅八重洲口のバスターミナル。成田空港や茨城県、福島県などへの行き先が並んだ電光掲示板には「運休」の文字も目立つ。

リュックに大きな手提げ袋の荷物を3つ抱えた都内の男子大学生(18)は千葉県館山市の実家に帰省するという。「大学は休校だし、緊急事態宣言が出て危ないのでしばらく実家にいたい」と話す。新型コロナウイルスに感染しているリスクも考え、1週間ほどは家の中でおとなしくしているつもりだ。「でも体も動かしたいしきっとストレスがたまる。人が少ない時間にジョギングなどして過ごしたい」

■午前6時前 東京・皇居周辺

マスクをしながら走る皇居ランナーの姿も目立った。新宿区の男性会社員(47)は「誰かと並走するわけではないので感染予防になっているかわからないが、念のため」。皇居ランを始めて10年ほどで「平日なのに今日はいつもの倍の5人以上とすれ違った。職場に行かない会社員たちが走っているのかな」

■午前0時すぎ 東京・新宿

終電の時刻が迫る中、深夜の街を走るJR山手線。換気のため窓を開け、乗客は間隔をおいて座る姿が目立った。

■8日午前0時 東京・銀座

銀座・和光の時計台が午前0時を知らせた。人も車も少ない街に鐘の音だけが響いていた。

■午後8時半 東京・神田の老舗そば店

2週間の休業を決めた「神田まつや」。店主の小高孝之さんは「従業員は一人ひとり大切。減らすことは考えていない」と厳しい表情で話した。

8日から2週間の臨時休業に入る老舗そば店「神田まつや」。店主の小高孝之さん(54)はのれんをしまうと「4月に入り売り上げは6割減まで落ち込んだ。従業員や常連客を感染から守るため休むことにした」と落胆した様子で話した。

■7日午後7時すぎ 伊勢丹新宿店

最後の客が店から出ると、東京都新宿区にある伊勢丹新宿店のシャッターがゆっくり閉まった。三越伊勢丹ホールディングス(HD)は緊急事態宣言が解除されるまで、首都圏の6店舗を当面休業する。←引用終わり

|

2020/04/07

コロナ(CV-19)が求めた「緊急事態」という緊張を伴う「長閑事態」かとも・・・・・ まぁ、エライ事ですが

ナニがって、緊急事態宣言の発令時期が「事前」に予想されアナウンスされるって、緊急事態じゃなくって有閑事態ですよねぇ!


この種の事に際し、いつが正しいのかと言われてもナァですが・・・・・
しかしながら「時期」ってありますよね。
その緊迫した時期を逃すと、些か「納期遅れ」って感を否めませんよね。


この度は「機会を逃した」ワケで、その点じゃほぼ完全な「納期遅れ」だねぇ!


休業を強く要請しても、それを判断するのは、それぞれの事業者で、国はそれを補償する事はなく、しかし、逆らうと「名前」を公表し、集団ヒステリーを煽り挙げた「世論」に火を点け強力な『同調圧力』で、吊し上げ叩き潰すと言外に巧みな意図を匂わせ・・・・・


「反体制」「反権力」「反政府」なんて言っても、直ちに自分達のポジションを死守し、あまつさえ、この機をビジネスチャンス到来と捉え画策するメディアども!


考える能力を喪っているアベ亡者は、その先頭に立ち稚拙な感情に満ち溢れた呆気の汚い言辞を、相も変わらず恥とも考えず垂れ流しておるようで


ポンポンとオツムの悪いボンボンは、アベカワモチを売ろうにも、追い込まれましたネ。
隣じゃ山から出て来たタヌキオンナのオイケポチャコが派手に、立ち回り啖呵を切ってイソベマキを売るから、圧され気味だ・・・・・


巷で衆目の目には、オツムの低度も中身のナサでも同じ程度なのだが、激しく啖呵を切り威勢のよいトコ見せた者勝ちってのを、博奕の人生を打ち続けたオイケポチャコは、よく抑えているワ。


まぁ、ミナサマのご無事を、ただただ祈念申し上げ、当分は降り増す野出!

