« 「消費税」を議論するのは結構だが、代替税源は? その「経済政策」は "産業政策・金融政策・雇用政策・所得政策" を示せ! 財政支出抑制を実行せよ! | トップページ | 日本の「コロナ禍」は年末には克服でき終了するのではないかと、京都大学大学院の上久保晴彦先生が研究分析経過を発表し! »

2020/09/12

甘いカシコがカシコアタマで考えた、銀行口座からドコモ口座への「不正支出」は止まらず! ドロボォ~はドコにでもいるゾ

まぁ、ワケの分からん話です!
「d払い」も「d Point」も基本的には警戒対象なので、
「ドコモ口座」による「支払い」また「送金」は、便利そうで危なそう、と警戒しながら見守っています。
随分(2ヵ月程)前に、ドコモの海外送金は手数料1000円で安全に完了できる。
この関連の件を、モバイルSuicaに触れた後、紹介し褒めた事があります。
実際に、技能実習生が母国の両親や家族へ送金する際に利用してみて、即時性、手数料の低額さ、利便性、安全性を確認した上での事です。


しかしながら、世の中には「ドロボォ~」が至る処へ姿を現し、他人様のオイシイ事やカネを盗み出すのは世の常です。
精巧な鍵をかけ安心していると、ゴッソリ盗まれたとの事を耳にするのは枚挙に暇がありません。
「ドロボォ~」と「鍵屋」はイタチごっこで技を磨いているかと!
盗み出された被害者の皆様には、本当に腹立たしく、お気の毒にと、同情を申し上げます。


まだまだ、個人レベルを相手に高度化したと吹く「電子決済」は、殆どと云うか全く信用していません。
それは「鍵屋とドロボォ~の関係性」から " 盗み出すだろう " に、重点を置くためです。


ニポンの悪徳政治屋は、悪知恵を駆使し「国家のカネ」を、大義名分を付け、巧妙に盗み出しますのでね。
全く「信用」ナランのです!
特に、醜いヅラで「離合集散」を繰り返し、その都度「カネ」を盗もうとする「汚騒逸漏」なんぞを退治も成敗もしないのですから・・・・・
「d 払い」の「d 口座」は、ここまでの事情説明と謝罪を形だけでも行っていますが、汚騒逸漏なんぞが、事情説明や謝罪した姿を目にした事はアリマセン。
(アッ、話が逸れましたDeathネ)


引用開始→ ドコモ口座被害1800万円に 副社長「本人確認が不十分」
(日本経済新聞2020/9/10 12:50 / 18:34更新)

全国の地方銀行などでNTTドコモの電子決済サービス「ドコモ口座」を使った預金の不正な引き出しが見つかった問題で、ドコモの丸山誠治副社長が10日、東京都内の同社本社で記者会見し、被害の状況や補償などについて説明した。

ドコモの丸山副社長は冒頭、「不正利用の被害者、ご心配をおかけした多数の方におわびする。ドコモ口座の作成で本人確認が不十分だったのが原因だと考えている」と述べ、謝罪した。ドコモが把握している被害総額は10日正午時点で66件、約1800万円という。

――不正の原因となった「dアカウント」はドコモの利用者でない人でもメールアドレスの登録で作成できた。なぜこのような仕組みにしたのか。dアカウントのサービス拡大を優先したのか。

簡易的な手段、不十分だった
丸山氏「dアカウントを持つ人であれば、回線を持たなくてもすべての顧客に開放するという戦略で事業を進めていた。いまから考えると、このような簡易的な手段は不十分だったと反省している。当時の経緯としては、多くの人に便利に使ってもらうという趣旨だった」

――りそな銀行の口座を通じて不正利用が発覚した。なぜこの段階で対策が取れなかったのか。

丸山氏「2017年から銀行口座の振替サービスをやっていた。銀行の口座と当社のドコモ口座の名義は一致していなくても構わないという条件で、かなり緩い形で運用を始めていた。いくつかの事例が発生し、セキュリティー上の問題があった。今回の件はこれとは別の問題だと認識している」

――被害のあった地方銀行は「Web口振受付サービス」を使っていた。オンラインバンキングよりもセキュリティーのレベルが低い。これをスマホ決済のように金融サービスにつなげたのが問題だったのではないか。

丸山氏「各銀行がそれぞれの事情に応じて判断する。当社のコメントは控えたい」

――1つのパスワードに大量のIDを試す「リバースブルートフォース攻撃」が原因だったのか。

ドコモの前田義晃・常務執行役員「そこは把握していない。各銀行の対策については、それぞれの銀行で実施していると認識している」

――金融機関に問題はなかったという認識か。

丸山氏「金融機関のセキュリティーとドコモのセキュリティーとして、利用者からみるとトータルで考えないといけない。今回はドコモの本人確認が十分でなかったことが一因だった。これからキャッシュレスが日本で使われ、多くの人に使われるには全体のセキュリティーをあげながら誰でも使いやすい仕組みが必要になる」

――今回の補償については。

前田氏「銀行と協議し、積極的に被害者への補償を行っていく」

被害は11行
――1800万円の被害の共通点はあるのか。被害のあった銀行は10行程度か。

前田氏「今後、被害が増える可能性がないとは言えない。被害の実態については、銀行からの被害の情報に基づいて確認している。被害が出た銀行は11行あった。共通点は銀行からの情報がないとわからない。今後、銀行と協議していく」

