« 「中獄」と「中隠蔽」は、G7を中心に国際社会が拈り潰す以外にない! 存在すれば世界が不幸の道連れになるだけだ! | トップページ | 京都は北山(丹波高地)の山中に深く隠れるように在る「芹生の里」ですが »

2020/06/13

テメェ~の失業対策に都合のヨイ言葉で煽り選挙宣伝に都政をオモチャにするオイケポチャコの立候補会見のポイント纏め!

都合のヨイ不真面目なオンナだが、テメェ~の都合に合わせ、言葉巧みに煽り誤魔化す詐欺師だよ!
どうして、東京都民は目を覚まさないのか?
メディアも、どうして実際を検証し真実を衝かないのか?

前回公約に掲げ煽った詐欺政策を衝いた質問と、誠意の一欠片もない厚顔無恥な回答。
更に最大の疑惑「学歴詐称ではないのか」について、報道を簡単に纏めておきます。


引用開始→ 小池都知事、出馬会見で「不快感」露わの瞬間 「揶揄するご質問かと思いますけれど...」
(2020年06月12日 22時05分 J-CASTニュース)

東京都の小池百合子知事(67)が2020年6月12日、東京都知事選(6月18日告示、7月5日投開票)の再選を目指して立候補することを表明した。

小池氏は標語として「東京大改革2.0」を掲げたが、その前提には「1.0」の検証が不可欠だ。小池氏は16年の都知事選で、「7つの0(ゼロ)」を掲げた。そのひとつが「満員電車」だったが、その進捗について質問した記者に対して「まぁあの、揶揄(やゆ)するご質問かと思いますけれど...」などと不快感を示す一幕があった。

「7つの0」達成度聞かれても2つにしか言及せず
記者会見は約50分にわたって行われた。小池氏は今回は「出馬表明」の会見だとして、政策については改めて会見を開くと説明したものの、出馬表明と政策は不可分で、政策に関する質問も多く出た。

小池氏は16年の都知事選の選挙公報で「7つの0を目指します」とうたっており、ゼロにする対象として「待機児童」「介護離職」「残業」「都道電柱」「満員電車」「多摩格差」「ペット殺処分」を挙げていた。今回の会見の冒頭発言では、この7つのうち「待機児童」について

「4年前の当時、8466名待機児童がいらっしゃったが、今は約2000人台。四半世紀ぶりの減少になっている」
 
などとアピールした。記者から改めて

「4年前に様々な公約、『7つの0』などを掲げて(当選した)。4年を振り返って自己採点をするとすれば何点か。思ったように進められなかった政策はあるか」
と問われると、待機児童の減少について繰り返した上で、介護離職について「かなり進んできたところもある」と発言。残りの5つについては言及せず、

「何点かというのは、むしろ都民の皆様方に採点いただくものだと考えている」
とするにとどめた。

会見の終盤でも、公約の達成度を問う質問が出た。記者の質問は、

「現職なので4年間を振り返ることは非常に大事だと思うが、4年前にスギ花粉ゼロとか2階建ての山手線とか(言及していた)。コロナで若干満員電車は減ったが、実際知事になって(都政を)やってみて、『やっぱりこれ、無理だな』と思ったのか、あるいは次の4年間でスギ花粉や2階建てとか、そういうのも、まだまだ進めていくお考えなのか」
というもの。小池氏は「満員電車ゼロ」をめぐって、電車を2階建てにするアイデアを披露していた。「花粉症ゼロ」は、16年の都知事選公約の「7つの0」ではなく、17年の衆院選で自らが代表として率いた希望の党が公約として掲げた「12のゼロ」のうちのひとつだ。

「引き続き、色々なところと連携しながら進めていく」
質問を聞いた小池氏が、苦笑いしながら発した一言が「まぁあの、揶揄するご質問かと思いますけれど...」。 なお、「揶揄」とは「からかうこと。からかい」(広辞苑)の意だ。その上で、花粉症については

「スギ花粉については100年の計だとは思うが、今花粉の少ない木に、段々と入れ替えている。これも着実に進めている。4年というターム(期間)で考えるか否か、だと思うが、テーマとしてきわめて重要なもの」
などと説明。満員電車については、新型コロナウイルス対策でテレワークが普及したことを指摘しながら、

「これから法令的なテレワークの位置づけをどうしていくのか。このあたりは、これからの大きな、これはむしろ国としてテーマでもあるのではないか」
とも主張した。その上で、

「引き続き、色々なところと連携しながら進めていく」
とした。

都知事選には、元日弁連会長の宇都宮健児氏(73)、元熊本県副知事の小野泰輔氏(46)、 NHKから国民を守る党の立花孝志党首(52)らが出馬を表明している。

小池氏は政党の推薦などは受けない方針だが、自民党・二階俊博幹事長は支援の姿勢を強調、公明党も事実上の支援に回るとの見方が強い。宇都宮氏は立憲民主党、共産党、社民党から支援を受ける。小野氏は日本維新の会の推薦を受けている。れいわ新選組の山本太郎代表(45)も出馬を検討しており、山本氏の動向が野党票の行方を左右しそうだ。←引用終わり
(J-CASTニュース編集部 工藤博司)

まぁ、都合のヨイ、口から出任せを次から次へと繰り出すモノだヨ!
これを追究しない(できない)メディアって、どうなの?