|

2020/04/06

遅きに失す「緊急事態宣言」を明日に発令してもなぁ・・・!? 相変わらず「アベ亡者」の熱烈支持妄言は滑稽・コッケイ・コケコッコの烏骨鶏

今夕か明日に、東名阪を対象に「緊急事態宣言」だと、
予定調和のスケジュールありき、これは真に残念としか言いようがないワ。


日本の3分の1は、政権や与党また政府が、何かを言えば、何か言うと、
「反政府」「反権力」「反独裁」と反発し、メディアは素人でも批判する側に立つ者を総動員し、批判し非難し攻撃するのだ。
その批判を懼れ、躊躇し、手を拱き続けた事実は厳しく叱正され激しく糾弾されて当然だろう。


アベ亡者は、元より自らの思考力を保持しないので、ただただ「アホシンド」を支持し続けておる。
アホウな自称元官僚が、4月に衆議院解散を「アホシンド」が黙って企図していると、ヘタレ妄言を垂れておったが、アホシンドは、如何にアホでも、そこまではしない(できない)のだヨ。
LDPに蝟集し「議員」になった、空気だけが頼りの「アホシンド・チルドレン」は、多くが風頼みゆえ・・・・・で、お先真っ暗だと!?
勝てぬ解散はしないのが「政治の常道」だ!
それも分からぬクズ官僚だから、この時期の知ったバカぶりの「ポジショントーク」を失笑され、失職は当然とされるの駄!


ポンポンとオツムの悪いボンボン「アホシンド」は、最初は華々しく香ばしい「アベカワモチ」を売り続けようとしたが、いまやヨコで「イソベマキ」を売るタヌキオンナの「オイケポチャコ」に掻き回されるのだ。


コロナ経済対策の予算を国会決議した上で、批判や非難を避けようと「予定調和」を目指し「スケジュール戦」に頼ろうとした「アホシンド」は、アホ~無自覚ヨメ「呆れエ」の管理間違いから、本当にミットモアブナイ事になった。ゆえに支持層は厳しく叱声するのだ!


引用開始→ 首相、緊急事態宣言へ 新型コロナ感染拡大受け 7日にも発令
(産経新聞2020.4.6 08:51)

 新型コロナウイルス感染症の急速な拡大を踏まえ、安倍晋三首相は、新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言を発令する方針を固めた。複数の政府関係者が6日、明らかにした。対象地域は感染者が急増している東京都を含む首都圏や大阪府を軸に調整する。首相は6日にも、特措法に基づく「基本的対処方針等諮問委員会」に緊急事態に該当するかを諮問し、早ければ7日に発令する。

 特措法に基づく緊急事態宣言が発令されれば初めて。東京都では5日、1日当たりの人数としては最多となる143人の感染が新たに確認されるなど、感染者が急増している。東京都の隣接県や大阪府などでも感染者の増加傾向が目立っている。発令によって、オーバーシュート(爆発的患者急増)で医療体制が機能不全に陥る事態を回避する狙いがある。

 首相は宣言で、都道府県を単位とする区域や期間を示す。対象地域の知事は、法的根拠に基づいて、住民に対する不要不急の外出自粛や、学校や多くの人が集まる娯楽施設の使用停止などを要請することができるようになる。ただ、これらの措置については強制力がなく、応じなかった場合も罰則はない。

 一方、宣言の発令で、知事は医薬品や食品などの売り渡し要請・保管命令を出したり、臨時の医療施設を設置するために土地や建物を所有者の同意なしに使用したりすることが可能となる。従わない場合には罰則が規定されている。←引用終わり

|

2020/04/05

在留外国人が日本で「コロナ感染」するのは許されず排外されて当然なのか!? 余りにも偏狭なSNSで傲慢無知なゴミ英雄が目立つのは情けない

日本国内での「コロナ感染者」の棒グラフが示され、全体には、日本人感染者を追うように「在留外国人感染者」の数値が伸び比較すれば半数近くを占めているとも見受ける。


在留外国人は様々な種類の「在留許可」を持つため、一概に甲乙を決め付け論じる事はできないのだが。
ネット上、特にSNSの上では、外国人罹患者の検証もせず、各発言者の思い込みや自由な想像領域から、激しい非難が展開されているように思い、かなりの違和感を受ける。