――金融庁への報告は。

ドコモの田原務・ウォレットビジネス部長「法令に基づいて報告するように指示があった。今回の事実関係、顧客対応、再発防止策を求められている。真摯に対応していく。具体的には9日に金融庁から指示があった。報告期限は17日まで」

――35の銀行について新規登録を停止した。いつ再開するのか。

丸山氏「本人確認などは1カ月後くらいに対策していく。その後に早急に再開していく」

セキュリティーも不十分
――ドコモ口座のセキュリティーのチェックや評価はどうだったのか。チェックを強化するのか。

丸山氏「dアカウントのセキュリティーは注力してきた。2段階認証などに力を入れてきたが、すでに口座に入っている人が対象だった。悪意を持って使う人をどう排除するかのセキュリティーは不十分だった」

――現在もメールアドレスだけでドコモ口座を作れるのか。今後の不正利用につながることはないのか。

田原氏「今もメールアドレスだけでドコモ口座を開設できるが、入金することはできない。プリペイドとしてコンビニ店舗で入金する機能のみ提供している」

被害拡大の可能性「わからない」
――約1800万円の被害が起きた時期は。

前田氏「8月以降だった」

――被害が拡大する可能性はあるのか。

丸山氏「正直わからないが、桁が変わるほど大きく増えることは想定していない」

――銀行との連携拡大への影響は。

前田氏「今回の問題で口座登録をストップしている。事業には一定の影響がある。サービスをたくさんの人に使ってもらうため、銀行と連携を増やしていくことには変わりない。銀行と協議して十分な対策を取ったうえで再開していく」

経営責任「まずは全貌解明」
――経営責任については。

丸山氏「まずは金融庁、捜査当局と全貌を解明するのが責任だ」

――ドコモ口座の存在を知らない人も被害を受けた。被害にあっていないかを確認するにはどうすればいいのか。

丸山氏「本人が持っている通帳などで取引履歴や残高を確認してもらうしかない。暗証番号など自分の銀行口座にアクセスするための情報を他に漏らさないことが一番重要とみている。そこを注意してもらえれば特に問題はないのでは」

被害60万円の人も
――1人当たりの被害額の幅はどれくらいか。

田原氏「ドコモ口座の入金金額は1カ月当たり30万円の上限がある。8月下旬から9月にかけて被害にあった人がおり、60万円に達する人もいる」←引用終わり

いわゆる「カシコ」は、究極の「悪」に対抗できるか?
ドロボォ~は、何処にでもいる!
ドロボォ~は何処からでも隙あらば現れ、他人の財を盗み出し掠め獲る。
「セブンペイ」を思い出しましたネ。


引用開始→ あなたの預金が危ない! 「ドコモ口座」不正な預金引き出しで波紋 専門家「『逆総当たり攻撃』ではないか」
(夕刊フジ2020.9.11)

 NTTドコモの電子マネー決済サービス「ドコモ口座」を利用して、不正な預金引き出しが行われた問題が波紋を広げている。いつ銀行の口座番号や暗証番号が盗まれ、虎の子の預金が被害に遭ってもおかしくない。専門家は「チェックが甘いサービスで類似のトラブルが発生する可能性はある」と指摘する。

 ドコモによると、10日正午現在で被害件数が計66件、被害総額は計約1800万円。同社は被害額を全額補償する方向で銀行と協議する。

 銀行口座の情報が流出した背景は不明だが、メールなどで偽サイトのURLを送りつけて開かせ、個人情報を入力させて盗み取る手口のほか、「『逆総当たり攻撃』を仕掛けられた恐れもある」と指摘するのは、ネットサービスの社会問題に詳しいインターネットプラス研究所の澤田翔所長だ。

 「特定の口座番号に手あたり次第暗証番号を入れる『総当たり攻撃』は複数回の誤入力で口座がロックされる。逆に特定の暗証番号に複数の口座番号を当てる手法を使ったのではないか」と説明する。

 預金者ができる自衛策はないのか。澤田氏は「4ケタの暗証番号を生年月日などの日付にしないことが重要だ。また、通帳や口座アプリから定期的に残高をチェックしたり、被害に遭った際スムーズに連絡を受けられるよう金融機関には最新の個人情報を伝えておく必要がある」とアドバイスする。

 今回の問題はあらゆる金融機関や決済サービスなどに教訓を投げかけた。「全ての銀行やサービス運営会社に『金融事故は発生する』という前提意識が芽生えなければ、被害者との連絡や被害額の補償が後手に回るリスクもある」と澤田氏は警告した。←引用終わり

油断も隙もアリャしない!

ドコモや銀行は、いわゆる「カシコ」というか真面目なヒトを集め、真面目なヒトが軸になっている融通の利かない会社ですが、いつも感じる事ながら、チョイと間抜けなトコロがあるように見受けます。

しかしながら、世の中の「悪」が、どう考えるかなんて苦手なのだろうが、この種の事が起きる度に「カシコ」が考えた「アホ~」を装ってみても・・・・・だ!

|

« 「消費税」を議論するのは結構だが、代替税源は? その「経済政策」は "産業政策・金融政策・雇用政策・所得政策" を示せ! 財政支出抑制を実行せよ! | トップページ | 日本の「コロナ禍」は年末には克服でき終了するのではないかと、京都大学大学院の上久保晴彦先生が研究分析経過を発表し! »