« 大阪市民は「維新」が人寄せパンダ・橋下徹を引っ張りだし、集団ヒステリーで威迫し敗れ去った "大阪都構想" を、もう一度、明確に「否定」しよう! | トップページ | 間もなく始まる「日米」Vs「日中」 これに日本国内のミギ・ヒダリが加わり、ゴミメディアも巻き込み激しい百家争鳴が始まり決着を! »

2020/09/17

自民党の総裁選出から、第99代首相指名まで、手堅く継承できたコトは政治の安定には不可欠な通過儀礼でもあり、夜盗は寝言の批判をするが

「自由民主党」の総裁選出選挙結果:
いろいろ、批判したり、揶揄したり、投票権もないのに非難したり、
そういう中傷をメディアを中心に流し、如何にも不正を行って
いるようにイメージを操作し形成しようとしていたが・・・・・


確定したようなので、記録配信を記憶のために残しておきます。


それと「自助、共助、公助」" 絆 " の、何が悪いのか? 何処が悪いのか?
偏向偏見メディアに巣喰う、電波ゲェ~人どもと、反日テロメディアは、
対抗できなきゃ、擦り付け批判テロを投げるのか?


引用開始→ 自民新総裁に菅氏 16日首相指名―安倍政権継承、解散が焦点
(時事通信2020年09月14日21時22分)

自民党の総裁選結果

 自民党総裁選は14日、投開票が行われ、菅義偉官房長官(71)が第26代総裁に選出された。党内7派閥のうち5派や無派閥グループの支援を受け、岸田文雄政調会長(63)と石破茂元幹事長(63)を大差で破った。菅氏は16日に召集される臨時国会で第99代首相に指名され、同日中に安倍内閣を引き継ぐ新内閣を発足させる。

 東京都内のホテルで開かれた党両院議員総会で、所属国会議員(394票)と47都道府県連代表(各3票、計141票=地方票)が投票した。菅氏は377票を獲得し、得票率は7割に達した。岸田氏は89票、石破氏は68票だった。
 新総裁に選出後、菅氏は両院総会で「安倍晋三首相の取り組みを継承し、進めていかなければならない。私にはその使命がある」と訴え、「国民のために働く内閣をつくる」と強調した。
 菅氏はこの後、党本部で記者会見し、新政権の基本方針について「縦割り、既得権益、あしき前例主義を打ち破っていく」と表明。党4役人事を15日に決定し、16日の組閣に向け閣僚人事の調整も急ぐ。「菅総裁」の流れを主導した二階俊博幹事長は続投させる。
 総裁選は安倍首相の辞任表明を受けて実施された。総裁交代は約8年ぶり。任期は安倍氏の残りを引き継ぐため、来年9月末までとなる。菅氏は2012年12月に第2次安倍内閣が発足した当初から官房長官として安倍首相を支え、選挙戦で安倍政権の路線を継承する立場を明確にした。
 衆院議員の任期満了が来年10月21日に迫る中、菅氏がいつ衆院解散・総選挙に踏み切るかが焦点となる。菅氏は会見で新型コロナウイルスの感染状況を重視する考えを示し、「コロナ問題が下火になってきたということでなければ、なかなか難しいのではないか」と指摘。「コロナ収束と、経済を立て直すことが大事だ。全体を見ながら判断する」と述べた。←引用終わり

管義偉 新内閣の骨格は、
党人事も、閣僚の構成も、順当に手堅く収めたように受け止め。


その前に、
安倍晋三内閣(2822日/通算3188日)へ「ありがとう! ごくろうさま」と感謝と尊敬を!


と、いう事で、
党は二階、国会は森山、副総理は麻生、河野太郎には厄介な部門を担わせ修行を積ませ、茂木?充、小泉進次郎は再任で政策の継続と看板を確保し、何よりも梶山弘志も再任し亡き恩師に意を示す。
法務省の建て直しに、上川暘子を再任し据え、萩生田と西村は再任で競わせ、加藤を官房長官に据える手堅い安定を。
安倍晋三へは弟の岸信夫を防衛大臣に据える事で敬意を表す。


総裁選を競い合った岸田と石破は野に放ち飼い殺し反応を観る。
同時に、鋭い目付を野に置く事で見張りを忘れず。
ワンポイントリリーフながら、良く考え抜いた党と政府を組織したと・・・・・


国会での指名を受け、皇居での認証を得た上で、夜半には初閣議を経て正式に発足する。


引用開始→ 消去法の加藤氏起用 論功行賞、派閥均衡の党人事―菅自民総裁
(時事通信2020年09月16日07時11分)