日本には、
①国際貿易国であり、関連も含め幅広い分野に従事する人員を抱えている。
②基礎的生産に従事する基盤労働力を欠き、外国人労働力に依存している。
③歴史的経緯による特別な在留者を抱えている。
④日本で学ぼうとする各国の留学生も在留している。


それらの人々は、母国で様々な「生活背景」「生活習慣」「社会的価値観」「生活態度」を抱えつつ、日本の在留地に溶け込んでいるのだが。
勿論、日本の制度に従順で積極的な溶け込みを計る人もあれば、馴染まず馴染めず孤塁を守り通す人もいる。


それは、海外の日本人も同様で、溶け込む人もあれば、と蹴込みを拒否し頑固なまでに孤塁を守る人もあり、それは好き好きで人それぞれだ。


不幸にして、
この度、日本での滞在中(在留中)に「コロナウィルス禍」に襲われ、隔離入院を余儀なくされる在留外国人が生じるのは致し方ない。
裏を返せば、海外に在留する日本人も亦同じなのだ。


偏狭な人は、そこを理解せず、底流に「損得」勘定(感情)があり、排外感情が先立ち、言外に強い非難を込め投稿を繰り広げている。 (それも自由だろう)


しかしながら、そこにはご自身が海外で滞在国に見捨てられ、母国の日本からも救いの手を喪った時(これは日常的にある)、何処の誰に頼るのか?
もし、当該の滞在国で手厚く措置され「九死に一生を得たとき」とすれば、どれほどの感謝をする事だろう。
(いや、自分は日本人なのだから当然だ! と、傲岸を決めるか)


その程度の想像力も持たない人は情けない。
自己中心でしかモノ事を考え捉えられない人は情けない。
現代の社会で、日本がどのようなポジションで生きており、それを支え合う関係性を考える事もできない人は情けない。
「赤十字」が掲げる「生命」についてを理解せず、外国人が感染するのは迷惑だと批判し非難する人は情けない。


一国や①地域の政治や社会また当該民族が固有に持つ感情的な思考性を嫌い、大局としての「一人の人間の命」は平等と考える事のできない偏狭な人は情けない。


しかしながら、今日の国際社会で、日本が世界の国々から敬愛され厚く支持される事を求める姿は情けない。
更に、日本がそのポジションに就くと、傲岸傲慢に自慢するのは情けない。
国際社会で、本当に尊敬され支持され敬愛される「日本」を、偏狭者として貶めている事に無知で、その姿(言論表現)を恥ずかしくもなく為し、無知とは言え、堂々の英雄気取りな姿は情けない。

|

2020/04/04

「反社会的勢力」と呼ばれる「闇社会」の嗅覚は、いまナニが儲かりカネになるかを天才的に嗅ぎ当て、彼らの知恵で付加価値を高め市場へ提供し!

コロナ禍でインバウンドが消え、
生きて行けないとまで言われりゃ、稼いでいた時は肩で風切ってネ、まさか忘れたと言われちゃ辛いネ。


IRもこの際、熱に浮かされるばかりじゃなく冷静に考える事ですネ!
自転車操業は、高性能でも良くも悪くも止まれば、文句を言いながら派手に転けますからね。


自称「反体制」ロッカーのオ兄ぃさん、格好つけてガンガン吹くのはステージ上だけか、ナンの事はない。
アッフォーマンスなのか?
簡単にコロリと同調圧力に屈して尻尾ふるのを見ちゃ、ナンの事はない口裂け「半体制」だろ、罵倒してやるゾ!
本性を見ると、ガッカリさせられるネ


ところで、社会的な生活困窮者を中心に「世帯当たり30万円」支給するとのようで。
しかし「風俗営業」で「性的風俗提供従事者」は、この対象に非ずとの「説」を巡り、早速、その手の従事者を中心に「差別」だとの声が上がり、得手に帆を上げとばかりに新手の「人権屋」弁護士が、此処ぞと馬鹿吏にワハハァ~にも大便を垂れ流し。


