« TikTokはチクットクと言われてもオラオラと、ウォルぞ! オラクルぞ! ウォル待とうと・・・ | トップページ | 2020年「秋の四連休」は、どれだけ「自粛強制」への不満のガスが溜まっていたかを象徴する「底抜け」の行動に出た・・・・・ »

2020/09/21

秋天にも恵まれ半年を過ぎて、ようやくマチにヒトに活気が戻り笑顔が溢れ戻りかけ・・・・・!

マチにはヒトと車が、道路とICには車列が溢れ待ち、澄み切った空気の下を笑みのある顔が連なり・・・・・


これまでの自粛強制の空気による抑圧、その不満を吹き飛ばそうと!
ヒトは皆さん自然だ・・・・・


18日も、医師の知人と議論になった。
”2月以降、意図的に煽られたヒステリーに対し、日本は抗う意志も知見もなく、ただただタヌキババァが売名目的で撒き散らしたヒステリーに無批判な同調を重ね、それを政権打倒の絶好の機会にしようとした、パヨク電波ゲェ~ニンを参戦させ、汚バカなメディアは集団ヒステリーの形成に躍起になった。”
3月4月と攻防戦は続いたが、結局、ヒステリーには勝てず、
意味なく「自粛」の嵐が吹き荒れた。
民心の安定を目標に、政府が「自粛を強要」する事になった。
この評価を巡り、知人の医師は
「仕方がナイ! その措置を執らなければ、感染は底無しに拡大したであろう」と述べた。


「未知なるゆえに、受け入れざるを得ずだったが、日本の科学的知見に対する弱体さが浮き彫りになり、日本人の感情優先思考が明確になった。それにより滅びの端緒を見せたのは辛い事だった」と返しておいた。


ヒトの心が大切なので、
ヒトの心は、その時の風に揺らめくのだ!
風に流され、科学的に論証しない(できない)民族や国は弱体だ。
今後。コロナウィルスとの共存する過程で、必要な研究と解明また、この度の一連の総括を求めたい。


大凡、行政府と民間の損失は「50兆円」が単純に見込まれているが、更に増えるだろう!
タヌキババァの東京都も財源が枯渇し始め、ようやく事の重大さに気付いたのか、オモテ向きの反対はしなくなったが、抑え込みは自らの判断が功を奏したと言い始めたのだから,往生際が悪いのはタヌキババァの常なる事だ。
パヨクと同じ種類の論法での言い逃れを許してはならぬ!

|

« TikTokはチクットクと言われてもオラオラと、ウォルぞ! オラクルぞ! ウォル待とうと・・・ | トップページ | 2020年「秋の四連休」は、どれだけ「自粛強制」への不満のガスが溜まっていたかを象徴する「底抜け」の行動に出た・・・・・ »