 新内閣の閣僚人事で焦点となった官房長官ポストに厚生労働相の加藤勝信氏が内定した。選定の過程では複数候補が取り沙汰されたが、いずれも決め手に欠けるなど、最後は消去法で決まったとの見方が強い。一方、自民党役員人事は総裁選で菅義偉総裁を支持した5派閥のベテランを均等に配置する論功行賞の色がにじんだ。
官房長官に加藤勝信氏 麻生副総理・茂木外相・梶山経産再任―菅内閣、16日発足

 「私で良ければやらせていただきます」。加藤氏は15日夜、東京都内のホテルで菅氏から官房長官就任を打診され、こう応じた。会談後、加藤氏は記者団に「菅長官と同じようなことはできないと思ったが、できる限り努力をしたい」と語った。
 官房長官人事をめぐっては加藤氏のほか、個人的なつながりの強い森山裕国対委員長、菅氏が師事した故梶山静六元官房長官の長男、梶山弘志経済産業相や、安倍晋三首相の側近で細田派の萩生田光一文部科学相らの名が挙がっていた。
 全体の人事では安定した国会運営に定評のある森山氏の国対委員長再任が早々に固まった。梶山氏に関しては官邸での経験がなく、調整力を不安視する向きもあり、官房長官就任の線が消えたとされる。
 菅氏は官邸の事情に精通する官房副長官経験者の萩生田氏や加藤氏を軸に検討。ただ、細田派が萩生田氏の起用を求めていたため、「受け入れれば派閥人事と言われる」(竹下派中堅)との指摘もあり、萩生田氏も候補から外れた。
 無派閥グループで菅氏側近として知られた河井克行前法相と菅原一秀前経済産業相は、いずれも「政治とカネ」の問題を引きずり、表舞台に姿を見せていない。結局、菅氏は官房副長官として自らに仕え、そつのない仕事ぶりに定評がある加藤氏に白羽の矢を立てた。
 加藤氏は竹下派に所属しているものの派閥のイメージが薄い。菅氏にとって「派閥にとらわれない人事」との印象を打ち出すのに好都合という事情ものぞく。
 一方、党幹部ポストは派閥に配慮。幹事長は二階派、総務会長は麻生派、政調会長は細田派、選対委員長は竹下派、国対委員長は石原派と見事に総裁選の菅氏陣営5派閥から均等に配置した。無派閥で党内基盤の弱い菅氏としては派閥の意向を無視できない。
 ただ、こうした見方は政権のイメージダウンにつながりかねず、党内には警戒する空気も漂う。二階俊博幹事長は新執行部発足後初の記者会見で語気を強めてこう反論してみせた。「われわれは菅氏を一生懸命支持したが論功行賞は全く期待していない。それは自民党に対する偏見だ」。←引用終わり

官邸を簒奪した、
今井補佐官が退任するのは当前でろう!
和泉補佐官が再任されたのは腑に落ちないナ!


引用開始→ 政権運営全般に影響力「官邸官僚」3氏そろって退任…「懐刀」は再任
(讀賣新聞2020/09/17 07:06)

 菅内閣の発足に伴い、安倍前首相の側近で「官邸官僚」とも呼ばれた経済産業省出身の今井尚哉首相補佐官兼首相秘書官、佐伯耕三首相秘書官、長谷川栄一内閣広報官がそろって退任した。

 3氏は、新型コロナウイルス対策や、外交を含む政権運営全般に影響力があったとされる。

 事務方トップの杉田和博官房副長官と、国土交通省出身で菅首相の「懐刀」とされる和泉洋人首相補佐官は再任された。外交・安全保障政策の継続性の観点から、北村滋国家安全保障局長も続投となった。

 内閣広報官には、総務省出身で安倍首相秘書官を務めたことのある山田真貴子氏を起用した。

 一方、安倍内閣で5人だった事務の首相秘書官は6人に増やし、新たに厚生労働省から起用した。新型コロナ対策などにあたらせる狙いがある。←引用終わり

|

« 大阪市民は「維新」が人寄せパンダ・橋下徹を引っ張りだし、集団ヒステリーで威迫し敗れ去った "大阪都構想" を、もう一度、明確に「否定」しよう! | トップページ | 間もなく始まる「日米」Vs「日中」 これに日本国内のミギ・ヒダリが加わり、ゴミメディアも巻き込み激しい百家争鳴が始まり決着を! »