« CV-19 こと「新型コロナ菌」世界への撒き散らしは 中国が求める都合の良い世界秩序を得るために仕掛けた 第3次世界大戦だと! | トップページ | 日本は戦略も無いまま,未だに「神国」の「精神主義」と「自己犠牲」を強いるばかりで,無知のまま疲弊し続け終わるのか »

2020/04/19

中国🇨🇳が引き起こした「コロナ菌」バラ撒き「第三次世界大戦」に負けてはならない!

コロナウィルスとの戦い、これは明らかに中国が仕掛けた「世界戦争」です。

巷間で囁かれ多くの知識人には静かに共有され、多くの人もナンとなく感じているように、中国🇨🇳が密かに都合の良く企む新たな「世界秩序の再編成」の仕掛け戦争だろうと、やはり疑いを否定できませんね。

戦争って、最初その時点では「大きな意図」は無く、当事者も気づかない小さなミスが原因で、気づいた時は大変な事態に発展し、個人の責任より「国家」の責任や意図あるいは存立そのものが問われる重大事案になり、その責めを負いたくないために「隠蔽」を工作し全ての関係「情報」を遮断し、被害者の立場を装い同情を集め、表向きは「健気」な態度をとるのだ。

しかし、裏面では密かに爪を研ぎ、企図していた野望「世界制覇」の実現へ向け、凡ゆる手を尽くすのだ。
「熱い戦争」ではなく「静かな戦争」で、既存の「世界秩序」の徹底破壊により中国🇨🇳が中心の、新たな世界秩序を形成しようとしている。

自国の中で、原因の周辺部で、生じてしまった「感染被害」を抑え込むために「限界」の線引を行い、其処までは「戦術」を駆使し損失の減少に勤め、あくまでも「被害者」としての同情を乞うのだ。
仮に死者が1万人になろうとも、130万人を超えるまで、それは13億人の1%にも満たないのであり、騒ぐ事ではないと涼しい顔だ。

それより、世界の先進各国が混乱し「秩序」を乱し、生産力を大いに喪い衰退し、中国🇨🇳を中心にする新しい「世界秩序」が形成される事が重要なのだ。

中国🇨🇳は、既に報じられているとおり、自らの責任に頰被りし、弱体な国へ「医療支援」だなどと、新たな勢力拡大に向け「侵略」を堂々と進めている。
先ず、国際社会は、この厚顔な横暴を許してはならない。

引用開始→ 国内感染1万人超す 新型コロナ、9日間で倍増 (日本経済新聞 2020年4月18日 21:21)

国内で確認された新型コロナウイルスの感染者が18日、累計で1万人を超えた。1日の新規感染が500人を上回る日が増えており、爆発的な感染拡大(オーバーシュート)を食い止められるか、なお瀬戸際にある。緊急事態宣言が全国に出される中、引き続き外出自粛などを通じて拡大を抑え込む必要がある。

累計の感染者数は18日午後9時時点で1万276人、死者は222人。東京都で同日、新たに181人の感染が判明するなど、増加ペースは高水準だ。退院した人は同日正午時点で1052人となった。
都市部を中心に感染経路が分からない人が増えており、市中感染が広がっているとみられる。クラスター(小規模な感染者集団)を追跡して感染の広がりの全容を把握するのは事実上、困難になっている。

日本で累計感染者が1千人を超えたのは3月21日、5千人を超えたのは4月9日で、そこから9日間で倍増した。1千人から1万人までは1カ月弱のペースだ。
米ジョンズ・ホプキンス大学のまとめによると、米国では3月11日に感染者が1千人を超え、同19日に1万人を突破。同27日までに10万人台に乗るなど加速度的に増えた。日本はそれに比べると増加ペースが緩いが、ウイルス検査件数が伸びず感染者を正確に把握できていないのではないかとの指摘もある。

感染拡大を受けて政府は16日、緊急事態宣言の対象を全国に拡大した。合わせて改定された政府の基本的対処方針は、感染者が急増している東京や大阪以外の地域についても「感染が拡大すれば医療が機能不全に陥る可能性が高い」と指摘し、感染拡大の理由を「3月の3連休にかけて警戒が一部緩んだため」とも分析した。

安倍晋三首相は17日の記者会見で、人と人の接触を8割減らすとの取り組みについて「目標レベルに達していない」と述べ、移動の自粛を改めて訴えた。←引用終わり

|

« CV-19 こと「新型コロナ菌」世界への撒き散らしは 中国が求める都合の良い世界秩序を得るために仕掛けた 第3次世界大戦だと! | トップページ | 日本は戦略も無いまま,未だに「神国」の「精神主義」と「自己犠牲」を強いるばかりで,無知のまま疲弊し続け終わるのか »