表の社会は政治権力を駆使し「闇の社会」を「反社会的勢力」と決め付け、果敢に取り締まる戦いを展開中であり、人権屋側に立つ「マズゴミ・メディア」は社会の安寧を護るためと称し、まるで「反社会的勢力」をゴミクズ扱いし、社会的排外に及ぶも平気であり、政治の尻を叩き続けている。そこには表現言葉として、いわゆる差別はないが、明確に排外排除に向けた意図が明らかに潜んでいる。


風俗業で、いわゆる「性的風俗提供従事者」は、表の社会には身の置き所が弱体な人が多く本当に弱い存在でしかないと、指摘されりゃ歴史的にも、まぁ大枠での間違いなかろうが。
それは一つの生きる手段であり、それを機械的な生産手段として置き換え組織し稼いでいるのは、いわゆる反社会的勢力とされる「闇の組織」であると理解され諒されている。
しかも、日韓中の「闇」が、そこに屹立し領地(いわゆるシマ)を争い合っているとされる。


表の社会としての「政権」は、これを時に必要悪と見て見ぬフリをしてきたが、人権屋側に立つ「明るい社会を」の勢力が、その曖昧な姿勢を許さないと糾弾し続け、併せて政権も糾弾するのだ。
その際に、得意の「人権屋」の看板は掲げない。
掲げるとすれば「平和で安寧な市民社会を冒すな」であり、闇の勢力への弾圧くらいには目を瞑り、知らないフリをするのだ。
でも、それでは「人権屋」の看板が廃るので、ここは一番「弱者切り捨ては罷りならぬ」と、例えポーズでも大きな声を上げるのだ。


社会を明るくするために、
「反社会的勢力」の根絶を! そして日韓中の「闇社会」を本当に根絶やしにするなら、この度は稀にない絶好の機会とも言える。


ここは一番、人権屋ドモも自身のポジションを明らかにしようとポジショントークに忙しいだけではなく、肚を括り「胆力」のある処を見せて貰いたい。
その過程で、多少の犠牲が出るのは致し方がないのだ。


安物の、安逸な、口裂けロッカーがステージ上で、その場限りの「反体制」アッフォーマンスで罵る、寝穢い「半体制」ではなく、自称「人権屋」の寝言の正義ではなく、正真正銘のブッ潰しの正面戦だ。


反社会的勢力は、いま「風俗」が窮地にあり、社会全体に「カネ」が枯渇し「生活困窮者」が出始めた事を見て取り、明らかに「マチキン」分野を強化している。
そのための「元手資金」の獲得に必死だそうで。
ゆえに漏れ聞こえる処では「貧困ビジネス」と「性風俗従事者」からの巻き上げには全勢力を注いでいるらしい。 (よう知らんけど!)

|

2020/04/03

「チュウ狂コロリ」のコロナ禍により かなりの「人柱」が立ちました・・・・・ 世界は為す術なく人は斃され人柱になるばかり・・・・・

特措法による「緊急事態」の発令を求める声は高まり:

その先頭には、目立ちやがりのタヌキオンナ「オイケポチャコ」の異様なまでのハシャギっぷりが。


政治権力を独占したい時代錯誤の目立ちたがりタヌキオンナが、ここぞ勝負の時とばかりに、ポピュリズム政治ゴロの本領を発揮し、大ハシャギし。此処ぞとばかり、理解不能な「カタカナ語」と「アルファベット略語」のオンパレードで悦に入り。
「特措法」に必要な機能が備わらないのは、実に「日本社会」を忠実に反映している。


大政翼賛の大談合で成立させた特措法による「緊急事態」の中身が大切で、必要不可欠な制限もできず、権力執行すら不可能な「緊急事態」「非常事態」なら、意味がないと考えるが・・・・・
極端に振れるニッポンは、ミギからヒダリへも、エッジの切れた超保守から超革新まで、極端に振れるのがニッポンで・・・・・


例えば「原発」を見ても同じ振れで、同じ事で・・・・・
さて、平和が大切、何より人権、公より私権、真に平和(屁把)なニッポンです。


タヌキオンナの「オイケポチャコ」は、この危機を抑えられるのは東京徒痴事だ! 自分だ!連日連夜、異様な高揚ぶりで!


