« 香港は、香港人のモノだ! 中国のモノではナイ! 今は香港人を造り上げたUK(イギリス)が中国へ譲った際の原点に戻り再回収し香港を救済すべきだ! | トップページ | 国会も閉会し「支持率世論調査」が出終わった時期を見て、衆議院は秋の解散に向けて日程を考える事になるだろう »

2020/06/22

NHKによる2020年6月の内閣支持率世論調査(恒例)を眺めると、国民の失望感がよく表れているようで!

NHKによる6月の内閣支持率の世論調査結果が発表されました。
見事に、国民の意思が表れ反映されているように思います。
6月の内閣支持率などの世論調査で、産経新聞とフジテレビ(8ch)FNNは、調査を丸投げし子請け、孫請け、曾孫請けさせ、その上「調査」を一部では省略し、勝手に記入する、あるいは自らの意見を記述していた事が分かり、実に恥ずかしい仕儀となりました。

産経・フジは、朝日や毎日またNHKに対し、口を極めて批判し非難しますが、意図的あるいは悪意の下に、我田引水、が田引鉄をしていた事が暴露され、大いに信用失墜で面目をなくしました。

そのような中で、恒例のNHKによる「内閣支持率世論調査6月」の結果が発表されました。
国民の失望や意志を明らかに反映しているように見受けます。
参考に、眺めてみましょう。

安倍内閣「支持する」36% 「支持しない」49% NHK世論調査 (NHKニュース2020年6月22日 19時00分)

NHKの世論調査によりますと、安倍内閣を「支持する」と答えた人が、36%だったのに対し、「支持しない」と答えた人は49%でした。「支持しない」と答えた人の割合は、第2次安倍内閣発足以降、最も高くなりました。

NHKは、今月19日から3日間、全国の18歳以上を対象にコンピューターで無作為に発生させた固定電話と携帯電話の番号に電話をかける「RDD」という方法で世論調査を行いました。調査の対象となったのは、2202人で58%にあたる1270人から回答を得ました。
それによりますと安倍内閣を「支持する」と答えた人は、先月の調査より1ポイント下がって36%でした。

一方、「支持しない」と答えた人は、4ポイント上がって49%で、平成24年12月に第2次安倍内閣が発足して以降、最も高くなりました。
内閣を支持する理由では「他の内閣より良さそうだから」が58%、「支持する政党の内閣だから」が19%などとなりました。

逆に、支持しない理由では「人柄が信頼できないから」が44%、「政策に期待が持てないから」が27%などとなっています。
新型コロナウイルスの感染拡大で生活にどの程度不安を感じているか聞いたところ「大いに不安を感じている」が22%、「ある程度不安を感じている」が53%、「あまり不安は感じていない」が20%、「まったく不安は感じていない」が4%でした。
新型コロナウイルスをめぐる政府のこれまでの対応について「大いに評価する」が6%、「ある程度評価する」が45%、「あまり評価しない」が37%、「まったく評価しない」が10%でした。
新型コロナウイルスの感染が再び拡大することへの不安をどの程度感じているか聞いたところ「大いに感じている」が37%、「ある程度感じている」が49%、「あまり感じていない」が10%、「まったく感じていない」が2%でした。
政府は、今月19日、都道府県をまたぐ移動の自粛を全国で緩和しました。緩和のタイミングについて尋ねたところ「適切なタイミングだ」が35%、「早すぎた」が47%、「遅すぎた」が11%でした。
河井克行前法務大臣と妻の案里参議院議員が、公職選挙法違反の買収の疑いで逮捕されました。河井夫妻が、議員辞職すべきかどうか聞いたところ「辞職すべき」が83%、「辞職する必要はない」が5%でした。
政府が秋田県と山口県に配備を計画していた新型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」について、河野防衛大臣は、計画の停止を表明しました。これに対する評価を尋ねたところ「評価する」が48%、「評価しない」が29%でした。

各政党の支持率 NHK世論調査 (NHKニュース2020年6月22日 19時00分)

各党の支持率は
「自民党」が32.5%、
「立憲民主党」が5.6%、
「国民民主党」が0.6%、
「公明党」が4.3%、
「日本維新の会」が3.8%、
「共産党」が1.7%、
「社民党」が0.7%、
「れいわ新選組」が0.6%、
「NHKから国民を守る党」が0.1%、
「特に支持している政党はない」が44.2%でした。


|

« 香港は、香港人のモノだ! 中国のモノではナイ! 今は香港人を造り上げたUK(イギリス)が中国へ譲った際の原点に戻り再回収し香港を救済すべきだ! | トップページ | 国会も閉会し「支持率世論調査」が出終わった時期を見て、衆議院は秋の解散に向けて日程を考える事になるだろう »