« 「香港」は中国に支配されているので「三権分立」などは、あり得ないと香港行政長官の「娥」が公言し「民主主義」を否定する | トップページ | 自民党総裁選挙をツボを押さえ、真面目に皮肉を交えた「事前の寸評」を記しておきましょうか!? »

2020/09/03

安倍後継の自民党総裁選挙を眺め、芽のない「石破 茂」の寝言を考え、寝技を繰り出す「二階俊博」を観ながら醜い塵の踏み潰しを思う!

基本的には、
自民党が与党である政権として「安倍政権の取組みを継続する」との合意形成を入念に重ねてきた経緯があり、その目標としての残り1年程を維持する大目標がある。
そして、この度の緊急避難措置(党の規約に基づいた)の1年後に総裁の残余任期終了と共に、本来予定されていた「総裁選挙」があるのだから、そこで党員・党友を含めた総裁選挙を堂々と展開すればよい。


従って、政策を聞かずに「支持」を決めるのはオカシイとの指摘こそ、
オツラも、思考も潰れた石破 茂ならではと、改めて「大笑い開眼」だワ!
分かるかナ! 自民党は政府を担ってきたのだ!
その政策の要点は「アベノミクス」の推進だ。現在も途上にある!
それを自民党の有力な党員として「知らない」とは言わせない。
だから「政策も聞かずに『支持』を決めるのか?」という、寝言の批判(愚痴)はオツラと一緒で実に醜いワ!


なぜ、大半(2/3)の国会議員が、一致結束し「管」支持に回ったかと言えば、日本を捨てないという精神の発露だ!
オマィのように、ブツブツ、グラグラ、何処にでも転ぶような、また後ろから平気で鉄砲を放つような裏切りはしないのだ。
痴呆創生だと言い「カネを撒いた」だけのオマィは、成果のない点を衝かれ取り上げられ、未練たらしくグジュグジュするヤカラは踏み潰されてしまえ!


引用開始→ 石破氏、菅氏陣営に反発「政策も思いも聞かずに支持はどうなのか」
(産経新聞2020.9.2 14:40)

 安倍晋三首相の後継を選ぶ自民党総裁選に出馬を表明した石破茂元幹事長は2日昼のTBS番組で、選挙情勢について「菅義偉官房長官が本命だといわれているが、まだ菅氏は政策も表明していない。党のあり方について思いも表明していない。聞いてもいないが、支持するのはどうなのか」と述べた。

 菅氏は同日夕方に立候補を表明する見通し。菅氏は党内7派閥のうち5派閥の支持を確実にしている。←引用終わり

引用開始→ 岸田氏、石破氏との“共闘”はやんわり否定 河井被告の問題「深刻な状況」 (産経新聞2020.9.2 17:14)

 安倍晋三首相の後継を決める自民党総裁選に出馬する岸田文雄政調会長は2日午後、読売テレビ番組に出演し、党内の主流派閥の支援を受けた菅義偉(すが・よしひで)官房長官の圧倒的な優位が伝えられる中での石破茂元幹事長との“共闘”の可能性について「自分がどうなのか、どう戦うのかを世の中に示すのが大事だ。まずはそれに専念したい」と述べるにとどめた。

 昨夏の参院選広島選挙区で初当選した参院議員、河井案里被告=公選法違反の罪で起訴=の陣営に党本部から1億5000万円が提供されていたことに関しては「政治資金の問題だけではなく、選挙違反が問われた深刻な状況だ」と指摘した。河井氏は菅氏の全面的な支援を受けた経緯がある。←引用終わり

とはいえ、
暗に、河井案里の選挙違反を例に上げ、管義偉と二階俊博による党の基本原則を蹂躙した点に疑問を提起している。
また、日中議連、日韓議連、これを握り差配する二階俊博を如何に外し、その寝技的裏切りやら発言力を削ぐかという事が、自民党には避け得ない焦点になってくる。


引用開始→ 二階派幹部「主導権争いという余計な臆測呼ぶ」 菅氏支持各派、早くも綱引き
(産経新聞2020.9.2 22:58)