政府は、緊急事態を発令し、東京の対処を委譲せよ!と「カタカナ語」や「アルファベット略語」のオンパレードで、ポピュリズム政治屋の本領を発揮し、世間の耳目を厚め、大ハシャギが目立ち、目につく、鼻につく、今こそ「冷静」に「正確な情報」を見て、肚の底意に悪意を隠すタヌキオンナの煽り感情に流されず・・・・・


メディアも一緒になり煽りはヤメロ!
80年前と同じ情感を刺激し社会的不安を煽り続けるのをヤメロ!
その先頭には、目立ちやがりのタヌキオンナ「オイケポチャコ」の異様なまでのハシャギっぷりが。


政治権力を独占したい時代錯誤の目立ちたがりオンナが、ここぞ勝負の時とばかりに、ポピュリズム政治ゴロの本領を発揮し、大ハシャギし。
此処ぞとばかり、理解不能な「カタカナ語」と「アルファベット略語」のオンパレードで悦に入り。


政治権力の発動は、基本的に抑制され、より慎重でなければならない・・・・・
「特措法」に必要な機能が備わらないのは、実に「日本社会」を忠実に反映している。


大政翼賛の大談合で成立させた特措法による「緊急事態」の中身が大切で、必要不可欠な制限もできず、権力執行すら不可能な「緊急事態」「非常事態」なら、意味がないと考えるが・・・・・
極端に振れるニッポンは、ミギからヒダリへも、エッジの切れた超保守から超革新まで、極端に振れるのがニッポンで・・・・・
例えば「原発」を見ても同じ振れで、同じ事で・・・・・
さて、平和が大切、何より人権、公より私権、真に平和(屁把)なニッポンです。


タヌキオンナの「オイケポチャコ」は、
この危機を抑えられるのは東京徒痴事だ! 自分だ!
政府は、緊急事態を発令し、東京の対処を委譲せよ!
と「カタカナ語」や「アルファベット略語」のオンパレードで、
ポピュリズム政治屋の本領を発揮し、世間の耳目を厚め、大ハシャギが目立ち、目につく、鼻につく、今こそ「冷静」に「正確な情報」を見て、肚の底意に悪意を隠すタヌキオンナの煽り感情に流されず・・・・・


メディアも一緒になり煽りはヤメロ!
80年前と同じ情感を刺激し社会的不安を煽り続けるのをヤメロ!


メディアは世論を煽り、特措法を発令しろと!
別に、特措法は、万能ではないので。救われることはない!

特措法ができれば「発令」せよと求められ、発令すれば政権は痛くもない肚を探られ、事態は日々深刻に然りとて「関連対策予算」は五里霧中では叩かれるだけに。
ほぼ体制翼賛談合の関連対策予算成立を待ち「発令」するかとの意向に添うように、
専門家と呼ばれる通過儀礼のための集団は、希望に繋がる言葉を発し続けるが。


東京の感染は衰えず、4月2日に新たに97人が、全国で200人超が、爆発的に感染は拡大しているのだが!?


世論は、巧みに誘導され、
まぁ、今は苦しい処だ、踏ん張り処だ、と言い続けるのか。


その反面(裏面)で、
歌舞伎町の野放図な「風俗」憎しの世論は何処まで辛抱するか?
肚の座らぬままの日々もあと少しと言い続けなければダメなのか?


特措法で「東京封鎖」「大阪封鎖」をする時は、
同時に、この機会に、
感染を防ぐ一つの手段として、
東京も大阪も、一つの感染拡大拠点として懸念されている「キャバクラ」の営業停止を始めとする「風俗業」の一斉停止だろうが。
それは、ヤーコロを軸に、日韓中に跨がる暗黒社会の「闇勢力」との戦いでもあり、根絶の機会となるだろう。


その観点で極めて重要な総力戦になる。その肚がなければダメだ。
次は、パチンコ業界だ。
腐りきった自民党のクズ議員も首を洗えヨ!


ポンポンもオツムも悪い「アホシンド」に覚悟はあるか、
タヌキの口裂けオンナ「オイケポチャコ」は口先だけじゃなく、
「暗黒社会」と血を流しても対峙し根絶する覚悟はあるか!?
意味不明は「カタカナ語」や「アルファベット略語」で飾り立てる中身のない綺麗事は聞き飽きた!

|

2020/04/02

オイケポチャコはメディアを集め、連日連夜、カタカナ語とアルファベット略語のオンパレードで、大ハシャギし実に楽しそうだ!

