« 富士山が爆発すると首都機能は潰滅する! 東京一極集中の日本は危機に陥ると指摘されても「東電」と同じく先送りをくり返し・・・・・ | トップページ | 「チュウ狂コロリ」のコロナ禍により かなりの「人柱」が立ちました・・・・・ 世界は為す術なく人は斃され人柱になるばかり・・・・・ »

2020/04/02

オイケポチャコはメディアを集め、連日連夜、カタカナ語とアルファベット略語のオンパレードで、大ハシャギし実に楽しそうだ!

特措法による「緊急事態」の発令を求める声は高まり:
その先頭には、目立ちやがりの東京徒痴事タヌキオンナ「オイケポチャコ」の異様なまでのハシャギっぷりが。


政治権力を独占したい時代錯誤の目立ちたがりオンナが、ここぞ勝負の時とばかりに、ポピュリズム政治ゴロの本領を発揮し、大ハシャギし。
此処ぞとばかり、理解不能な「カタカナ語」と「アルファベット略語」のオンパレードで悦に入り。


「政治権力の発動は、より抑制が必要で慎重でなければならない」との正常な考えが日本社会の基底にあり・・・・・
「特措法」に必要な機能が備わらないのは、実に「日本社会」を忠実に反映している。


大政翼賛の大談合で成立させた特措法による「緊急事態」の中身が大切で、必要不可欠な制限もできず、権力執行すら不可能な「緊急事態」「非常事態」なら、意味がないと考えるが・・・・・
極端に振れるニッポンは、ミギからヒダリへも、エッジの切れた超保守から超革新まで、極端に振れるのがニッポンで・・・・・
例えば「原発」を見ても同じ振れで、同じ事で・・・・・
さて、平和が大切、何より人権、公より私権、真に平和(屁把)なニッポンです。


タヌキオンナの「オイケポチャコ」は、
この危機を抑えられるのは東京徒痴事だ! 自分だ!
政府は、緊急事態を発令し、東京の対処を委譲せよ!
と「カタカナ語」や「アルファベット略語」のオンパレードで、
ポピュリズム政治屋の本領を発揮し、言葉に酔い、世間の耳目を厚め、大ハシャギが目立ち、目につく、鼻につく、今こそ「冷静」に「正確な情報」を見て、肚の底意に悪意を隠すタヌキオンナの煽り感情に流されず・・・・・


メディアも一緒になり煽りはヤメロ!
80年前と同じ情感を刺激し社会的不安を煽り続けるのをヤメロ!


引用開始→ ロックダウン、実際どうなる? 安倍首相ら言及も具体性なく―海外と同様「不可能」
(時事通信2020年04月02日07時13分)

 1日当たりの判明感染者数が拡大し続ける新型コロナウイルス。安倍晋三首相や小池百合子東京都知事からは対応策として「ロックダウン(都市封鎖)」という言葉が飛び出したが、具体的にどのような措置が取られるか明らかになっていない。専門家からは「海外同様の外出禁止を行うには、仕組みも準備も足りていない」との指摘も上がっている。
安倍首相、緊急宣言「出す状況にない」 都市封鎖、強制力伴わず―参院決算委

 ロックダウンという言葉は小池知事が感染者数の拡大に危機感を募らせ、繰り返し言及している。「都市の封鎖、いわゆるロックダウンなど、強力な措置を取らざるを得ない状況が出てくる可能性がある」「ロックダウンを回避するため断固たる決意を持って進める必要がある」。3月25日には週末の外出自粛を求め、直後に買いだめのため都内のスーパーに行列ができる事態も生じた。

 安倍晋三首相も同27日の参院予算委員会で「仮にロックダウンのような事態を招けば、わが国の経済にさらに甚大な影響を及ぼす」と強調し、実施されれば市民生活に大きな打撃となることを示唆。ただ、4月1日の答弁では「さまざまな要請をさせていただくことになるかもしれないが、フランスなどで行っているものとは性格が違う」と強制力は基本的に伴わないとの認識も示した。
 内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室によると、日本では中国や欧州など諸外国と比べてできることは限られている。改正新型インフルエンザ対策特別措置法上の緊急事態宣言が出された場合、外出自粛の要請や、多数の人が利用する施設の停止を指示できるものの、罰則はない。

 東京都立大の木村草太教授(憲法学)は「専門家の意見を踏まえ、強制的な外出禁止を可能にする制度や補償の仕組みなどを整える段階に来ているが、政府にはその準備ができていないように見える」と述べた上で、「本来の意味でのロックダウンを可能にするには多額の予算も必要。首相らはまだ腹をくくっていないのではないか」と政治の姿勢に疑問を投げ掛けた。←引用終わり

|

« 富士山が爆発すると首都機能は潰滅する! 東京一極集中の日本は危機に陥ると指摘されても「東電」と同じく先送りをくり返し・・・・・ | トップページ | 「チュウ狂コロリ」のコロナ禍により かなりの「人柱」が立ちました・・・・・ 世界は為す術なく人は斃され人柱になるばかり・・・・・ »