 自民党総裁選は2日、「大本命」の官房長官の菅義偉が出馬を正式に表明した。表明前から全7派閥のうち5派閥の支持を取り付け、雌雄がほぼ決する中、周辺では「菅政権」誕生をにらんだ綱引きが始まった。(田中一世)

菅氏「雪深い秋田に生まれ…」

 午後5時、東京・永田町で菅の記者会見が始まった。前日に派閥事務所で出馬表明した政調会長の岸田文雄、元幹事長の石破茂と異なり、派閥に属さない菅が会場に選んだのは衆院第2議員会館の会議室だった。

 数十台のカメラのレンズが向く中、マイクの前に立った菅は緊張しているようにも見えた。話し始めると、官房長官として毎日こなしている定例記者会見のように無表情だったが、言葉にはやや力がこもっていた。意外な展開となったのは開始から3分。

 「私の原点について少しだけお話をさせていただきたい。雪深い秋田の農家の長男に生まれ…」 

 首相の安倍晋三を支える黒子役だった菅が自身の生い立ちを詳しく語り始めた。

 終盤には東京新聞記者が、首相就任後の記者会見で十分に時間を確保するかという趣旨の質問を62秒間にわたり続けると、こう切り返した。

 「早く結論を質問すれば、それだけ時間が浮くわけであります」

 菅は安倍路線を継承する考えを強調した。着用していたブルーのネクタイは、安倍が8月28日に辞任表明した際のものと色も柄もそっくりだった。

麻生派幹部「声がけなかった」

 菅の周辺では午前から思惑が交錯した。

 菅は午前9時41分、東京・永田町の官邸に出邸。50分足らずの10時27分、議員会館の事務所に移った。


 数分後、河村建夫ら第4派閥の二階派(志帥会)の幹部が菅の事務所に入り、総裁選出馬の要請書を手渡した。続いて第7派閥の石原派(近未来政治研究会)幹部も出馬要請に訪れた。

 安倍の辞任表明後、菅擁立の潮流をいち早く作ったのも二階派領袖で幹事長の二階俊博と、石原派所属の国対委員長、森山裕だった。

 両派の先駆けた動きに対し、所属議員数で上位の3派閥からは「二階派も石原派も表明するときにこっちに声をかけてくれればよかったのに、しなかった」と異論が出た。

「二階派外し」?

 夕方の菅の出馬会見が最終盤に差し掛かった午後5時40分。隣の衆院第1議員会館の会議室で上位3派閥の会長が共同記者会見を開いた。

 細田派(清和政策研究会)の細田博之、竹下派(平成研究会)の竹下亘、麻生派(志公会)の麻生太郎-。平均年齢76歳、平均国会議員歴30年の重鎮3氏が横並びに座り、「田舎者丸出しの菅という男が持つ波を日本の政界に吹き込んでいただきたい」(竹下)などと、そろって菅支持を表明した。

 すると、今度は「二階派外しだよね」(菅に近い無派閥議員)という声が漏れた。二階派の河村は記者団に不満を述べた。

 「『一緒にやるべきではないか。主導権争いをやっているのではないかと余計な臆測を呼んでもおかしいですよ』と麻生さんに申し上げた」

 その麻生は3派閥共同記者会見で、淡々とこう説明した。

「(二階、石原両派は)すでに支持を表明している。ここは表明していない。バラバラに(記者会見を)やってバラバラに集められたら皆さんも迷惑でしょ?」

 菅周辺の慌ただしさが増す中、岸田は午前中から参院議員会館の党所属議員の事務所を回り、頭を下げて支持を依頼し続けた。

 石破は昼過ぎ、TBS「ひるおび!」に出演。平成20年の総裁選で「そんなに親しくなかった」(石破)という麻生と元官房長官の与謝野馨と争い、麻生が与謝野を立派な人だと思うに至ったとの話を紹介し、こう語った。

 「戦ってみて仲良くなることはある。一緒に戦わないと分からないことはある」(敬称略)←引用終わり

|

« 「香港」は中国に支配されているので「三権分立」などは、あり得ないと香港行政長官の「娥」が公言し「民主主義」を否定する | トップページ | 自民党総裁選挙をツボを押さえ、真面目に皮肉を交えた「事前の寸評」を記しておきましょうか!? »