特措法による「緊急事態」の発令を求める声は高まり:
その先頭には、目立ちやがりの東京徒痴事タヌキオンナ「オイケポチャコ」の異様なまでのハシャギっぷりが。


政治権力を独占したい時代錯誤の目立ちたがりオンナが、ここぞ勝負の時とばかりに、ポピュリズム政治ゴロの本領を発揮し、大ハシャギし。
此処ぞとばかり、理解不能な「カタカナ語」と「アルファベット略語」のオンパレードで悦に入り。


「政治権力の発動は、より抑制が必要で慎重でなければならない」との正常な考えが日本社会の基底にあり・・・・・
「特措法」に必要な機能が備わらないのは、実に「日本社会」を忠実に反映している。


大政翼賛の大談合で成立させた特措法による「緊急事態」の中身が大切で、必要不可欠な制限もできず、権力執行すら不可能な「緊急事態」「非常事態」なら、意味がないと考えるが・・・・・
極端に振れるニッポンは、ミギからヒダリへも、エッジの切れた超保守から超革新まで、極端に振れるのがニッポンで・・・・・
例えば「原発」を見ても同じ振れで、同じ事で・・・・・
さて、平和が大切、何より人権、公より私権、真に平和(屁把)なニッポンです。


タヌキオンナの「オイケポチャコ」は、
この危機を抑えられるのは東京徒痴事だ! 自分だ!
政府は、緊急事態を発令し、東京の対処を委譲せよ!
と「カタカナ語」や「アルファベット略語」のオンパレードで、
ポピュリズム政治屋の本領を発揮し、言葉に酔い、世間の耳目を厚め、大ハシャギが目立ち、目につく、鼻につく、今こそ「冷静」に「正確な情報」を見て、肚の底意に悪意を隠すタヌキオンナの煽り感情に流されず・・・・・


メディアも一緒になり煽りはヤメロ!
80年前と同じ情感を刺激し社会的不安を煽り続けるのをヤメロ!


引用開始→ ロックダウン、実際どうなる? 安倍首相ら言及も具体性なく―海外と同様「不可能」
(時事通信2020年04月02日07時13分)

 1日当たりの判明感染者数が拡大し続ける新型コロナウイルス。安倍晋三首相や小池百合子東京都知事からは対応策として「ロックダウン(都市封鎖)」という言葉が飛び出したが、具体的にどのような措置が取られるか明らかになっていない。専門家からは「海外同様の外出禁止を行うには、仕組みも準備も足りていない」との指摘も上がっている。
安倍首相、緊急宣言「出す状況にない」 都市封鎖、強制力伴わず―参院決算委

 ロックダウンという言葉は小池知事が感染者数の拡大に危機感を募らせ、繰り返し言及している。「都市の封鎖、いわゆるロックダウンなど、強力な措置を取らざるを得ない状況が出てくる可能性がある」「ロックダウンを回避するため断固たる決意を持って進める必要がある」。3月25日には週末の外出自粛を求め、直後に買いだめのため都内のスーパーに行列ができる事態も生じた。

 安倍晋三首相も同27日の参院予算委員会で「仮にロックダウンのような事態を招けば、わが国の経済にさらに甚大な影響を及ぼす」と強調し、実施されれば市民生活に大きな打撃となることを示唆。ただ、4月1日の答弁では「さまざまな要請をさせていただくことになるかもしれないが、フランスなどで行っているものとは性格が違う」と強制力は基本的に伴わないとの認識も示した。
 内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室によると、日本では中国や欧州など諸外国と比べてできることは限られている。改正新型インフルエンザ対策特別措置法上の緊急事態宣言が出された場合、外出自粛の要請や、多数の人が利用する施設の停止を指示できるものの、罰則はない。