引用開始→ 出馬表明の小池知事「カイロ大が認めている」と強調 (2020年06月12日 18時51分 日刊スポーツ)

東京都の小池百合子知事は12日、臨時の定例会見を開き、都知事選(18日告示、7月5日投開票)への出馬を表明した。自民、公明両党などの推薦は受けず、無所属で立候補する。

カイロ大の原本を出すのは可能かと問われると「カイロ大が認めている。原本そのものをかつて、公表している。カイロ大からも正式に認めていただいている」と強調した。←引用終わり

引用開始→ 舛添氏、カイロ大の小池知事卒業声明は「胡散臭い」 (2020年06月10日 09時45分 日刊スポーツ)

舛添要一前東京都知事(71)が、小池百合子都知事の学歴詐称疑惑についてエジプトのカイロ大が卒業を証明する声明を出したことに、「政治的で胡散臭い」と疑いの目を向けた。

舛添氏は9日、ツイッターを更新し、「カイロ大学が小池都知事が1976年に同大学を卒業したと声明。卒業証書や卒業に至る経過、成績表は公開せず」と言及。「先進国の大学なら、全ての記録を保管し公表できる。声明など出すこと自体が政治的で胡散臭い。日本からの援助を期待する外国政府まで使う。立候補前の政治工作だろう」と私見を述べ、「私はパリ大学とジュネーブ大学に籍を置いたが、大学が声明まで出してそれを追認することはない。出すなら声明ではなく当時のデータだ。データ抜きなら政治的都合で何とでも言える。エジプトという専制国家ならではの腐敗の極みだ。証拠も出さずに○○が卒業生だと声明を出す先進国の大学は絶対にない」とした。

また、10日には、小池氏の学歴について検証した記事を貼り付け、「かつて小池都知事から私が聞いたのはカイロ大学『首席卒業は、学生が一人しかいなかったから』という話だ。私は、外国人学生専用のコースかと思った(私が留学したフランスでは外国人専用の博士号コースがあった)が、『学生一人』すら嘘だったようだ。飽くなき権力欲は怖い」とつづった。←引用終わり

バカバカしい茶番ですよ!
自民党をブルドッグニカイが握っている限り、オイケポチャコは足繁く通い「政治(性事)談合」に成功し、黙らせてしまったワケだ。


引用開始→ 小池氏への決議案取り下げ、カイロ大学の声明も一因
(2020年06月10日 19時43分 日刊スポーツ)

東京都の小池百合子知事と対立する都議会自民党が、小池氏のカイロ大卒業の証明を求める決議案を9日に議会に提出しながら、10日になって取り下げる、「珍事」が起きた。

18日告示の都知事選(7月5日投開票)などを控え「総合的な判断。何かに屈したのではない」としている。大学側が卒業は事実と認めたことも影響したようだ。小池都政で4年間続いてきた両者の対立を象徴するようなドタバタ劇。小池氏は当初予定したこの日の再選出馬表明を、見送った。

   ◇   ◇   ◇

小池氏にとってこの日は、1期目では最後となる都議定例会の最終日。そんな中、小池氏の学歴問題をめぐる混乱が議会で起きた。 本会議では、小池氏に批判的な上田令子都議がカイロ大卒業の証明を求める決議案を提出したが、否決された。この決議案は前日9日、自民、共産も共同で提出していた。しかし10日になって取り下げ、上田氏単独での提出に。決議案文の調整で本会議の開会は20分遅れ、知事与党の都民ファーストの会から自民、共産への批判の声も出た。

都議会自民党は、幹部が急きょ会見。取り下げの理由について、カイロ大から9日夜、小池氏の卒業を認め、学歴詐称疑惑を否定する声明が出たことを、一因に挙げた。川松真一朗都議は「声明直後に決議を出せば、僕らはエジプトと闘うことになる。間違ったメッセージのようにとらえられかねず、冷静に判断した」と説明。鈴木章浩幹事長は「18日に知事選、都議補選が告示され、来年は都議選だ。今後を見据えて私たちが今、どういう態度を示せばいいのか総合的に判断した」「何かに屈したということではないが、さまざまな方にさまざまな意見をいただいた」と釈明した。

都知事選では、小池氏と対立する東京都連と対照的に、関係良好な自民党本部が小池氏が出馬表明すれば推薦する構え。党本部の意向があったのか問われた鈴木氏は「党本部から言われて取り下げたのではない。いろいろなご意見はあった」とだけ、述べた。

今回の問題については「ご自分ので、すっきりした形で次に進むことが、都民の疑念を払うためにも必要」と強調。「知事の足を引っ張るとか、憎いというのではない」とも訴えた。

16年都知事選以降、対立を続ける小池氏に振り上げたこぶしの落としどころをなくし、腰砕けに終わった自民側。最終日恒例のあいさつ回りで自民党に「ありがとうございました」と笑顔をみせた小池氏は「やりがいのある4年間」だったと、1期目を振り返った。←引用終わり

|

« 「中獄」と「中隠蔽」は、G7を中心に国際社会が拈り潰す以外にない! 存在すれば世界が不幸の道連れになるだけだ! | トップページ | 京都は北山(丹波高地)の山中に深く隠れるように在る「芹生の里」ですが »