 東京都立大の木村草太教授(憲法学)は「専門家の意見を踏まえ、強制的な外出禁止を可能にする制度や補償の仕組みなどを整える段階に来ているが、政府にはその準備ができていないように見える」と述べた上で、「本来の意味でのロックダウンを可能にするには多額の予算も必要。首相らはまだ腹をくくっていないのではないか」と政治の姿勢に疑問を投げ掛けた。←引用終わり

|

2020/04/01

富士山が爆発すると首都機能は潰滅する! 東京一極集中の日本は危機に陥ると指摘されても「東電」と同じく先送りをくり返し・・・・・

「富士山大爆発」が生じると、
備忘録の記事として記憶のために記録しておきます:


富士山は、おそらく(必ず)爆発します!
時期を確定する事はできませんが、地球の歴史として考える必要があります。
地球の45億年を、人の壮年45歳として、粗い計算をすれば、
1億年は1歳ですかね。
ザッと27万年が1日ですから、地球の1万年は人の1時間超になり、
人の1分は地球の約170年に、人の1秒は地球の約3年弱に。


というワケで、人の1日を地球規模に置き換え考えると・・・・・


地球が活きている限り「富士山」は爆発するでしょう。
以前、盛んに喧伝された「富士山」大爆発は、
フィリピン海プレートに接し、小笠原海溝に連なる、三原山、三宅島、西之島、などが大爆発し、富士山の大爆発は抑えられているのかとも。
西之島は、大爆発により島の面積が急拡大しましたが、富士山は、小笠原海溝に連なる頂点の火山で、その大爆発は、西之島の比じゃないと考えられるからです。


分かりやすく表現すれば、地球は「生卵」です。
表面は固く覆われていますが、中はドロドロで、絶えず中心のマグマは「外へ向け対流し、中心へ引き込み」を繰り返し、大量のエネルギーを循環させています。


1万メートル近い深海の小笠原海溝から海面を覆い尽くす量の火山灰が噴出したワケですから、記憶の隅に止めておいて下さい。


引用開始→ 富士山噴火なら7都県で鉄道停止 政府の被害想定
(日本経済新聞2020/3/31 12:00)

富士山の大規模噴火に伴う首都圏への影響や対策を議論する政府の中央防災会議の作業部会は31日、報告書案をまとめた。最悪の場合、対象とした7都県で地上を走る鉄道の運行が停止し、首都圏で大規模な交通網のまひや停電などによる「社会的混乱が発生する」と指摘。市民生活や経済活動への深刻な影響が懸念され、政府は今後、具体的な対策を検討する。

富士山は過去に噴火を繰り返し、直近では1707年の「宝永噴火」が知られる。同年12月16日に発生し、小康状態を挟んで16日間続いたとされる。

報告書案で作業部会はまず、宝永噴火と同規模の噴火が起きた場合、風向きによって降灰の分布や量にどのような違いが出るかを推計した。

その結果、風向きが西南西で雨が降った場合に首都圏で降灰量が多くなり、最も影響が大きかった。東京・新宿では噴火15日目までに灰が10センチ積もるなどとしている。

処理が必要な火山灰の総量は計約4億9千万立方メートルに上り、東日本大震災で発生した災害廃棄物の約10倍に当たる。

過去の火山噴火による被害状況や実験結果などを基に、降灰によるインフラなどへの影響も分析。事前対策や復旧作業をしなかった場合、最悪のケースでは、噴火の3時間後に東京都心でも停電や鉄道の運休が発生。15日後には降灰のため、7都県の広範囲で鉄道が運休、四輪駆動車以外の車が道路を通行できなくなる区域も出るとした。

降灰によるその他の影響として、一時滞留者や人口の多い地域では、少量の降灰でも食料や飲料水などの買い占めが起こるとした。灰が水源に入り込むことによる水質悪化に浄水施設の処理が追いつかず、断水が起こる可能性も挙げた。

作業部会は「降灰範囲は噴火の規模、噴火時の風向きや風速により大きく変わる」とした上で、「都市機能が集積している地域では、降灰時に通常の生活や経済活動は継続困難であることを前提に対応を検討する必要がある」と指摘した。

国や自治体が事前に広域にわたる降灰などを見据えた防災計画を定めることが必要だと強調した。インフラ事業者や有識者とも連携し、被害軽減や社会的混乱抑制のための具体的な対策の検討を進めるよう求めた。←引用終わり

|

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »